2012年12月14日

「009 RE:CYBORG」鑑賞



 「なのは」を見に行った時に、映画館で3Dの予告映像を観ていて、是非とも行きたいと思っていたのですがなかなか時間がなく、公開から1月以上遅れてやっと行ってきました。残念ながら3Dの回を見ることはできませんでしたが。
何と言っても映像が緻密。これは前評判通りで特にビルの崩れていくところはリアルで迫力があります。ストーリーは新作ですから引き込まれていきますが、結末が「009」特有の神的力の発動によるハッピーエンドになっています。この点がおとぎ話なんですよね。
posted by KAZU at 06:58| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション