2012年04月13日

「偽物語」(1)



 「偽物語」は2012年1月から放映されたアニメ作品。「化物語」の続編。原作は西尾維新の同タイトルのライトノベル。監督は新房昭之、音楽は神前暁、音楽制作はアニプレックス、制作はシャフト、製作はアニプレックス、講談社、シャフト、全11話。
 怪異にかかわった少年・阿良々木暦とその周辺を描いた「化物語」の続編です。「化物語」はゴールデンウィーク空けあたりのお話でしたが、本作は夏休みのこと。進化するキャラクターは髪を切ったりはもちろんなんですが、デザインもかなり変更されてグッと雰囲気も異なります。ただ、画の美しさは変わらずお見事でした。殊に本作のヒロインである阿良々木火憐と阿良々木月火のファイヤーシスターズの二人がアニメとは思えないくらいに可愛い(笑)。また前作では一言も発しなかった忍野忍ことキスショット・アセロラオリオン・ハートアンダーブレードが暦の影から出没しては毒舌を振るう。
 本編は「かれんビー」(7話)と「つきひフェニックス」(4話)の2本。僕は原作を読んでいないので良く知らないのだけれど、直接本編に関係のない千石撫子、八九寺真宵、神原駿河との雑談の部分が異常に多くて、特に「つきひフェニックス」の方はなかなかストーリーが展開しないで「ん?」の状態でした。終わってみれば、その雑談部分のサービスカットがすごいです。撫子がかわいい。
 テーマは偽物と本物、正義と偽善かな。「聖闘士星矢」でデスマスクが老師に吐いた言葉、「「例え悪だろうがなんだろうが、最後に勝ったものこそが正義となる。言い方を変えれば正義も負ければ悪となりうることもあるのです。」がふと頭をよぎりました。名文句ではないけれど、影縫余弦が最終回で論じたことはなかなか奥の深い内容でした。
posted by KAZU at 08:54| Comment(2) | TrackBack(0) | アニメーション