2015年01月17日

「EKOEKO AZARAK エコエコアザラク」(1)



 「EKOEKO AZARAK エコエコアザラク」は2001年に公開された劇場用ドラマ作品。「エコエコアザラク」の劇場版作品としては4作目。原作は古賀新一、監督は鈴木浩介、企画に竹本克明・折坂哲郎・松井俊之・円谷粲、脚本は小林弘利、製作はギャガ・コミュニケーションズ、東映ビデオ、制作協力に円谷映像、音楽に北里玲二、笠松こうじ。ギャガ・コミュニケーションズが配給、90分。

 本作の黒井ミサは魔女に覚醒する前の姿が描かれていて、直接魔術を使う場面がない。自らの危機に無意識的に魔術が発動されるのみ。原作ファンとしては少々物足りないけれど、主演の美少女・加藤夏希は弱々しく、精神的にも随分脆いミサを熱演している。原作漫画とはまた違った作品。
 森の中で若い男女5名の死体が発見される。いずれも残忍で異常な殺され方をしており、一人生き残って発見された高校生の黒井ミサは病院に収容されるも、事件当時の記憶がなく、思い出そうとするとパニック障害を起こす状態。その夜、友人2人とカラオケに行き、クラブで3人の男にナンパされてドライブ。そして森の中へ連れて行かれる。勿論男たちの目的は彼女らの体で、3人の男がそれぞれ一人を襲う。そんな中でミサの魔女性が覚醒して男たちも友達も殺してしまう。しかし本人には記憶がない。更にミサの病室に点滴の交換に来た看護婦がまるで凍死したかのように低温状態で死亡し、ミサは病室から姿を消す。警察の捜査の中、ワイドショーの番組担当のディレクター前田はあの手この手を使いミサを魔女に仕立てていく。
 やらせを企てた前田はミサに仕立てた女性をテレビに出演させるが、マスコミのその企てを阻止しようとするミサの友人と精神科医、捜査を担当する刑事たちがテレビ局のスタジオに集ったその時、追い詰められたミサが覚醒する。かくしてスタジオにいた全員が惨殺されることになるが、ミサの所業を証明するものはなにもなく、魔女黒井ミサが誕生する。事件あるいはミサにかかわった登場人物はみんな死亡するという結末を迎える。
 映画はおもしろいけれど、さてこれが「エコエコアザラク」かと言うとちょっと首を縦に振りづらい作品。
posted by KAZU at 08:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 特撮

2015年01月13日

「エコエコアザラクIII -MISA THE DARK ANGEL」(2)

★キャスト
○黒井ミサ:佐伯日菜子
 言わずと知れた本作の主人公。叔父の検死解剖から情報を得てセントヘイレム学院に転入する。例によってひとり違うセーラー服。
○木下亜夜:七海彩夏
 転校したミサの最初の友達。演劇部の合宿でひとり生き残る。彼女も向こうの世界に引き込まれそうになるが、ミサが出向いて魂を召喚させる。
○風見 光:萩原由紀
 演劇部部長。本作の黒幕。部長として常識的な振る舞いをするものの、最初に登場した時から意味ありげな言動が目立ちます。
○土器手かほり:高橋あゆみ
○水島真実:三輪ひとみ
○火野陽子:藤村ちか
○鎌田 瞳:山本エレナ
○河合由樹:滝村裕子
○黒井サトル:趙方豪
 ミサの叔父。テレビシリーズか趙方豪さんが続投。残念ながら本作が趙方豪さんの最後の作品となりました。
○管理人:梅津栄
 登場人物の少ない本作のこれまた登場頻度の低い怪しい雰囲気の男性キャラクター。直接ストーリーには絡んできません。

★主題歌



 エンドロールと共に流れる主題歌は「すべての出逢いと別れに」。作詞・作曲:石月努 、編曲:小路隆+FANATIC◇CRAISIS、歌:FANATIC◇CRISIS。物語が一応ハッピーエンドの形で閉じた後、その余韻を残したまま淡々と歌い上げます。
posted by KAZU at 00:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 特撮

2015年01月10日

「エコエコアザラクIII -MISA THE DARK ANGEL」(1)



 「エコエコアザラクIII -MISA THE DARK ANGEL」は1997年公開の劇場ドラマ作品。原作は古賀新一の漫画作品「エコエコアザラク」、監督は上野勝仁、脚本に七月鏡一・林壮太郎、音楽に鈴木大介、93分。
 主役・黒井ミサを演じるのは佐伯日菜子。テレビシリーズの続編となっていて、時系列的にも後日談。劇場版作品の中ではミサが魔術を多用して活躍するアクション要素の高い作品なのだけれども、舞台が高校の演劇部の合宿という、殆ど部員しか出てこない閉鎖された空間での出来事で、演じる若い女優さんたちが実に拙い。脚本としておおもしろいのだけれど前2作の劇場版作品とくらべると、せっかくハマリ役の佐伯日菜子のミサなのに残念な一本。
 冒頭明らかに異常な状態の少女の焼死体が発見される。ミサの名を叫んで死ぬ少女のイメージがミサの頭の中に現れる。実は黒幕がミサに送った、罠をしかけたイメージであったのだが。焼死体の遺留品の中に聖ヘイレム学院の演劇部の台本を見つけたミサは学院へ転入し、演劇部員として潜入する。学内にある宿泊施設を利用して夏合宿が行われるが、通し稽古で劇中で演じる儀式が本当の闇を召喚する魔術の儀式であったことから、ミサは上手く儀式を中断させたかに見えた。しかし、黒幕の部長は既に学院内での練習の最中に儀式を忍ばせて、実行に移していた。本当の儀式は初日のミサの入部テストの中で行っていたのだった。ホムンクルスである部長が人に生まれ変わるため、本当の感情を手に入れるため、ミサにイメージを送り、ミサを誘い込み、ミサの体を奪うことにあった。
posted by KAZU at 19:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 特撮

2015年01月09日

「エコエコアザラク」(TV版)(3)



★主題歌
 少し日にちが空いてしまいましたが、最後に主題歌を。

 前期(第1話〜第12話)のオープニングは「OK」。深沼元昭作詞・作曲、編曲はプレイグス・堀江博久、歌はPLAGUES。エンディングは「だったら激しいキスで抱いて〜LOVE IS A WONDERFUL THING〜」。作詞・作曲はRAINEY,BAGGE、日本語詞は青柳美奈子、編曲は幾見雅博、歌はブラウン・シュガー
 後期(第13話〜第26話)のオープニングは「I call you」。歌はAYA。エンディングは「気まぐれなキスでいい〜Hey〜」。歌:ブラウン・シュガー。
 最近のアニメではオープニングは90秒というのが標準ですが、このTV版「エコエコアザラク」のオープニングは短くで前期は40数秒、後期は50数秒。それでも記憶にぐっと残る後期の「I call you」の独特の雰囲気はミサの神秘さにピッタリ。少しセクシーさも感じさせる歌唱です。
 エンディングにクレジットを流す関係でエンディングの方が尺が長くなっています。殊に前期の「だったら激しいキスで抱いて〜LOVE IS A WONDERFUL THING〜」は歌詞がメロディと一体化していてノリのよい楽曲です。同じブラウン・シュガーの曲ですが、後期の「気まぐれなキスでいい〜Hey〜」は明るめで後期のストーリーにはちょっと似合わない感じがしました。
posted by KAZU at 21:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 特撮

2015年01月04日

「エコエコアザラク」(TV版)(2)


黒井ファミリー

★キャスト
○黒井ミサ / 佐伯日菜子
 本作のヒロイン、魔術を使う高校生、占い師。
○黒井アンリ / 今村理恵」
 ミサの妹。闇に捕らわれ闇の降臨の器とされていた。ミサが最終回で闇から解放した後死亡。
○黒井サトル / 趙方豪
 ミサの叔父。魔術医。
○黒井臣夫 / 団次郎
 ミサの父。
○黒井奈々子 / 榊原るみ
 ミサの母。

★サブタイトル
 エピソードは3話ずつひとまとまりの構成になっているが、「TO BE CONTINUE」が表示されるのは「HECATE」、「SEVEN」、「ANRI」のみ。その他のエピソードは基本的に一話完結になっている。第1話〜第3話は同一学園内での出来事。第13話と第23話は独立しており、ミサが家族と暮らしていた頃の過去の出来事を描いている。各サブタイトルには英題がついており、単純に和文英訳のものもあるがエピソードの内容を踏まえており、意訳のものもある。

episode1 黒魔術の少女 THE WITCH
episode2 顔 THE FACE
episode3 リフレインの魔法 TEH REFRAIN
episode4 愚魔 THE FOOL
episode5 隣の女 THE NEIGHBOR
episode6 魔性の園 THE EVIL
episode7 死の掟 THE RULE
episode8 めまい THE VERTIGO
episode9 夢魔の花 THE DREAM
episode10 ヘカテ HECATE I
episode11 イビル・アイ HECATE II
episode12 伝説の魔女 HECATE III
episode13 二年前 THE FAMILY
episode14 嫉妬 THE JEALOUSY
episode15 復讐 THE REVENGE
episode16 受胎 THE PREGNANT
episode17 私 SEVEN I
episode18 包囲 SEVEN II
episode19 七の封印 SEVEN III
episode20 面 THE MASK
episode21 血 THE BLOOD
episode22 魔女裁判 THE JUDGMENT
episode23 最後の晩餐 THE FAREWELL
episode24 影 ANRI I
episode25 妹 ANRI II
episode26 聖戦 ANRI III

posted by KAZU at 11:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 特撮

2015年01月03日

「エコエコアザラク」(TV版)(1)



 「エコエコアザラク」は1997年テレビ東京・テレビ大阪で放映されたテレビドラマ。原作は古賀新一による日本のホラー漫画「エコエコアザラク」、制作は円谷映像、製作はギャガ・コミュニケーションズ。3話ずつひとかたまりのエピソードという構成で全26話。
 テレビ放映当時は日本にいなかったので未見でしたが、ようやく全話通して鑑賞。やはり劇場版よりもテレビシリーズです。殊に前半は「闇」との対決という根幹のストーリーを離れて独立したエピソードでおもしろいです。ミサの父に団次郎、母に榊原るみという遊び心も満点。黒井ミサを演じる佐伯日菜子は容姿の面では原作とは違うなあという感覚はぬぐえないまでも、演技は真に迫っていて素晴らしい。中でも呪文を唱えるシーンは格別。定番の「エコエコアザラク エコエコザメラク エコエコケルノノス エコエコアラディーア」は勿論のこと「ベールゼブブ ルキフェル アディロン ソエモ セロイアメク ルロセクラ エルプラント カメロルアル アドリナノルム マルチロル チモン」の長い呪文が、いかにも力を発揮しそう。
 セーラー服に茶色の皮のバッグ、首からさげたペンダント、父母の木偶、先祖伝来の魔導書、太腿のホルダーに装備した魔術用のナイフ、などなどアイテムもたくさん出てくる。父を「帰って来たウルトラマン」の郷秀樹こと団次郎、母が「帰って来たウルトラマン」の坂田アキこと榊原るみ、この二人がコミカルに演じており、コミカルさが前に出て13話「二年前」と23話「最後の晩餐」のシリアスな場面でも、危急の窮地の感じが余り伝わってこない。伯父のサトルも登場、ミサの看護婦姿も。第22話「魔女裁判」では「職業は?」と問われて「占い師」と答えているが、看護婦の他にも喫茶店、書店でアルバイトしておりメイド姿も披露していて千変万化。原作のエロチックな部分、漫画を読んでいてもエロというよりもグロのシーンに多いのですが、映像ではグロさよりもエロさが勝ってしまいますね。
 色々な側面を総合してやはり劇場版よりは断然おもしろくて、質も高いかと思いますので、劇場版しか見ていない方、時間のある方は是非このTV版をお勧めです。





posted by KAZU at 21:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 特撮

2015年01月01日

謹賀新年

あけましておめでとうございます。

旧年中は大勢の方にアクセスしていただき、ブログ開設10年を無事に通過することができました。
なかなか盛時の頃のように毎日の更新ができませんが、今年も感じるままにアニメと特撮の話題をアップしていきますので、どうかよろしくお願いいたします。

posted by KAZU at 11:37| Comment(2) | TrackBack(0) | Journal