2011年07月09日

「君に届け 2ND SEASON」(1)



 「君に届け 2ND SEASON」は「君に届け」の続編として、2011年に日本テレビ、読売テレビ他で放映された学園恋愛アニメ。原作は椎名軽穂の少女漫画「君に届け」、監督は鏑木ひろ、音楽はS.E.N.S. Project、制作はProduction I.G、製作は「君に届け 2ND SEASON」製作委員会(日本テレビ、D.N.ドリームパートナーズ、バップ、集英社、Production I.G)、全13話 (episode 0〜episode 12)。
 第1期の前半が友情物語、後半がラブストーリーの序章みたいな感じでしたが、2ND SEASONでは1年生のお正月以降、2年生になったその後の爽子と風早の告白までのプロセスを描きます。前半はどんどん状況が悪くなっていくので、みている方がハラハラしましたが、後半は意外と急展開、「がんばれ爽子!」と本当に応援したくなります。ここらあたりの演出はすばらしいです。episode 0は総集編ですが、第1期の映像をつなぎ合わせただけではなくて、オリジナルの部分もあって必見。
 キャラクターは第1期とほぼ同じ、2年生で同じクラスになった三浦健人が唯一の新キャラクターであり、2ND SEASONのキーマンでもあります。北幌学校祭が終わってから、つまり爽子と風早がつきあうことになってからはキラキラシーンが随所にちりばめられて、シャイで純真なふたりがとてもかわいいです。episode 11と12は幸せいっぱいな爽子と風早を描くのと同時に、周囲の人々の描写がお見事です。あやねは作品を通していつも冷静で最後まで素敵なお姐さんでしたが、千鶴もくるみちゃんも三浦も随分成長したなと思います。第1期のトイレ事件の面子に対するくるみの態度は開き直りにも取れるけど、爽子のそれは毅然。そして、黒沼爽子を演じた能登麻美子さんのすばらしい表現力に脱帽!
(つづく)
posted by KAZU at 13:03| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション