2015年10月12日

「聖闘士星矢 黄金魂-soul of gold-」(3)


エンディングの一コマ。このシーンは最終回にも登場します。
 
★ストーリー
 アスガルドの邪神ロキはゴッドウォーリアーを束ねるアンドレアスの体をよりどころとして復活を企てる。アスガルドの神・オーディーンの地上代行者であったヒルダと妹のフレアと幽閉。ワルハラ宮の侍女・リフィアを操りオーディーンの力で黄金聖闘士をアスガルドの地に復活させる。その目的は禁忌とされていた大樹ユグドラシルを復活させ偽りの緑の大地を作り人心を惑わし、黄金聖闘士の小宇宙を吸収させて大樹の実からグングニルの槍を復活させることにあった。
 ユグドラシルによって小宇宙を吸い取られるために十分な力を発揮することができない黄金聖闘士たちではあったが、ユグドラシルの根が地上に露出する3つのグレートルートをかつてアテナの血や涙に触れた聖闘士が神聖衣を纏うことにより破壊する。このことによりユグドラシルの結界は破壊される。さらにユグドラシルの7つの間の像を破壊することでユグドラシルの生長そのものを止めることができることを知り、黄金聖闘士たちは分かれて7つの間に向かう。7つの間を守護するのは7人のゴッドウォーリアー。お約束の戦いです。グレートルートを破壊して力を発揮できるようになった黄金聖闘士に次々と敗れ去るゴッドウォーリアーたち。しかし死して取り込まれた黄金聖闘士たちの聖衣の力を得て生長の止まらないユグドラシル。アンドレアスに対峙したアイオリアはシャカ、サガ、童虎の加勢を受けても倒すことは出来ず、邪神ロキの復活とグングニルの槍の復活を許してしまう。
 万事休すかと思われた時、ユグドラシルに取り込まれた黄金聖闘士達がピスケスのアフロディーテの植物を操る能力で守られており、仮死状態から再びその姿を現わす。復活した十二人の黄金聖闘士の攻撃を受けてもびくともしないアンドレアス。神の域に近づいたとは言え、聖闘士は人。グングニルの槍の力に叩きつけられてしまう。これで最期か、ところが血のついた花びらが一面に降り注ぐ。エリシオンからアテナがその血を黄金聖闘士たちに届けたのだった。アテナの血の力で真の神聖衣を纏った黄金聖闘士達の攻撃はすさまじかったが、そこは相手が神。アイオリアが宝具・ドラウプニルに渾身の小宇宙を込めた拳でも押し返されそうになる。そのときアスガルドの人々祈り、自然の共鳴から、大地の小宇宙までもがアイオリアに注がれ、グングニルの槍は砕かれ、邪神封印の宝具・ドラウプニルの一撃でロキは封印されて戦いは終了する。
 リフィアたちに別れを告げる黄金聖闘士。オーディーンによって再び蘇った体も消滅する時期を迎えていた。エリシオンで戦う星矢たちに黄金聖衣を届けたいという黄金聖闘士達の思いに共鳴して、海王ポセイドンが覚醒し、力を貸そうと言う。その申し出にアイオロスが応えることを告げ、次々と黄金聖闘士達は消えていく。最後に残ったアイオリアはリフィアとの悲しい別れを終えて消滅する。
 なんで、ここでポセイドンが…という疑問を残したまま、アスガルドの伝説の英雄となった十二人の黄金聖闘士の活躍を後世まで伝えることを誓うリフィアたちアスガルドの人々の姿を描いて物語は閉じる。

posted by KAZU at 10:29| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション

2015年10月11日

「聖闘士星矢 黄金魂-soul of gold-」(2)


神聖衣 (ゴッドクロス) ごたごたしていて好きになれないです。

 「聖闘士星矢 黄金魂-soul of gold-」は2015年4月からWeb配信された「聖闘士星矢シリーズ」のアニメ作品。OVA作品「聖闘士星矢 冥王ハーデス編」と同時系列でのスピンオフ作品となっている。原作は車田正美、音楽に佐橋俊彦、制作に東映アニメーション、バンダイビジュアル、製作は「聖闘士星矢 黄金魂」製作委員会、全13話。
 「冥王ハーデス編」で嘆きの壁を破壊するために散って行った12人の黄金聖闘士が極寒の地・アスガルドに復活する。誰が何のためにアスガルドに黄金聖闘士を復活させたのか。序盤は黄金聖闘士たちがその謎を探る物語。中盤はアスガルドの地に根を張る怪樹・ユグドラシルとアンドレアス率いる7人のゴッドウォーリアーとの戦い、終盤はアスガルドの邪神ロキとの戦いを描く。
 見どころは何と言っても12の黄金聖闘士の聖衣装着シーン。もともとテレビシリーズでは私服の黄金聖闘士はジャーミールのムウ、老師、アテナを救い出して聖域を脱出したアイオロスの3人しか出て来なかったと記憶しているが、本作では他にも私服姿を見せ、聖衣装着のシーンを見せている。もっとも童虎とシャカは別格らしい(笑)。対してアスガルドのゴッドウォーリアーはテレビシリーズとはかなり設定が異なっている。もともと北斗七星の七つの星を守護星とする闘士だったが、本作ではその守護星は出てこない。
 主人公格は獅子座レオのアイオリア。これは他にはあり得ないでしょう。ムウは熱くならないし、アルデバランはおっさん、サガとシャカと童虎とアイオロスは神格に近いほどの実力者。デスマスクとアフロディーテは今までの経緯からは難しい。残るはシュラとミロとカミュですがアイオリアほど熱くなれないでしょう。やはり「聖闘士星矢シリーズ」では熱くなれないと。
(つづく)
posted by KAZU at 19:56| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション

2015年10月09日

モーツァルト/2台のピアノのためのソナタニ長調 K448



 どうしても全曲通して聞きたくて中古で購入しました。

 「のだめカンタービレ」で大学在学中の千秋に谷岡先生が後輩指導と称して、千秋とのだめに課題として出した曲。指揮者への道に迷う千秋がのだめに合わせることで、「ふっきれた」機会となった曲。最終話では千秋がのだめを音楽の道へ引き戻し、彼女の愛も引き戻した曲。

 僕は余りピアノ曲を聞かないのでですが、家には妻がファンだったアシュケナージのレコードがたくさんあります。でもこの曲はないです。僕はたまたまですがピアノ曲は全部ルービンシュタインのレコードとCD。今回は演奏者を選ばずネットオークションで曲目だけで検索しました。
 ドラマ、アニメと第一楽章の頭の部分を弾くので、印象深いのですが、第三楽章がなかなか良いです。
posted by KAZU at 06:58| Comment(0) | TrackBack(0) | Journal

2015年10月04日

「ガールズ&パンツァー これが本当のアンツィオ戦です!」(2)



★キャラクター&キャスト
○大洗女子学園

「あんこうチーム」
西住みほ:渕上 舞
武部沙織:茅野愛衣
五十鈴 華:尾崎真実
秋山優花里:中上育実
冷泉麻子:井口裕香

「カメさんチーム(生徒会チーム)」
生徒会長 / 角谷 杏:福圓美里
生徒会副会長 / 小山柚子:高橋美佳子
生徒会広報 / 河嶋 桃:植田佳奈

「アヒルさんチーム(バレー部チーム)」
4人いますが、3人しか喋っていないんですね。
磯辺典子:菊地美香
河西 忍:桐村まり
佐々木あけび:中村 桜

「カバさんチーム(歴女チーム)」
カエサル:仙台エリ
エルヴィン:森谷里美
左衛門佐:井上優佳
おりょう:大橋歩夕

「ウサギさんチーム(一年生チーム)」
6人とも登場していますが、勿論丸山紗希ちゃんは一言も発せずですのでクレジットはありません。
澤 梓:竹内仁美
山郷あゆみ:中里 望
阪口桂利奈:多田このみ
宇津木優季:山岡ゆり
大野あや:秋奈

「風紀委員」
後のカモさんチームですが、本作ではまだ戦車に乗っていません。
そど子 / 園 みどり子
ゴモヨ / 後藤 モヨ子
パゾ美 / 金春 希美
声を演じるのは三人とも井澤詩織さん。

「自動車部」
部長 / ナカジマ :山本希望
ホシノ :金元寿子
ん〜ホシノ喋ってたかな、かけ声だけたったかも。

「後のアリクシさんチーム(ネット戦車ゲームチーム)」
ねこにゃー :葉山いくみ

○陸上自衛隊
蝶野亜美 :椎名へきる
クレジットであがってましたが、姿は見えず。決勝戦の審判を務めており声だけ。

○黒森峰女学園
副隊長 / 逸見エリカ :生天目仁美
生天目さんもクレジットされていますが、エピローグの決勝戦で“マウス”が撃破された時の声だけ。

○アンツィオ高校
■アンチョビ / 安斎 千代美 :吉岡麻耶
隊長で3年生。軍服にツインテール、黒のリボンという出で立ち。搭乗車両はP40で車長を兼任。陽気な性格。信頼も厚く、またカリスマ性も持っている。杏から「チョビ子」、桃から「安斎」と呼ばれて「アンチョビ!」と訂正する程にニックネームにこだわりを持っている様子。

■カルパッチョ :早見沙織
副隊長で2年生。セモヴェンテ部隊を率いる。車長兼装填手。小学生時代から戦車道を学ぶ。カエサルとは「たかちゃん」「ひなちゃん」と呼びあう幼なじみの親友。

■ペパロニ :大地葉
副隊長、2年生。カルロ・ヴェローチェ部隊を率いる。搭乗車では車長。校内では屋台でパスタ作りをしている。優花里の偵察ビデオでは鉄板ナポリタンを作るシーンが流れた。

posted by KAZU at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション

2015年10月03日

「ガールズ&パンツァー これが本当のアンツィオ戦です!」(1)



 「ガールズ&パンツァー これが本当のアンツィオ戦です!」は2014年7月に発売されたOVA作品。その発売に先行して劇場で公開されました。テレビシリーズでは大洗女子学園がアンツィオ高校に勝利して、アンツィオ高校の隊長アンチョビが悔しがるシーンのみが放映されました。テレビシリーズ終了後にこの試合の様子がOVA化されることが発表され、その後少し待たされましたが劇場で見てきました。37分という短編ですが、なかなかおもしろかったです。監督は水島努、脚本は鈴木貴昭、制作はアクタス、製作はバンダイビジュアル、ランティス、博報堂DYメディアパートナーズ、ショウゲート、ムービック、キュー・テック。発売は2014年7月25日、37分。

 アンツィオ高校は大洗女子学園との2回戦を前に秘密兵器・イタリアの重戦車P40を購入、1回戦の「ノリと勢い」のままに2回戦突破を目指す。一方大洗女子学園は例によって秋山優花里がアンツィオ高校に潜入してその秘密兵器の正体をつかんで帰ってきます。
 カルロ・ヴェローチェCV33、セモベンテM41、P40と10両を擁するアンツィオに対して大洗は5両の戦車で対抗します。試合の前後にテレビシリーズでは省略されているちっちゃなエピソードもはさんでいるところも見物。
 試合の前日にポルシェティーガーを学園船の船底から引き上げるが、河嶋桃は自動車部に「徹夜で修理しろ」と怒鳴る。しかしながら部長のナカジマはじっくり直さしてくれ、その代わりこの車両は自分たちで動かすと。杏は「自動車部がそう言うんだから」と桃を抑えます。
 それに先立ち、杏はルノーに風紀委員の三人が搭乗するように言い渡します。パゾ美は「なんで私たちが戦車に」、ゴモヨは「風紀委員のお仕事がおろそかになちゃうよ、そど子」と尻込みしますが。そど子は「前向きに考えるのよ」と諭します。風紀委員3人とも喋っていますが、クレジットされているのはそど子のみ。もっとも3人とも声は井澤詩織さんですが。
 それから廊下を歩くみほと沙織と華に話しかけようとする、まだアリクイさんチームができる前のねこにゃーが登場します。ここらあたりもおもしろいです。



 もうひとつのエピソードは歴女チームのリーダー・カエサルとアンツィオの副隊長カルパッチョとの関係を描いたもの。二人は小学校からの友人で「たかちゃん」「ひなちゃん」と呼びあう仲。試合では至近戦で相討ちに終わりますが、全編にわたってテレまくりのカエサルです。
 試合はツメの甘いペパロニと非情になりきれないアンチョビに対し、常に冷静さを欠かないみほの采配で大洗は1両の戦闘不能を出したのみで圧倒的勝利を飾ります。テレビシリーズをご覧になってこの作品は見ておられないという方は是非とも。おすすめの作品です。

posted by KAZU at 19:36| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション

2015年10月02日

秋のマイメロディフェア



 今年もサークルKサンクスの秋のマイメロフェアが開催されました。サークルKサンクスは割と相性が良くて、よく当たるのですが、なぜか「マイメロフェア」だけは当たった試しがありません。今年も応募しましたが、どうかな?
posted by KAZU at 07:18| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション