2011年08月06日

「エスパイ」



 「エスパイ」は1974年に東宝から公開されたSFアクション映画。原作は小松左京の長編小説「エスパイ」、監督は福田純、製作は田中友幸、音楽は平尾昌晃、配給は東宝、カラー、94分。
 原作はエロチックなシーンがかなり多く散りばめられた大衆小説風のSF作品であるけれど、小松左京さんのハードな分析と描写は健在。「エスパイ」は「エスパー」(超能力者)の「スパイ」という意味で、国際的な秘密組織「エスパイ国際機構」に属する超能力者が国際的な陰謀を阻止するために戦う物語。敵側も超能力者で超能力者同士の戦いになっている。
 バルトニア首相を暗殺して世界の平和を乱そうとする超能力者のテロ集団に対してエスパイの面々が挑む。1970年代の特撮ということで、超能力そのものの場面は今から見れば拙い表現だけれど、テーマは広い意味での「愛」となっており、人間愛であったり、親子の愛であったり、男女の愛であったりと様々な形で描かれる。
エロチックなシーンは原作を忠実に再現すれば成人指定、それも相当にバイオレンス性の高いものだけに、そこはぐーっと抑えてある。キャストの割にはチープな出来で、原作ともかなり外れているので評価は高くないですね。

☆キャスト
 本編の半分以上が海外での場面(という設定)なので、外国人の登場人物も多い。
・田村良夫 / 藤岡弘
 本作の主人公、日本支部のエスパイ。
・マリア原田 / 由美かおる
 本作のヒロイン、日本支部のエスパイ。原作のマリア・トスティ。原作と異なり、当初から田村とは日本支部の仲間。
・三木次郎 / 草刈正雄
 サイコキネシスを見込まれてスカウトされた新人エスパイ。原作には登場しない。
・寺岡:睦五郎
 日本支部のエスパイ。先の三人に比して、海外にも飛ばなかったし活躍の場面が少ない。おまけに終盤はやられ役。
・法条 / 加山雄三
 エスパイ国際機構・日本支部の支部長。原作ではメンバーは全て超能力者だが、本作ではテレパシーを使っただけ。
・P・B / アンドリュー・ヒューズ
 エスパイ国際機構の代表。原作では高位の超能力者で部下への連絡はテレパシーだが、超能力を使う場面はなく連絡は電話でしてきている。
・サラバッド師 / 岡田英次
 インドの超能力者。墜落しかけたジェット旅客機をサイコキネシスで上昇させる程の大超能力者。能力を使い果たして死亡する。
・ウルロフ / 若山富三郎
 逆エスパイのボス。超能力が原因で父親を殺されたため、世界を滅ぼしてエスパー=新人類の世界を築こうとする。
・巽五郎 / 内田勝正
 逆エスパイのスナイパー。冒頭、列車の中の国連の調停委員4人を高台から狙撃する。日本でバルトニア首相を直接狙うが阻止され現場で銃殺された。
・バルトニア首相 / スティーブ・グリーン
 本作のキーパーソン。逆エスパイから命を狙われる。影武者を使っており本物はどこにいるか謎。
・ボール / 山谷初男
 情報屋。本物のバルトニア首相の居所を知っているため狙われる。
・アブドゥラ / ウィリー・ドウシー
 逆エスパー、巨漢の黒人。原作ではマリアをショーで犯し男根を田村にサイコキネシスで折られるのはバンボという別の黒人だが、本作ではマリアの唇を奪いに行ったところを田村にサイコキネシスで舌をねじ切られる。

☆主題歌
 主題歌は尾崎紀世彦の歌う「愛こそすべて」。人の超能力は愛によって発動するというのが最終的なテーマになっているのか、ラストシーンのウルロフのセリフを受けて流れる。いかにも70年代の歌謡曲という雰囲気の曲。今聞けば、SFスパイアクション映画の主題歌とは思えない。今ならもっとオシャレな曲を使うでしょうね。山口洋子作詞、平尾昌晃作曲、京健輔編曲。
posted by KAZU at 10:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 特撮