2011年06月25日

「ぬらりひょんの孫」(3)



・ぬらりひょん / 大塚周夫
 奴良組初代総大将でリクオの祖父。息子である二代目を亡くしたため隠居していたが総大将に復活する。大妖怪らしく落ち着いた振る舞いで、妖気を完全に封じて陰陽師に対しても妖怪であることを悟らせない。隠居の身であるが実力は衰えてはいない。自ら攻撃に転じたのはムチを倒した時のみだったが、大物の貫祿を見せつけました。

・奴良若菜 / 水野理紗
 二代目の妻、リクオの母、完全なヒトです。明るい性格で妖怪に囲まれて普通に暮らしている。厨房でお皿を破るのがお約束。ちょっと若すぎない?



・雪女 / 堀江由衣
 奴良家に棲む黒髪、金色の目を持つ妖怪。リクオの側近。リクオの護衛のため人に化け及川氷麗(おいかわつらら)と名乗って学校に通う。捩目山での戦いでは牛頭丸に不覚をとったが、百鬼夜行戦では自らの目を凍らせて七人同行の夜雀の羽根を防ぎ倒す。人に化けてもあんな目をしていたらバレバレのような気がするが。

・黒羽丸 / 下野紘
 鴉天狗の長男、三羽鴉のひとり。鎧を纏っている。
  
・トサカ丸 / 入野自由
 鴉天狗の次男、三羽鴉のひとり。頭はモヒカン刈りの黄髪。

・ささ美 / 小清水亜美
 鴉天狗の長女、三羽鴉のひとり。メガネに黒髪の女性。名前ちょっとかわいそうです。せめて“笹美”とか“沙々美”とかにならなかったのか。



・青田坊 / 安元洋貴
 奴良家に棲む、僧衣を着た怪力・巨漢の妖怪。リクオの側近。人間に化けて倉田と名乗って学校に通う。七人同行の手洗い鬼と再三対峙し、百鬼夜行戦で倒す。

・黒田坊 / 鳥海浩輔
 奴良家に棲む、僧衣に黒今朝、笠をかぶった破壊僧の妖怪。夜のリクオに次いで華麗、スマート、無敵でした。

・首無 / 櫻井孝宏
 奴良家に棲む首がない男の妖怪。昼間は首にマフラー、サングラスをかけてリクオを護衛する。毛倡妓の髪をより合わせた糸を使った攻撃で七人同行の犬神の動きを封じこめた。見かけ以上に強かったです。

・毛倡妓(けじょうろう) / かかずゆみ
 奴良家に棲む女の妖怪。奴良家の台所を仕切る。後にリクオの百鬼夜行に加わり、護衛・戦闘にも参加。七人同行の鉤針女と再三戦う。

・河童 / 矢部雅史
 奴良家の屋敷の池に棲む水妖怪。後にリクオの護衛、百鬼夜行に加わる。百鬼夜行戦では七人同行の岸涯小僧を倒す。

・鴉天狗 / 間島淳司
 奴良家筆頭の妖怪。家のお目付役で役所は筆頭ながら小柄。三羽鴉の父。
posted by KAZU at 10:05| Comment(1) | TrackBack(0) | アニメーション