2011年09月01日

「デビルマン」 (実写劇場版)その2

☆キャスト
 この手の劇場作品はみなそうですが、キャストが豪華。ビッグネームが名を連ねる中、不動明と飛鳥了には双子の兄弟・伊崎央登と伊崎右典。主演の二人が見劣りしますね。原作の永井豪先生はカメオ出演ということでしょうが、KONISHIKIと小林幸子が何のために登場しているのか、せっかく出演するのならもう少しマシな役どころがなかったのでしょうか。

・不動明(デビルマン) / 伊崎央登
 主人公。両親を交通事故で亡くし、牧村家に引き取られる。デーモン/アモンと合体するが人の意識を残したままデビルマンとなる。
・飛鳥了(サタン) / 伊崎右典
 不動明の幼なじみ。デーモン/サタンと合体する。最強のデーモンとして暗躍、最後はデビルマン不動明を倒す。
・牧村美樹 / 酒井彩名
 牧村家の娘。デーモン狩りの暴徒に殺される。
・牧村啓介 / 宇崎竜童
 美樹の父親。農業試験場で働く。デーモン狩りの暴徒に殺される。
・牧村恵美 / 阿木燿子
 美樹の母親。デーモン狩りの暴徒に殺される。
・川本巳依子(ミーコ) / 渋谷飛鳥
 明、美樹のクラスメイト。デーモンと合体するが人の意識を失わずにいた。一旦政府のデーモン狩りに遭い拘束されるが脱走。牧村家にかくまわられる。牧村家が襲撃される原因となる。
・ススム / 染谷将太
 ミーコと同じマンションに住む子供。両親がデーモン化したためミーコと共に脱出するが、デーモンと間違われて拘束される。ミーコと共に脱走し、最後まで生き残る。
・飛鳥教授 / 本田博太郎
 飛鳥了の父親。デーモンを解放してしまい、自らもデーモンと合体して、死亡する。



・シレーヌ / 冨永愛
 デーモンの一員。アモンを愛し、アモンに会いに来るが、アモンの意識に会うことができず明を殺そうとする。サタンに制止されて立ち去る。アニメのシレーヌの方が原作に近いかな。アニメを見ているだけに華麗すぎます。

・ニュースキャスター / ボブ・サップ
・上田 / きたろう
・ジンメン / 船木誠勝
・ススムの父 / 小倉一郎
・ススムの母 / 洞口依子
・アジトに潜む巨漢のデーモン / KONISHIKI
・ミーコの隣家の女 / 小林幸子
・神父 / 永井豪


☆主題歌
 最終決戦でデビルマンがサタンに敗れ、明が息絶えた後、ミーコとススムが残された荒れ果てた大地をバックにエンディングが流れます。「牧村さんと約束した」と言ってもあの状況で生き残れるのだろうかと心配になる。水は?食料は?なんでチョウチョが飛んでる?
 曲はSPEEDのhiroこと島袋寛子が歌う「光の中で」。作詞はH.U.B.、園田凌士、作曲は松本良喜、編曲は中野定博、歌唱名義はhiro。
 手をつないで立ち上がるミーコとススムに一瞬希望の光が差すけれど、どうみても絶望的な風景。どこか憂いを含むこの曲はぴったりだといます。
posted by KAZU at 08:39| Comment(2) | TrackBack(0) | 特撮