2011年10月27日

アテナ/サーシャ



 物語上の現世のアテナ。サンクチュアリに降臨するはずのアテナがイタリアに人として誕生する。兄アローン、テンマらと共に孤児院に育つが、シジフォスによって見出されサンクチュアリへ引き取られていく。テレビシリーズのアテナとは異なり貧しい幼少時代を過ごしたが、戦いに対しては積極的で第1章の冒頭でいきなり聖域に現れたスペクターがテンマに攻撃をしかけるのを牽制したり、シジフォスの魂を奪還するために自ら出向いたりと行動的で、アテナとしての自覚も強い。
 優しい穏やかなサーシャの表情もいいですが、決意に満ちたアテナの顔が特にこの第2章では際立っています。表情や行動だけでなく言葉にもそれがはっきり現れていて、声を演じた平野綾さんのシリアスな声が印象的でした。
posted by KAZU at 12:35| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション