2010年07月02日

「けろっこデメタン」



 「けろっこデメタン」は1973年にフジテレビ系列で放映されたタツノコアニメ。企画は吉田竜夫、原作は鳥海尽三、脚本は鳥海尽三・酒井あきよし・他、音楽は越部信義、制作はタツノコプロ、製作はタツノコプロ・フジテレビ、全39話。子供向け作品ながら、いじめ、権力、地位といったものが物語の進行に大きく影響している、タツノコプロらしい主題に筋の通った作品。
 デメタンはアマガエルの子。両親の仕事のために学校に行くことができなかった。ある日、訪れた“虹のお池”でトノサマガエルの娘ラナタンに会う。デメタンはラナタンと仲良くなるが、ラナタンの父はそれを快く思わない。彼は大富豪にして虹のお池の権力者。その裏には池を支配している大ナマズがいた。ラナタンの父親の部下たちによるデメタンへのいじめ、デメタン一家とラナタン一家の争いから、虹のお池の住民たちの大ナマズへの戦いへと発展していくデメタンの成長物語。

キャラクター&キャスト
・デメタン/久松夕子

 本作の主人公、アマガエルの子。雨太郎とアマ子の子。父の作った笛を吹くのが得意。
・雨太郎/北村弘一
 アマガエル、デメタンの父。露店のおもちゃ屋を営む。オモチャ作りの職人でもある。
・アマ子/荘司美代子
 アマガエル、デメタンの母。雨太郎といっしょにオモチャ屋を営む。
・ラナタン/岡本茉莉
 トノサマガエルの娘で、ギヤ太の子。デメタンと出会ったことから父親の権力を笠に着た行動に気付き、父親の気持ちを変えさせようと努力するようになる。
・ギヤ太/富田耕生
 トノサマガエル、ラナタンの父。大富豪で虹のお池を取り仕切る権力者。
・ザリ/田中康郎
 ザリガニ、ギヤ太の子分頭。
・イボ吉/大竹宏
 イボガエル、ギヤ太の子分。
・キャール/八代駿
 カエル、ギヤ太の子分。腕力には劣るが狡賢い。
・ナレーション/北浜晴子

 この作品は画がとてもきれいなのがひとつの特長。デメタンやラナタンは勿論のこと、虹のお池の様子も丁寧に描かれている。またナレーションの雰囲気がとてもよくて、「みなしごハッチ」の前田敏子のナレーションは絶妙でしたが、北浜晴子さんのナレーションもそれに匹敵する程の名ナレーションでした。
 主題歌はオープニングに「けろっこデメタン」。作詞は丘灯至夫、作・編曲は音楽担当の越部信義、歌は堀江美都子さん。この曲はイントロから素晴らしい。僕の頭の中で「みなしごハッチ」とかぶってくるのはナレーションとオープニングのイントロ部分のせいかと思う。歌詞も物語の内容を十分にふまえた正統派の主題歌。デメタン、ラナタン、笛、虹のお池が歌詞に何度も登場する。エンディングは「まけるなデメタン」で、こちらも作詞は丘灯至夫、作・編曲は越部信義、歌は堀江美都子さん。
posted by KAZU at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション