2016年03月21日

「鵜川薫 in ULTRA SEVEN (サトミへのエチュード)」



 先日「ウルトラ警備隊西へ」を調べていた時に、最強のロボット・キングジョーのエピソードもいろいろ出てきました。このキングジョーはTVシリーズで神戸沖に沈み、何と平成ウルトラセブンで平和利用のためにサルベージされ組み立て直されるのですが…。平成ウルトラセブンを調べる時にはこの本がが役立ちます。
 この書籍は1999年の発行で鵜川薫嬢 (ウルトラ警備隊サトミ隊員) の撮影エピソードと写真を交えつつ、「ウルトラセブン」の2作のTV特番と98年「ウルトラセブン」3部作、「ウルトラセブン〜1999最終章」6部作のOVA作品を紹介するもの。表紙は鵜川薫嬢の写真で、冒頭10ページは同じく彼女の写真で埋められていますが、本編の大半は平成「ウルトラセブン」の解説書です。発行後すぐに購入して数少ない平成ウルトラセブンの資料として手元に置いてます。サトミ隊員が目的ではなくって(笑)。
 この後「EVOLUTION 5部作」が作られて、セブンのファンとしては、モロボシ・ダンは登場せず、地球防衛軍は崩壊し、ウルトラ警備隊は解散、サトミ隊員は死亡するというとてつもないストーリー展開に驚くことになります。この展開でもウルトラセブンに強烈な魅力を感じたのは新規に加わったキサラギ・ユキ隊員が大好きな勝村美香さんだったということが大きいですけど。残念ながらこの「EVOLUTION 5部作」に詳細な解説書がないんですよね。

posted by KAZU at 14:53| Comment(0) | TrackBack(0) | ウルトラセブン

2016年03月18日

バルトーク「アレグロ・バルバロ」



 「のだめカンタービレ」Lesson 9 で千秋、のだめ、峰、真澄の4人がニナ・ルッツ音楽祭に参加した様子が描かれる。各楽器に分かれてのレッスン、ピアノの先生はニナ・ルッツ。のだめは課題曲であるバルトークの「アレグロ・バルバロ」を全く練習して行かず、自分の順番が来た時、楽譜を見てパニック状態に陥る。レッスン中は千秋のことばかりを考えていたため、先の二人が弾いていたのを聞いていなかったため、聞いただけで弾けるという特技を発揮することもなく、ニナ・ルッツから「出ていけ」と追い出されてしまう。その後のレッスンは一度も受ける事はなかった。やっと昼休みに千秋に会えたものの、冷たくあしらわれてしまうが、そこから立ち直って昼夜ピアノなしで練習し、音楽祭が終わった後の練習室で完成した曲を一人弾いて立ち去る。演奏を聞いたニナ・ルッツが「こんなバルトークを弾いた学生はいなかった」「誰なの」と練習室に駆け込むが、既に演奏者は姿を消していた。ニナ・ルッツがこの演奏者の正体を知るのはずーっと後、「フィナーレ」の最終回、自宅に押しかけた千秋とのだめの演奏を聞いた時になる。
 さて、このバルトークの「アレグロ・バルバロ」、本編では本の一部しか聞く事が出来ず、やっと通して聞きました。3分足らずの短い曲。音が飛んだり跳ねたり、休憩したりとかなりせわしない曲ですが(笑)。

posted by KAZU at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション

2016年03月16日

キース・エマーソン



 昨日、ネットのニュースでキース・エマーソンの訃報を知りました。何と自殺だそうで記事を読むと腕の病気から演奏に不安があったそうで、何とも言葉がありません。ご冥福をお祈りいたします。
 海外のアーチストには疎い僕ですが、その僕がキース・エマーソンというと思い出すのは角川映画「幻魔大戦」(1983年)。彼はこの音楽を担当しており、主題歌「 光の天使 / Children of the Light 」のレコードジャケットには“歌 ローズマリー・バトラー、作曲・演奏 にキース・エマーソン”の文字があります。この主題歌でキース・エマーソンがシンセサイザーを演奏しており、独特の雰囲気を醸し出していますが、B面に収録された「地球を護る者」はこの作品のイメージテーマともいうべき曲で、テレビのCMや予告編でも流れ、本編でも使用された映画を見た者ならば忘れられない名曲です。
 当時は初めて聞く名のアーチストで全く知らなかったわけですが、この映画のサウンドトラックは買いました。たぶんここ30年針を落としていませんが、この機会に聞いてみましょうか。
posted by KAZU at 19:56| Comment(2) | TrackBack(0) | Journal

