2015年10月17日

ディックとボウ

 昨日、熊倉一雄さんの訃報が流れました。熊倉さんは俳優さんとしても有名ですが、アニメでも特徴のある声で、楽しませていただきました。一般にはアニメ関連では「ゲゲゲの鬼太郎」の歌を歌っておられたことが有名で、2010年のNHKの紅白歌合戦でご高齢ながら子供たちに手をひかれて登場、「ゲゲゲの鬼太郎」の歌を歌っておられました。



 僕は熊倉さんと聞いて最初に思い出すキャラクターは「ジャングル大帝」のハイエナギャング、ディックとボウの「ボウ」。誰が聞いても熊倉さんと分かる声で、劇中歌「ディックとボウのうた」を相棒のディック・川久保潔さんと歌われていました。今聞くとなんとも懐かしい。この曲も当時ソノシートを持っていたので繰り返し聞きました。

「ディックとボウのうた」

山本瑛一作詞、冨田勲作曲、川久保潔&熊倉一雄歌唱

はーっ ひひひ ひい
ふーっ へへへ へえ
はーっ ひひひ ひい
ふっー へへへ へえ
ほうっ ほうっ ほうっ ほうっ
おれたちゃ はらぺこ
ハイエナ ギャング
おいらは ディック
あたしは ボウ
二匹あわせて でくのぼう
ちがう!
二匹あわせて ディックとボウ
けっ けっ けっ
つよいやつには だらしがないが
よわいやつには かっこいい
かくごはよいな いくぞ!それ
ワン ツー ワン ツー スリー
ウォーツ

 この歌の後にレオに飛びかかりやられるのがお約束でした。



 熊倉さん88歳、ご冥福をお祈りいたします。
posted by KAZU at 10:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 声優さん