2015年09月07日

「のだめカンタービレ フィナーレ」(2)



★キャラクター&キャスト
 舞台が「巴里編」と同じなので「フィナーレ」で初登場するキャラクターは少なくて、大半が「巴里編」のキャラクターです。そんな中で第1期から続けて登場しているキャラクターで「フィナーレ」で印象的だったのはニナ・ルッツ。
 フランス人のピアニストで千秋の知人。第1期では「ニナ・ルッツ音楽祭」に主催者として姿を見せます。ピアノ部門の受講者にはバルトークの「アレグロ・バルバロ」を課題曲として出しますが、のだめは予習して行かず、やる気がないものとみなされて退室させられます。ところが音楽祭が幕を引いた後で、練習室で一人バルトークを弾いてウサを晴らしたのだめ。「あんなバルトークを弾いた学生はいなかったはず、誰?」と練習室へ急ぐニナ・ルッツでしたが、その正体を見ることはできませんでした。
 最終回、千秋はのだめをニナ・ルッツの家の練習室に連れて行きます。「ここならピアノが2台あるから、モーツアルトの2台のピアノのためのソナタ、弾けるだろう。忘れたか?」「忘れてませんよ、千秋先輩と初めて共演した曲ですから」。二人の演奏にニナ・ルッツは最後にバルトークを弾いた主がのだめであることを直感する。声を演じるのは津田匠子さん。
 第1期のあのシーンがここに繋がっているのかと嬉しくなるシーン。

posted by KAZU at 19:52| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション