2010年11月30日

「絶対可憐チルドレン」(1)



 「絶対可憐チルドレン」は2008年にテレビ東京系列で放映されたSFアニメ作品。パロディと遊びをふんだんに取り入れたコメディ要素も多い作品。それでいてハードな設定とストーリーはそのお遊びを吹き飛ばしてしまうほどにシリアスな作品でもある。原作は椎名高志の同タイトルの漫画作品でその「小学生編」をアニメ化している。監督は川口敬一郎、音楽は中川幸太郎、アニメ制作はシナジーSP、製作はテレビ東京・小学館集英社プロダクション、全51話。
 1クールや2クールのアニメ作品が多い中で堂々4クールを放映、原作共々今も人気の作品。3人のチルドレンが小学校を卒業、中学入学を迎えるところで終わっているが続きを見たい気にさせるのは原作の力が大きいと思う。
 舞台は21世紀、ノーマル(普通人)の中でエスパー(超能力者)が増えてきた時代、エスパーの能力を正しい方向へ導き、ノーマルとの共存を目指そうとする内務省特務機関バベル(BABEL)に所属する、日本で3人しかいないレベル7のエスパー、「ザ・チルドレン」明石薫、野上葵、三宮紫穂が様々な事件を解決しつつ成長していく姿を描く。
 原作での主人公は「ザ・チルドレン」の現場運用主任皆本光一のようだが、アニメでは主人公という程には全面に出て来ていないようだ。普通に見ているとやはり主人公は「ザ・チルドレン」の明石薫なんでしょう。作品の対象年齢は主人公が小学生にもかかわらず結構高く、頻発するパロディもある程度の年齢がないと何のパロディかわからないし、主題も高いところに置いています。
posted by KAZU at 21:28| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション

2010年11月28日

「ゆびきり」

 久しぶりの番外編です。
 「ゆびきり」は1973年にTBS系列で放映されたファミリードラマ。当時の人気ドラマ「ありがとう」の合間を縫って放映された作品で、全13話。主演は石坂浩二さんと長山藍子さん。わずか13回だったけれど、「ありがとう」の人気を引き継いで高視聴率だったそうです。演出は橋本信也、脚本は小松君郎、制作はテレパック・TBS。
 自分のために大学を中退した夫を再び大学に行かせるために、お惣菜屋さん?(揚げ物屋さんだったか)で頑張る妻に長山藍子さん。夫に石坂浩二さん。それから大勢の子供たち(5人でしたっけ)。貧しいながらも元気に暮らす家族の物語。出演は他に上村香子、松村達雄、高野浩幸、水野哲、宝生あやこ、他。
 印象的なのはオープニング。曲のタイトルも「ゆびきり」で石坂浩二さんの作詞、作曲は佐良直美さんで、歌も佐良直美さんが歌ってます。ファミリードラマらしい優しい歌詞で、途中で石坂浩二さんと長山藍子さん、それから子供たちの掛け合いが入ります。その部分が楽しそうで、思わず頬がゆるみます。
 あちこち画像を探してみたのですが見つかりません。DVD化もされましたが、品切れ状態になっているようです。今回は当時テレビから録音した主題歌をお聞きください。

「ゆびきり」 佐良直美
posted by KAZU at 11:50| Comment(4) | TrackBack(0) | 番外編

2010年11月27日

平野綾ちゃん



 最近、記事を書く時間がなかなか確保できないくらい忙しいのですが、もちろんアニメを見る時間も少なく、なかなか雑誌を読んだりするのもできません。
 ということもあって人気声優さんのブログやツイッターをフォローし始めました。平野綾ちゃん、植田佳奈さん、水樹奈々さん、あたりは更新が頻繁で読んでいておもしろいです。
 特に平野綾ちゃんは、ハルヒの頃は若いなぁ(十代でしたからね)と思っていたらもう23歳ですか。すっかりマルチなタレントさんの仲間入りですからね。先週は「世界ふしぎ発見」の解答者で出てましたし、今日は「科学くん」。とってもハードは生活を送っているみたいです。
 写真は2年くらい前の「週刊プレイボーイ」のグラビア。涼宮ハルヒの声の主がどんな人かすごく興味があって、そのために買ったものです。平野綾ちゃんのグラビアだけ切り抜き、後は職場の後輩にあげました。
posted by KAZU at 23:38| Comment(0) | TrackBack(0) | Journal

2010年11月25日

奈々さん、2年連続紅白出場



水樹奈々さんの、二年連続紅白出場が決まりましたね。
おめでとうございます。

最近は歌の方はごぶさたしているのですが、
声の方は毎週欠かさず聞いています。
「ハートキャッチプリキュア!」の花咲つぼみ(キャアブロッサム)。

今年の大晦日はのんびりとテレビを見ながら過ごせそうなので、
紅白もゆっくり見られるかな。
posted by KAZU at 23:05| Comment(0) | TrackBack(0) | Journal

2010年11月24日

「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序」



 「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序」は2007年に公開された劇場用SFアニメ作品。ご存知テレビ版「新世紀エヴァンゲリオン」の劇場用作品。総監督・原作・脚本は庵野秀明、監督は摩砂雪・鶴巻和哉、音楽は鷺巣詩郎、カラー98分。
 製作発表での庵野秀明氏の意欲、こだわりは強く、制作側から“リメイク”という言葉は使われず、実際全ての画をテレビ版を用いずに描きなおしたというから凄い。ただストーリーや細かい描写、テレビ版にはない場面の追加、テレビ版で後半部分に出てくるシーンの前倒しなどがあるが、基本的には設定やストーリーはテレビ版とは変わらない。その意味ではリメイクだと思う。一番大きく異なるのはエヴァの形状かな。
 何度も書いているけれど、テレビ版が先で続編や外伝を描くのならばともかく、後から作る劇場版は尺の関係で各キャラクターの綿密な描写に欠けるから好きでない。本作はテレビ版で言うと第6話までのストーリーを描いているが、さすがに描き直しただけあって画がきれい。CGも取り入れられ、また描写においてリアルになっていて現実味を帯びている。ただ演出が弱いかも、テレビ版を初めて見たときのヤシマ作戦の感動は残念ながらなかった。エンドロールの後にテレビ版と同様の予告編をもってきていて、次の展開がテレビ版とは異なっていることが見て取れる。次作に期待。「エヴァ」の世界を知らない人にとっては入門作品であり、テレビ版を見た人にとっては劇場版との違いが楽しみな作品ではある。
 余談だけが、シンジを引き取ったミサトがシンジを家に連れ帰る際に寄ったコンビニが提携のローソンになっているところが目をひく。なかなか良いコマーシャルになっていたと思う。

☆キャスト
・碇ゲンドウ/立木文彦
 NERV総司令。シンジの父。
・冬月コウゾウ/清川元夢
 NERV副司令。
・葛城ミサト/三石琴乃
 NERV戦術作戦部所属、戦闘指揮官。シンジの上官。
・赤木リツコ/山口由里子
 NERV技術開発部所属。エヴァンゲリオンの開発・メンテナンスの責任者。
・碇シンジ/緒方恵美
 本作の主人公。エヴァンゲリオン初号機のパイロット。第3の少年と呼ばれる。
・綾波レイ/林原めぐみ
 エヴァンゲリオン零号機のパイロット。第1の少女。
・鈴原トウジ/関智一
 シンジ、レイのクラスメイト。
・相田ケンスケ/岩永哲哉
 シンジ、レイのクラスメイト。
・洞木ヒカリ/岩男潤子
 シンジ、レイのクラスメイト、委員長。

☆主題歌
 エンドロールで流れる曲は宇多田ヒカルの「Beautiful World」。彼女のファンでなくとも彼女の歌声であることはすぐにわかる、さすがだなぁと思う。勿論彼女の作詞・作曲・歌唱。ただちょっとびっくりするくらい平坦でおとなしい曲。テレビ版のオープニングなどに比べると使われ方が違うから、音が主張しない目的にかなった曲ではあると思うけど。
posted by KAZU at 22:48| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション

2010年11月23日

もうちゃん



 「一騎当千」南陽学院の四天王の一人、もうちゃんこと呂蒙子明。南陽四天王の紅一点で普段は強気。ウラでは純情なところが好きだけど。。。キャラクター設定がそうなっているから文句は言いませんが、なんで戦いの時にはメイド服なんでしょう。
posted by KAZU at 19:59| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション

2010年11月21日

クモジャキー



 先日たまたまNHKの「龍馬伝」を見た後で、ふと「アニメに土佐弁を喋るのがいたなぁ」と思ったのですが思い出せない。「最近聞いたはず」と息子に聞くと、息子も思い出せない。ところが急にひらめいたらしく、風呂に入っているところをドアを叩いてひとこと「砂漠の使徒のクモジャキー」。
 クモジャキーは「ハートキャッチプリキュア」に登場する敵キャラ。プリキュアに敵対する砂漠の使徒の3幹部のひとり。「〜ぜよ」とタイムリーに土佐弁を喋ります。そのせいかも知れないけれど3幹部の中では一番親しみを感じます。声を演じるのは竹本英史さん。
posted by KAZU at 12:15| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション