2012年08月27日

「BLOOD+」(6)



 キャラクター&キャストのつづき。ディーヴァ側のサブキャラクター他を。

・ヴァン・アルジャーノ / 諏訪部順一
 ソロモンの下でサンクフレシュ・ファルマシーのデルタ計画を担当、ソロモンが離反してからはサンクフレシュ・アメリカの最高経営責任者になる。ソロモンから重要機密を教えてもらえないことを妬み、アンシェルに気に入られるようにとの意図もあったのだろう、赤い盾からコリンズ博士とジュリアの引き抜きを画策して成功している。器の小さな人物で、結果的にアンシェルに利用されていただけ。最後はサンクフレシュとグラント長官の癒着問題で事件当時者として逮捕されている。

・モーゼス / 矢薙直樹
 シフのリーダー。右目の隠れる長い前髪の少年。アイスランドのキルベドの実験施設から仲間を率いて脱出し、小夜の血を求めて彼女を襲った。小夜の血が自分たちを救えないことを知ってからはディーヴァを狙って、小夜たちとも共闘したがソーンの発生したカルマンと共に太陽の光を浴びて消滅した。

・カルマン / 野島健児
 シフのメンバー。カイをねらったモーゼスのツメから彼をかばい、ソーンが前身を覆う前にモーゼスと共に太陽の光を浴びて掃滅した。

・イレーヌ / 豊口めぐみ
 シフのメンバー。「サイボーグ009」の003の如く研ぎ澄まされた感覚で小夜の居場所を見つけることができる。カイと出会い友達になるも、ソーンが発生。カイの仲介で小夜の血を受けるが結晶化して果てる。短い期間しか登場しないキャラクターですが、人気が高いようですね。

・ルルゥ / 斎藤千和
 シフのメンバー。紫色の髪に大きな目の少女。モーゼスとカルマンと共に小夜と共闘したが、二人が死亡してからはカイ達と行動を共にする。ジュリアの研究によりソーンの発生を抑えることができたため最後まで生き残った。

・グラント / 西前忠久
 現役のアメリカ国防長官。アンシェルと裏で密接な関係を持つが、行く末を案じて暗殺を企てた。当然通常の兵器で翼手であるアンシェルを殺すことはできずに失敗した。最後はオペラハウスを爆撃させて翼手を殲滅し、保身を図ったが、サンクフレシュとの癒着が公になった。
posted by KAZU at 13:01| Comment(2) | TrackBack(0) | アニメーション