2012年04月14日

「偽物語」(2)



★キャラクター&キャスト
 「ぬらりひょんの孫」と大違いで随分登場キャラクターの少ない作品ですね。特に今回は前作から登場しているキャラクターを除けば、新しいキャラクターは3人だけですね。

・阿良々木暦(あららぎこよみ)/神谷浩史
 本作の主人公。吸血鬼に襲われたことで不死身性を得た少年。誇張された映像ながら、火憐にも余弦にも「北斗の拳」並にボコボコにされますが、早々に回復します。

・阿良々木火憐(あららぎかれん)/喜多村英梨
 暦の大きい方の妹。中学3年生。空手の猛者。

・阿良々木月火(あららぎつきひ)/井口裕香
 暦の小さい方の妹。中学二年生。実は不死身の怪異「しでの鳥」そのもの。ホトトギス、不死鳥とも本編では呼ばれているが、一切予備知識なしだったのでストーリー展開にびっくりした。

・戦場ケ原ひたぎ/斎藤千和
 暦の恋人。髪の毛切っちゃいましたね。

・八九寺真宵/加藤英美里
 他のキャラクターが変化していっているのに、八九寺だけは変化が認められません。人でないからか?

・神原駿河/沢城みゆき
 戦場ケ原とは逆にショートだった髪の毛が伸びてます。

・千石撫子/花澤香菜
 前作からがらりと雰囲気が異なってます。外見の変化は羽川翼の方が大きいのですが、僕は撫子の方が変わったなあ、という印象が強かったです。

・羽川翼/堀江由衣
 外見が一番変化したキャラクターですね。髪型を変えた上に、眼鏡を外してます。コンタクトに変えたのかな。

・忍野忍・キスショット・アセロラオリオン・ハートアンダーブレード/坂本真綾
 かつて暦を襲った吸血鬼の成れの果て。暦の影の中に棲んでいる。暦のことを「お前様」と呼び、古風な言葉を使います。“ご母堂”って普通の会話では使わないだろ。ミスタードーナツが大好物。最終話で暦の血を吸って大きくなった忍、なかなかよかったです。

・貝木泥舟(かいきでいしゅう)/三木眞一郎
 忍野メメの大学時代の学友。戦場ケ原が蟹の怪異にとりつかれた時に騙した詐欺師の一人。怪異現象の噂を広めて金銭をだまし取っていた。羽川に噂の根源として突き止められ、火憐が乗り込むが返り討ちに。

・影縫余弦(かげぬいよづる)/白石涼子
 忍野メメの大学時代の学友。貝木、忍野を“くん”づけて呼ぶ。京都訛りで喋る不死身の怪異を専門にしている“陰陽師”。不死身の怪異そのものである月火を始末しにやってきたが、暦の捨て身の戦いに“例外”と認め、去る。

・斧乃木余接(おののきよつぎ)/早見沙織
 影縫余弦と行動を共にする童女。その正体は影縫の式神。主人の気概同様、なかなか強気なのだが、最終話ではおっきい忍にボコボコにされていた模様。「僕はキメ顔でそう言った」が口癖。
posted by KAZU at 11:44| Comment(4) | TrackBack(0) | アニメーション