2011年10月21日

「聖闘士星矢 THE LOST CANVAS 冥王神話」第2章その2



☆キャラクター&キャスト
 ストーリーは第1章からの続き、話数も通しになってます。キャラクターは第2章で初登場したものを中心に。黄金聖闘士ファンの僕にはやはりシジフォス、マニゴルド、エルシドをおしたいところですが、第2章の裏の主人公セージとハクレイがかっこよかったですね。

・アテナ・サーシャ/平野綾
・天馬星座のテンマ/柿原徹也
・鶴座のユズリハ/小林沙苗
・一角獣星座の耶人/阿部敦

・教皇セージ/関俊彦
 元蟹座の黄金聖闘士、ハクレイの弟。弟子・マニゴルドとともにタナトスを封印する。その結果絶命する。
・祭壇座のハクレイ/堀内賢雄
 教皇を補佐する祭壇座の白銀聖闘士、セージの兄。ヒュプノスを封印するも、ハーデスに止めを刺される。
・射手座のシジフォス/野島裕史
 ハーデスの直接攻撃で自ら射た矢を受けて魂が眠っていたが、アテナ自ら出向いて魂を救出し、覚醒する。教皇亡きあとハクレイの命によってアテナ軍を統率する。
・牡羊座のシオン/三木眞一郎
・蟹座のマニゴルド/小野大輔
 教皇セージの唯一の弟子。師匠を守って絶命したあと、魂のみがテンマに別れを告げ、教皇のマスクをシオンに託するためサンクチュアリに戻って消える。
・天秤座の童虎/三宅健太
 最終話でテンマ達をハーデスの手から逃れさせるためにハーデスに戦いを挑み倒される。
・山羊座のエルシド/中井和哉
 アテナの勅命で夢の世界へシジフォス救出に向かう。右腕を失いつつも聖剣エクスがリバーを完成させ、シジフォスが射ったアテナの力を込めた矢を瞬時に縦4つに切り裂き、同時に夢の4神を射抜いて倒すも力尽きる。
・蠍座のカルディア/遊佐浩二
・水瓶座のデジェル/平川大輔

・アローン/下野紘
 最終話でハーデスへと覚醒する。
・パンドラ/水樹奈々
 ハーデスに仕える美女、クローンをハーデスの魂に導く重要な役割を担ってますが、第2章では全くいいところがありません。
・死を司る神 タナトス/川田紳司
 教皇セージとマニゴルドとの戦いの末に封印される。
・眠りを司る神 ヒュプノス/坪井智浩
 ハクレイとの戦いの末に封印される。
・天巧星ハヌマーンのトクサ/入野自由
 ユズリハの弟でハクレイの弟子の一人。姉に家を継がせて自分が戦士となる覚悟で聖闘士を目指したが、冥王の声に不死の魂を手に入れ冥闘士となった。シオンによって倒される。
< 夢の四神>
・オネイロス/石川英郎
・イケロス/中尾隆聖
・パンタソス/釘宮理恵(女性体)・日野聡(男性体)
・モルペウス/土田大
posted by KAZU at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション