2013年06月12日

「宇宙戦艦ヤマト2199」



 1974年放映の「宇宙戦艦ヤマト」のリメイク作品。小説が原作の映画作品で、忠実にリメイクされる例はありますが、アニメでこれ程オリジナルに忠実にリメイクされた例はないでしょう。設定は若干は異なりますが、ストーリー、名場面でのセリフ、名場面でのBGMまでぴったり同じ、オリジナル世代にはたまらない演出です。
 僕はテレビシリーズの一番の名場面は冥王星からのロングレンジのミサイル攻撃に対して、干上がった太平洋の海底からヤマトが発進してミサイルを撃破、宇宙へ旅立つ場面だと思います。ここで使われるBGMは宮川泰の見事なまで重厚な音楽。新作でもこの場面は感動のシーンですが、ちょっと編曲が軽めだったのが残念です。
 さてオープニング主題歌は「宇宙戦艦ヤマト」。阿久悠作詞、宮川泰作曲のこの名アニソンを須藤賢一が編曲、宮川彬良監修の下、Project Yamato 2199が歌います。メンバーはささきいさお、JAM Project、中川翔子、水木一郎、堀江美都子、茅原実里、結城アイラ、美郷あき、栗林みな実、麻生夏子、佐咲紗花、石田燿子、ZAQ、ChouCho、橋本みゆき、yozuca、CooRie、妖精帝國(ゆい)、佐藤ひろ美、飛蘭、石川智晶、Rey(原田謙太)、喜多修平、谷本貴義、高取ヒデアキ、鈴村健一、米倉千尋、水樹奈々、GRANRODEO、藍井エイル、黒崎真音の豪華、アニメソング歌手、声優陣。混声合唱にてオープニングは歌われますが、CDにはmale ver.とfemale ver.も収録。聞いてはみましたが両方とも厚みが足りません。混声合唱のみで十分だと思います。オープニング映像もオリジナルにこだわった映像。残りのエピソードと共に本作オリジナルのストーリー展開が楽しみです。
posted by KAZU at 23:43| Comment(2) | TrackBack(0) | アニメーション