2016年03月13日

シューマンピアノ協奏曲イ短調



 クラシックを聞かない人でも、この曲のタイトルを知らない人でも、「ウルトラセブン」のファンならば知っているこの曲。最終回「史上最大の侵略・後編」でダンがアンヌに正体を告白した場面。第一楽章の頭からこの曲が鳴り響きます。この部分は一番印象が強いのですが、そのあともゴース星人の基地に向かって爆薬を積んだ無人のマグマライザーが発進、爆走するシーン、そしてパンドンとの最後の対決の場面へと続きます。
 今はアニメでもクラシックをBGMに使用する作品は多いですが、1968年当時ではドラマであってもかなり稀なことであったと思います。実際に使われたのはディヌ・リパッティのピアノでカラヤンがフィルハーモニア管弦楽団を振った音源だったそうです (1948年)。今日はルドルフ・ゼルキンのピアノ、ユージン・オーマンディの指揮でフィラデルフィア管弦楽団 (1961年) で聞きました。

posted by KAZU at 18:23| Comment(0) | TrackBack(0) | ウルトラセブン

2016年03月10日

ドロシー・アンダーソン



 一話完結型の「ウルトラセブン」で2話連続になっている第14・15話「U(ウルトラ)警備隊西へ」に登場するワシントン基地の頭脳と言われる女性科学者。子供の頃見た時には違和感がなかったですが、若過ぎますね。きっと天才に違いない。
 撮影当時、留学生だった若きリンダ・ハーディスティさんが演じたということですが、先日アンヌ隊員役のひし美ゆり子さんがtwitterで当時の写真を上げておられて、懐かしく思った次第。



 ワシントン基地の依頼でドロシー・アンダーソンを護衛していた秘密諜報員のマービン・ウェップを含めて二人の外国人が登場していますが、声は声優さんが吹き替えています。マービン・ウェップは山田康雄さんが演じていることは有名。これも「ルパン3世」以前の話なので当時は吹き替えというのは分かりましたが全然知りませんでした。


posted by KAZU at 21:46| Comment(0) | TrackBack(0) | ウルトラセブン

2016年03月07日

Buono! ふたたび



 先日、ちょっとしたきっかけがあってBuono!の楽曲を久しぶりに聞いています。ハロプロのユニットとしてはやや異色。もともと「しゅごキャラ!」の主題歌を提供するユニットとして誕生した経緯もあって、アニメが終了した時点 (2010年) で解散かと思いきや、その後も活動を続け2013年以降は目立った活動はないものの解散には至らず、何と今年はライブをやるんだとか。
 Berryz工房の嗣永桃子と夏焼雅、℃-uteの鈴木愛理と各ユニットのセンタークラスの三人で楽曲はいずれもアイドルロックで元気の出る歌ばかりです。それ故に朝気合を入れたい日に聞くとテンションが上がるのでよく聞きます。特に「しゅごキャラ!」の主題歌として「kiss!kiss!kiss!」のカップリング「みんなだいすき」は非常に完成度の高い単にイメージ曲ではなくてストーリーにもなじんだ、オープニング映像を含めて最高の曲だと思っています。
 結成当時は14、5歳だったので、あれから9年。一番若い鈴木愛理ちゃんを見ても随分大人っぽくなりました。またアニメ主題歌も歌ってほしいな。
posted by KAZU at 23:42| Comment(2) | TrackBack(0) | Journal