2012年08月07日

「Fate/stay night Unlimited Blade Works」(2)



★キャラクター&キャスト
 登場するキャラクター・キャストはテレビ版と同じ。もっとも尺が短い分、一般生徒達は通行人程度の登場しかしていない。主要キャラクターのみテレビ版と異なる点をメモ。

・衛宮士郎:杉山紀彰
セイバーのマスター。キャスターのルールブレイカーによってセイバーを失ってからは、サーヴァントと持たなかった。自らの魔術で自身の英霊であるアーチャーを倒し、凛の魔術刻印の移植を受けて固有結界 (アンリミテッドブレードワークス) にてギルガメッシュも倒す。
・セイバー:川澄綾子
 キャスターのルールブレイカーによって士郎との契約が解除され、アーチャーを失った凛と再契約する。最後は凛をマスターとして聖杯を破壊している。
・遠坂凛:植田佳奈
 アーチャーのマスタ。しかし裏切ったアーチャーがキャスターのルールブレイカー契約を無効にした後、アーチャーに対抗するため、セイバーを再契約でサーヴァントにする。ギルガメッシュを倒すため自らの魔術刻印を士郎に移植、セイバーの助けで聖杯を破壊した。
・アーチャー:諏訪部順一
 本作の主人公とも言える存在。真名はエミヤ、つまり英霊と化した未来の士郎。叶えられない無限ループから逃れるため、キャスター側に着き、ルールブレイカーによって強制的に凛との契約を解除する。士郎との死闘の末破れたが、その後も士郎に助言を与え、甦ろうとしたギルガメッシュに止めを刺す。序盤では弓兵の名の通り弓矢の宝具(カラドボルグII)での攻撃を繰り出した。またランサーの槍(ゲイ・ボルク)に対して無敵の盾(ロー・アイアス)を使用した。
・間桐慎二:神谷浩史
 ライダーのマスターであったが、ライダーがギルガメッシュに倒され、言峰綺礼に直談判の後、ギルガメッシュのマスターとなる。凛を我が物にしようとしてランサーに突き刺され逃走、ギルガメッシュにより聖杯の核にされる。凛とセイバーにより最後は救出された。
・ライダー:浅川悠
 学校を襲ったキャスターによりあっけなく倒される。
・ギルガメッシュ:関智一
 ライダーを失った間桐慎二と契約したサーヴァント。テレビ版のように甲冑武装していない。固有結界 (アンリミテッドブレードワークス)での戦いで士郎に倒される。
・言峰綺礼:中田譲治
 ランサーのマスター。ランサーがサーヴァントを失った凛と士郎に手を貸したため、最後は令呪でランサーに自決を命じる。しかし逆に瀕死のランサーに刺し殺される。
・ランサー:神奈延年
 言峰綺礼と契約したサーヴァント。言峰が凛を聖杯の核にしようとしていたため、凛の監視を命ぜられていた。凛と士郎に手を貸したため、言峰に自決を命ぜられ自らの心臓を突き刺す。その後瀕死の状態で言峰を倒し、間桐慎二を退けて力尽きた。
・葛木宗一郎:中多和宏
 キャスターのマスター。アーチャーの攻撃に背中から剣を突きたてられて絶命する。
・キャスター:田中敦子
 葛木宗一郎と契約したサーヴァント。ルールブレイカーで一時はセイバーとアーチャーを従えて最大勢力となったが、アーチャーからの攻撃を受け葛木を庇って絶命した。テレビ版のように葛木との関係、サーヴァントとなった事情は描かれていないので最期の場面の悲哀に満ちた表情の意味がこの劇場版だけを見た人には分からない。
・アサシン:三木眞一郎
 キャスターがルール違反によって召還したサーヴァント。テレビ版と同様、セイバーに倒された。
・イリヤスフィール:門脇舞以
 バーサーカーのマスター。バーサーカーを倒したギルガメッシュに心臓をつかみ出されて死亡する。
・バーサーカー:西前忠久
 イリヤスフィールと契約したサーヴァント。セイバーと激闘を繰り返した後、アーチャーの宝具(カラドボルグII)による攻撃に一旦引く。再び対峙する前に圧倒的な攻撃を加えたギルガメッシュにより倒される。
・間桐桜:下屋則子
 本作ではストーリーに絡んでこなかった。
・藤村大河:伊藤美紀
posted by KAZU at 06:45| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション