2016年05月15日

今日のEテレ/クラシック音楽館



 今日のEテレ/クラシック音楽館/N響定期公演はカティア・ブニアティシヴィリのピアノでシューマンのピアノ協奏曲。この曲の第一楽章を聞くとやはりウルトラセブンファンの血が騒ぎます。若きピアニスト・ブニアティシヴィリのダイナミックかつパフォーマンスたっぷりの演奏も素晴らしい。

posted by KAZU at 22:28| Comment(0) | TrackBack(0) | Journal

「秒速5センチメートル」(2)

★第2話「コスモナウト」(22分)



 種子島が舞台。高校3年生の貴樹と彼に転校して来たその日から熱い想いを寄せる澄田花苗の日常を描く。花苗はサーフィンで波の上に立てなくスランプに陥っていたが、卒業間近なある日、とうとう立つことができた。花苗は貴樹に告白する決心をするのだが。。。周りも二人は良い仲だと思っているほどに近い存在であるのに、貴樹は自分など見ていなかったのだと気づき、想いを伝えることはできなかった。

★第3話「秒速5センチメートル」(15分)



 貴樹の必死に生きる、いやもがく姿を描く。3年間つき合った女性から「1000回メールしても、心は1センチくらいしか近づけなかった」と言われ、自分が彼女を見ていないことを突きつけられる。貴樹の心はいつまでたっても雪の日の明里とのキスの思い出に閉じ込められていたのか、第1作「ほしのこえ」のノボルくんと同じ。対して、明里は結婚を決める。そして貴樹に報告のメールを打つのだった。男は大概そうですね、女性の方が現実的です。淡い恋のふたつの物語に対し第3話目で現実をつきつけます。


posted by KAZU at 09:43| Comment(2) | TrackBack(0) | アニメーション