2010年07月03日

「山ねずみロッキーチャック」



 「山ねずみロッキーチャック」は1973年にフジテレビ系列で「カルピスまんが劇場」枠に放映されたアニメ作品。原作は米国の動物童話作家ソーントン・バージェスの「動物ものがたり」、監督は遠藤政治、音楽は宇野誠一郎、制作はズイヨー映像、製作はズイヨー映像・フジテレビ、全52話。
 初めてこの作品を見た時に“山ねずみ”って何?と思った。原作ではウッドチャック、ジリスの仲間アメリカマーモットの一種だそうだ。日本にはいない動物なんで?がついても仕方がないですね。登場する擬人化した動物たちは衣服を来ているのが特徴。原作を忠実に再現しているのか、かわいらしい子ども向けキャラの割に、メルヘン的ではなく教訓的でシリアスなエピソードが多い。僕が一番印象的で覚えているのはビーバーとの水争いの回かな。ムーミンと同じく最終回は森の仲間が冬ごもりをして物語を終えている。
 キャストはゲストを含めてかなり豪華で資料を見てみると当時の中堅声優さんがこぞって出ています。主人公ロッキー(山ねずみ)に山賀裕二、ヒロイン・ポリー(山ねずみ)に増山江威子。ピーター(うさぎ)に永井一郎、チャタラー(リス)に田の中勇、レッド(キツネ)に富山敬、バスター(クマ)に富田耕生、ジョー(カワウソ)に山田康雄、ハリー(テン)に肝付兼太、ボビー(アライグマ)にはせさん治、ボブ(ウズラ)に矢田耕司、トミー(シジュウカラ)に神谷明、ダニー(ノネズミ)に野沢雅子、スキマー(ツバメ)に井上真樹夫、他。ナレーションは麻生美代子。
 主題歌はオープニングに「緑の陽だまり」。作詞は中山千夏、作・編曲は音楽担当の宇野誠一郎、歌はミッチーとチャタラーズ。ミッチーはもちろん堀江美都子さんでチャタラーズは3人の少年。LP「歌のあゆみ1」の解説資料には“ミッチーとチャタラーズ”の写真が載っている。当時堀江美都子さんは16歳だったとのこと。曲はオープニング映像共にメルヘンチックで楽しい曲。エンディングは「ロッキーとポリー」で作詞は山元護久、作・編曲は宇野誠一郎、歌はこちらもミッチーとチャタラーズ。初回放映当時かなりレコード屋さんに通ってシングルレコードを捜したのだが、とうとう見つけることができなかった。
 1973年にLP「山ねずみロッキーチャック」が発売されて、オープニングとミッチーとチャタラーズの歌う小曲が収録されている。僕はこのLPを見たことはないのだが、1980年発売のLP「ミッチの部屋」と1983年発売の「歌のあゆみ1 少女期の想い出」にオープニング、エンディングを含めて収録されており音源は揃えている。タイトルを挙げておくと「毛」、「けっけけっけ」、「何ていうのかな」、「いい感じ」、「腹へりのタンゴ」、「とろろん」、「お願いおせーて」、「つくづく」、「あれ」、「涙」、「よかった」。いずれも中山千夏作詞、宇野誠一郎作・編曲、ミッチーとチャタラーズ歌唱。中でも「いい感じ」と「よかった」はおもしろくて好き。ただ、本当にこれらの曲が本編で使用されたかどうかは全然覚えがありません。
posted by KAZU at 08:42| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション