2013年05月06日

「俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる」(1)



 「俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる」は2013年1月に独立UHF系、テレビ東京系他、関西ではテレビ朝日系で放映されたいわゆるハーレム系の学園アニメ作品。原作は裕時悠示のライトノベル作品、原作イラストはるろお、監督は亀井幹太、音楽は太田雅友、制作はA-1 Pictures、製作は「俺修羅」製作委員会(アニプレックス、ソフトバンククリエイティブ)。前13話。
 羽根ノ山高校に通う季堂鋭太は両親共に浮気の結果恋人と蒸発し、伯母である桐生冴子に引き取られて暮らしている。この経緯からアンチ恋愛主義を貫き、成績優秀者に与えられる推薦で進学して医者になることをめざしていた。ところがある日授業が終わった直後、学年一の美人と噂される帰国子女の夏川真涼から「一緒に帰りませんか」と声をかけられ、理由を訪ねたところクラス全員の衆人環視の中で告白される。帰り道で真意を問う鋭太に真涼は、アンチ恋愛主義者であり、連日の告白にうんざりしていることを伝え、偽装カップルを演じてくれるように鋭太に頼む。鋭太は勿論断ったのだが、鋭太が図鑑をくり抜いて隠していた日記帳が、鋭太のミスで古書店に渡りそれを真涼が入手しており、日記帳の公開を楯にして偽装カップルを強要、鋭太はしぶしぶ応じることとなった。
 噂の美女と学年トップの成績の鋭太とのカップルは忽ち噂になり、幼なじみで密かに鋭太に想いを寄せていた春咲千和、「元カノ」を自称する秋篠姫香、風紀委員でこれまた自称「婚約者」の冬海愛衣を巻き込み奇想天外なストーリーを展開する。ラブコメ展開ながら最終的には偽装が本物に変わっていく真に修羅場の恋愛ストーリー。
posted by KAZU at 18:49| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション

2013年05月04日

「とある科学の超電磁砲S」開始



 テレビ放映の第1話を録画し忘れたので先に2話から見るわけにもいかず、ネット配信の開始を待っていたわけですが、昨日やっと第1話「超電磁砲(レールガン)」を視聴。
 個人的には当麻の主義・主張で口説く態度が気に食わなくて、美琴の不言実行の方が遥かに気持ち良い。というわけで楽しみです、「超電磁砲」。
posted by KAZU at 10:50| Comment(5) | TrackBack(0) | アニメーション

「ガールズ&パンツァー」(15)



☆サブタイトル
 最後にサブタイトルとエンディング映像のキャラクターをご紹介しておきたいと思います。

第1話 戦車道、始めます! /オープニング映像
第2話 戦車、乗ります! /あんこうチーム
第3話 試合、やります! /カメさんチーム
第4話 隊長、がんばります! /アヒルさんチーム
第5話 強豪・シャーマン軍団です! /カバさんチーム
第5.5話 紹介します! /過去分組み合わせ
第6話 一回戦、白熱してます! /ウサギさんチーム
第7話 次はアンツィオです! /あんこうチーム(公式戦制服)
第8話 プラウダ戦です! /カモさんチーム
第9話 絶体絶命です! /アリクイさんチーム
第10話 クラスメイトです! /レオポンさんチーム
第10.5話 紹介します 2! /過去分組み合わせ
第11話 激戦です! /あんこうチーム(IV号戦車D型・H型仕様)
第12話 あとには退けない戦いです! /大洗女子学園戦車道チーム優勝行進
posted by KAZU at 00:32| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション

2013年05月03日

「ガールズ&パンツァー」(14)


試合前、整列!

 小中学生時代に、少しだけ戦車のプラモデルを作ったことがありますが、戦車は飾るよりも動かして遊ぶ方。きちっと作らないとなかなかスムーズに動いてくれません。当時はプラモデルの動力はゼンマイ仕掛けでしたから余計です。モーターで動く様な大きなものは高価で買えませんでしたから。そんなこんなで100円の戦闘機を彩色して飾る方に興味が移ってしまいました。ということで戦車は本当に少ししか知りません。では大洗女子学園の戦車を少し拾ってみましょう。



あんこうチーム「IV号戦車D型」(ドイツ)



カメさんチーム「38(t)戦車B/C型・ヘッツァーキット仕様」(チェコ)



アヒルさんチーム「八九式中戦車甲型」(日本)



ウサギさんチーム「M3中戦車リー」(アメリカ)
親善試合にピンクの塗装で参加。



カバさんチーム「III号突撃砲F型」(ドイツ)
歴女チームの車両、親善試合には赤い塗装と幟をつけての参加。



アリクイさんチーム「三式中戦車」(日本)



レオポンさんチーム「ポルシェティーガー」(ドイツ)
重装甲で重く整地走行でも足が遅かったそうだ。



坂道を3車両でポルシェティーガーを引っ張る。
posted by KAZU at 07:47| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション

2013年05月02日

「ガールズ&パンツァー」(13)

★主題歌



・オープニングは今風アニメ歌手ChouChoの歌う「DreamRiser」。第1話ではエンディングとして使用された。曲も楽しくて楽しめるが、オープニング映像も登場キャラクターをほぼ全部拾っていて楽しい。作詞はこだまさおり、作曲はrino、編曲はh-wonder、歌はChouCho。



・エンディングは「Enter Enter MISSION!」(第2話〜第12話)。作詞は畑亜貴、作曲は矢吹香那、佐々木裕、編曲は佐々木裕。歌っているのはあんこうチームの面々です。西住みほ(渕上舞)、武部沙織(茅野愛衣)、五十鈴華(尾崎真実)、秋山優花里(中上育実)、冷泉麻子(井口裕香)。エンディング映像で戦車に乗るキャラクターは各話ごとに異なっています。

・挿入歌



「あんこう音頭」(第4話・第5.5話・第9話)吉田玲子作詞、水島努作曲、藤井丈司編曲、佐咲紗花歌唱。複数回使用された挿入歌でインパクトがありました。

「カチューシャ」(第8話)ISAKOVSKIJ MIKHAIL VASILEVICH作詞、BLANTER MATVEJ ISAAKOVICH作曲、浜口史郎編曲。歌っているのはカチューシャ(金元寿子)とノンナ(上坂すみれ)。日本人でもご存知、有名なロシア民謡ですが、この曲をカチューシャとノンナが見事なロシア語で歌ってます。本編で1度流れただけですが素晴らしい仕上がりで、通勤途中に何度も聴いてます。オリジナルサウンドトラックに収録されているので是非機会があれば聴いてほしい一曲。



 あと挿入歌にはなっていませんが、キャラクターによるアカペラでの歌があったり、各チームの行進テーマにはイギリス、アメリカ、ロシアの聞き覚えのある曲が多用されています。僕は特に黒森峰女学園チームの行進に使われた「パンツァー・リート」が印象深いですね。前にも書きましたが第11話の最後のシーンです。隊列を組んで行進する戦車と揺れるまほの髪。実にカッコイイシーンでした。
posted by KAZU at 06:54| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション

2013年05月01日

「ガールズ&パンツァー」(12)


オープニングのねこにゃー。グルグル眼鏡をかけていない貴重な映像です。

 キャラクターのご紹介を終えたところで、キャストの整理をしておきましょう。井澤詩織さんが風紀委員の三人を演じておられます。喜多村英梨さん、金元寿子さん、上坂すみれさん、石原舞さん、倉田雅世さん、仙台エリさん、吉岡麻耶さんがそれぞれ二人のキャラクターを演じておられます。倉田雅世さんと仙台エリさんは高校生と母親、なかなか渋いですね。


井澤詩織----そど子(風紀委員)/ゴモヨ(風紀委員)/パゾ美(風紀委員)
喜多村英梨--ダージリン(聖グロリアーナ女学院)/ツチヤ(自動車部)
金元寿子----カチューシャ(プラウダ高校)/ホシノ(自動車部)
上坂すみれ--ノンナ(プラウダ高校)/ぴよたん(アリクイさんチーム)
石原舞------オレンジペコ(聖グロリアーナ女学院)/スズキ(自動車部)
倉田雅世----ももがー(アリクイさんチーム)/五十鈴百合(華の母)
仙台エリ----カエサル(歴女チーム)/秋山好子(優花里の母)
吉岡麻耶----近藤妙子(バレー部)/アンチョビ(アンツィオ高校)
田中理恵----西住まほ(みほの姉)
生天目仁美--逸見エリカ(黒森峰女学園)
川澄綾子----ケイ(サンダース大学付属高校)
平野綾------アリサ(サンダース大学付属高校)
植田佳奈----河嶋桃(生徒会)
渕上舞------西住みほ(あんこうチーム)
茅野愛衣----武部沙織(あんこうチーム)
尾崎真実----五十鈴華(あんこうチーム)
中山育実----秋山優花里(あんこうチーム)
井口裕香----冷泉麻子(あんこうチーム)
葉山いくみ--ねこにゃー(アリクイさんチーム)
山本希望----ナカジマ(自動車部)
竹内仁美----澤梓(ウサギさんチーム)
中里望------山郷あゆみ(ウサギさんチーム)
小松未可子---丸山紗希(ウサギさんチーム)
多田このみ---阪口桂利奈(ウサギさんチーム)
山岡ゆり-----宇津木優季(ウサギさんチーム)
秋奈--------大野あや(ウサギさんチーム)
森谷里美----エルヴィン(歴女チーム)
井上優佳----左衛門佐(歴女チーム)
大橋歩夕----おりょう(歴女チーム)
菊地美香----磯辺典子(バレー部)
桐村まり----河西忍(バレー部)
中村桜------佐々木あけび(バレー部)
福圓美里----角谷杏(生徒会)
高橋美佳子--小山柚子(生徒会)
椎名へきる--蝶野亜美(陸上自衛隊)
伊瀬茉莉也--ナオミ(サンダース大学付属高校)
冬馬由美----西住しほ(みほの母)
伊丸岡篤----新三郎(五十鈴家奉公人)
川原慶久----秋山淳五郎(優花里の父)
愛河里花子--冷泉久子(麻子の祖母)
posted by KAZU at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション

「ガールズ&パンツァー」(11)

 これでキャラクター紹介はおしまい。上手く整理できたのかどうか。



・西住しほ / 冬馬由美
西住まほ、みほ姉妹の母親。娘を勘当する程厳しい人でもあるが、姉妹対決の決勝戦を遠くで見つめ、みほの優勝に拍手を送る姿が印象的だった。

・五十鈴百合 / 倉田雅世
五十鈴華の母親。華道・五十鈴流家元。

・新三郎 / 伊丸岡篤
五十鈴家の使用人。貴重な男性キャラクターの一人。

・秋山淳五郎 / 川原慶久
秋山優花里の父親、秋山理髪店の店主。貴重な男性キャラクターの一人、その2です。

・秋山好子 / 仙台エリ
秋山優花里の母親。

・冷泉久子 / 愛河里花子
冷泉麻子の祖母。麻子は「おばぁ」と呼んでいる。両親を亡くした麻子のたった一人の肉親。

posted by KAZU at 06:44| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション