2015年10月03日

「ガールズ&パンツァー これが本当のアンツィオ戦です!」(1)



 「ガールズ&パンツァー これが本当のアンツィオ戦です!」は2014年7月に発売されたOVA作品。その発売に先行して劇場で公開されました。テレビシリーズでは大洗女子学園がアンツィオ高校に勝利して、アンツィオ高校の隊長アンチョビが悔しがるシーンのみが放映されました。テレビシリーズ終了後にこの試合の様子がOVA化されることが発表され、その後少し待たされましたが劇場で見てきました。37分という短編ですが、なかなかおもしろかったです。監督は水島努、脚本は鈴木貴昭、制作はアクタス、製作はバンダイビジュアル、ランティス、博報堂DYメディアパートナーズ、ショウゲート、ムービック、キュー・テック。発売は2014年7月25日、37分。

 アンツィオ高校は大洗女子学園との2回戦を前に秘密兵器・イタリアの重戦車P40を購入、1回戦の「ノリと勢い」のままに2回戦突破を目指す。一方大洗女子学園は例によって秋山優花里がアンツィオ高校に潜入してその秘密兵器の正体をつかんで帰ってきます。
 カルロ・ヴェローチェCV33、セモベンテM41、P40と10両を擁するアンツィオに対して大洗は5両の戦車で対抗します。試合の前後にテレビシリーズでは省略されているちっちゃなエピソードもはさんでいるところも見物。
 試合の前日にポルシェティーガーを学園船の船底から引き上げるが、河嶋桃は自動車部に「徹夜で修理しろ」と怒鳴る。しかしながら部長のナカジマはじっくり直さしてくれ、その代わりこの車両は自分たちで動かすと。杏は「自動車部がそう言うんだから」と桃を抑えます。
 それに先立ち、杏はルノーに風紀委員の三人が搭乗するように言い渡します。パゾ美は「なんで私たちが戦車に」、ゴモヨは「風紀委員のお仕事がおろそかになちゃうよ、そど子」と尻込みしますが。そど子は「前向きに考えるのよ」と諭します。風紀委員3人とも喋っていますが、クレジットされているのはそど子のみ。もっとも3人とも声は井澤詩織さんですが。
 それから廊下を歩くみほと沙織と華に話しかけようとする、まだアリクイさんチームができる前のねこにゃーが登場します。ここらあたりもおもしろいです。



 もうひとつのエピソードは歴女チームのリーダー・カエサルとアンツィオの副隊長カルパッチョとの関係を描いたもの。二人は小学校からの友人で「たかちゃん」「ひなちゃん」と呼びあう仲。試合では至近戦で相討ちに終わりますが、全編にわたってテレまくりのカエサルです。
 試合はツメの甘いペパロニと非情になりきれないアンチョビに対し、常に冷静さを欠かないみほの采配で大洗は1両の戦闘不能を出したのみで圧倒的勝利を飾ります。テレビシリーズをご覧になってこの作品は見ておられないという方は是非とも。おすすめの作品です。

posted by KAZU at 19:36| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション