2013年06月15日

訃報・内海賢二さん



 一昨日、声優の生天目仁美さんのぶブログを見ていたら、生天目さんの所属事務所の会長・内海賢二さんが亡くなったと…「えっ」と思わず声を出してしまいました。数年前に若手というか僕よりもちょっと年上の声優さんが次々と亡くなった時期がありましたが、今年は納谷悟朗さんをはじめ大御所が。本当に残念です。僕の両親よりも若いですから早すぎると言わざるをえません。心からご冥福をお祈りいたします。
 内海さんと言うと、映画の吹き替え、テレビドラマの吹き替えをはじめとして数々の作品で声を演じていますが、アニメでは「魔法使いサリー」のパパ、「Dr,スランプアラレちゃん」の則巻千兵衛など愛嬌のあるサブキャラは勿論ですが、なんと言っても低い声の悪役が印象に深いですね。古いところでは「狼少年ケン」の片目のジャック、ジャックは敵役ではないですが、オオカミの中ではスゴミが違います。そして何と言っても「新造人間キャシャーン」のブライキングボス、「北斗の拳」のラオウ。名言多いラオウのセリフも内海さんならではと思います。「北斗の拳」というとラオウばかりが注目されますが、「北斗の拳2」のカイオウも忘れてはなりません。 
 一風違ったところでは「銀河英雄伝説」のシドニー・シトレ元帥。自由惑星同盟軍の軍人はみんなクセがないと言うと言い過ぎかもしれませんが、毒がないのは確か。ただ一人シェーンコップは別ですが、あの人は帝国出身ですから。話が逸れましたがシトレ元帥も長身の黒人軍人ですが、穏やかな人でした。ラオウやブライキングボスとはまた違った味のある声だったと思います。
posted by KAZU at 17:17| Comment(7) | TrackBack(0) | 声優さん