2010年07月17日

「一騎当千 Dragon Destiny」(5)



☆サブタイトル
 サブタイトルは第1期と異なり漢字4文字(第8話だけは5文字)で表現、それも結構難しい漢語を並べてます。

1. 龍魂胎動
2. 魔王覚醒
3. 流血落涙
4. 弐龍邂逅
5. 闘士無惨
6. 伏龍逢着
7. 関羽投降
8. 小覇王散華
9. 友義滅裂
10. 公瑾流轉
11. 闘士乱戦
12. 赤壁炎上

 最後はお約束の主題歌を。オープニングは「HEART&SOUL」で作詞は稲葉エミ、作・編曲はヒロイズム&坪広志、歌は雁行真依。映像では、前半は主人公・孫策伯符を中心に南陽学院(といっても大半が呂蒙子明ですが)を描いて、後半は成都学園の面々を描いています。最後のカットはメインキャスト勢ぞろい。
 エンディングは「硝子の花」で作詞は稲葉エミ、作・編曲は前澤寛之、歌は衣織。エンディング映像は本作の裏の主人公・関羽雲長の姿を描いている。本当に誰が一体主人公なんだという感じです。僕はビデオ版を見たのですが、地上波で放映されたのはかなり修正がかかっていたとか。確かにちょっと・・・というカットがあって、エロもリアルに描きすぎると嫌悪感が走ります。
 最終話だけは本編の最後にエピローグ映像が綴られていて、各キャラクターのその後の様子が描かれているが、そのバックに本編からシームレスに孫策伯符の歌う「Get up!」が流れる。作詞は有森聡美、作・編曲は上野浩司、歌は孫策(浅野真澄)。浅野真澄さんの歌うキャラクターソングは孫策伯符らしい楽しいノリの曲ばかりで、歌もお上手。聞いていて暗いところが一寸もないです。
 他に第11話の挿入歌に母・呉栄が歌う「娘へ」。作詞は有森聡美、作・編曲はBULGE、歌は呉栄(井上喜久子)。
posted by KAZU at 07:34| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション

2010年07月16日

「一騎当千 Dragon Destiny」(4)

「一騎当千 Dragon Destiny」(4)



◎許昌学院
・司馬懿仲達(しばいちゅうたつ)/斎賀みつき

 本作の敵の影の支配者。許昌学院2年。車椅子に乗っているが実は偽装。
・曹操孟徳(そうそうもうとく)/赤城進
 許昌学院3年にして、頭首。三国時代の怨念に取りつかれており、それが暴走することを非常に恐れていた。最後に司馬懿仲達により体内の龍を覚醒させられるが、孫策伯符と劉備玄徳に倒される。
・夏侯惇元譲(かこうとんげんじょう)/阪口周平
 許昌学院3年の闘士、曹操孟徳の親友。予州学院の胡車児に含み針で左目を潰されてからは髑髏の眼帯をかけている。
・郭嘉奉孝(かくかほうこう)/藤本隆行
 許昌学院3年の闘士、策士。曹操孟徳の親友。成都学園の馬謖幼常により暗殺される。
・夏侯淵妙才(かこうえんみょうさい)/喜多村英梨
 傭兵時代に曹操孟徳と出会い助けてもらったことから、彼のために生命を賭けて戦う。第1話冒頭で呂蒙子明と龍玉を争う戦いを見せる。
・賈詡文和(かくぶんわ)/河原木志穂
 洛陽高校生。董卓の死後に許昌へ下り、郭嘉奉孝と肉体関係を結んで策士として台頭しようとした。郭嘉の死後は命運が尽きたようだ。
・張遼文遠(ちょうりょうぶんえん)/水島大宙
 許昌学院1年の闘士。郭嘉が暗殺された後に台頭。曹操信頼を得ていたが、賈詡は見下した態度で接し、賈詡の衣服を剥ぎ飛ばすシーンも。
・徐晃公明(じょこうこうめい)/遊佐浩二
 許昌学院3年、許昌三柱神の一人。
・楽進文謙(がくしんぶんけん)/河原木志穂
 許昌学院3年、許昌三柱神の紅一点。他人の心の中に入って人心を知る能力「法力伝心来」を使う。
・張郃儁乂(ちょうこうしゅんがい)/中村浩太郎
 許昌三柱神の一人。
・典韋(てんい)/高橋美佳子
 許昌学院中等部三年、ゴスロリ衣装で身をかためた闘士。呂蒙から龍玉を奪おうと襲い、一旦は大けがを負わせたが、龍の力が覚醒した呂蒙に一蹴される。

◎予州学院
・胡車児(こしゃじ)/生天目仁美

 予州学院の闘士。復讐のため曹操を襲うが、夏侯惇が割り込む。彼の左目を含み針で潰したが、親友の目を潰されたことを見た曹操が暴走、倒される。末路は描かれていなかったがあの様子では死亡したんでしょう。
posted by KAZU at 00:01| Comment(2) | TrackBack(0) | アニメーション

2010年07月15日

「一騎当千 Dragon Destiny」(3)



◎成都学園
・劉備玄徳(りゅうびげんとく)/真堂圭

 成都学園の頭首。2年生の眼鏡っ子。
・関羽雲長(かんううんちょう)/生天目仁美
 成都学園3年、成都最強の闘士。青龍刀「冷艶鋸」を常に持ち歩き、劉備を守る。
・張飛益徳(ちょうひえきとく)/茅原実里
 成都学園1年の闘士。
・趙雲子龍(ちょううんしりゅう)/浅川悠
 成都学園2年の闘士。諸葛孔明の命で動き、日本刀で劉備を守る。普段は両目を閉じたまま。
・諸葛亮孔明(しょかつりょうこうめい)/門脇舞以
 桃源院に身を寄せている成都学園中等部1年の闘士。「伏龍」と呼ばれ、最終決戦を勝利に導いた軍師。
・黄忠漢升(こうちゅうかんしょう)/三宅健太
 桃源院の闘士。大柄で僧侶の姿をしているが、すごく純情な男。
・馬謖幼常(ばしょくようじょう)/天田有希子
 成都学園1年の闘士。諸葛孔明の命により許昌学園の郭嘉奉孝を南陽学院の甘寧興覇の仕業にみせかけて暗殺した。
・司馬徽徳操(しばきとくそう)/樫井笙人
 関羽雲長から「先生」と呼ばれている、いつも木の上にいる小柄な眼鏡をかけた老人。いつも的確な助言をしていた。
・徐庶元直(じょしょげんちょく)/清川元夢
 桃源院に出向いた関羽を香をつかって幻覚に誘い込んだ桃源院の長らしき老人。
posted by KAZU at 00:03| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション

2010年07月14日

「一騎当千 Dragon Destiny」(2)



☆キャラクター&キャスト
◎南陽学院
・孫策伯符(そんさくはくふ)/浅野真澄

 本作のヒロイン。南陽学院のリーダー、2年。周瑜公瑾の幼馴染みであり、従兄弟。
・周瑜公瑾(しゅうゆこうきん)/日野聡
 本作の主人公の一人であるが、第2期では殆ど物語にかかわるような活躍はなかった。南陽学院2年、南陽四天王の一人。
・呂蒙子明(りょもうしめい)/甲斐田裕子
 南陽学院3年、南陽四天王の一人。戦いの時にはメイド服を着るのがお約束。
・左慈元放(さじ げんぽう)/遊佐浩二
 南陽学院3年、南陽四天王の一人。本名は王允子師。
・楽就(がくしゅう)/飯島肇
 南陽学院3年、南陽四天王の一人。
・呉栄(ごえい)/井上喜久子
 孫策伯符の母。戦う姿は見せてくれなかったが、伯符がてこずった相手を難なく片づけた実力者。
・張絋子綱(ちょうこうしこう)/佐藤次郎
 孫家に仕える老爺。于吉や陸遜伯言の師。伯符の体内に眠る水龍の覚醒に力を尽くす。
・陸遜伯言(りくそん はくげん)/高橋美佳子
 南陽学院中等部3年の闘士、張絋子綱の弟子。語尾に「〜ぞね」を付けて話す眼鏡の少女。
・于吉(うきつ)/小林由美子
 呉郡高校のリーダー、張絋子綱の弟子。張絋子綱の命により伯符の龍を覚醒・制御するのに力を尽くすが、そのために命を落とす。
posted by KAZU at 00:03| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション

2010年07月13日

「一騎当千 Dragon Destiny」(1)



 「一騎当千 Dragon Destiny」は2007年にAT-X及び独立UHF系で放映された格闘アニメ。「一騎当千」(2003年)の第2期作品。原作は塩崎雄二の漫画「一騎当千」、監督は大畑晃一、キャラクターデザイン・総作画監督はりんしん、アニメ制作はアームス、全12話。第1期作品から4年と年月が流れていることもあり、またアニメ制作会社も監督も異なることから、作風も第1期とは異なる。キャラクターは第1期を引き継いではいるものの微妙に違いが見られ、作風では「北斗の拳」並の超常的な描写が増えている。例えば高層建築からの飛び下り、逆に空中への飛翔、超能力的な描写など。「巨人の星」の演出的な効果ではなくて、はっきりとした事実として描かれているのでSFっぽいところがあるが、賛否の分かれるところ。また声優さんの交代もあって第1期とこのDDを続けて見ると違和感がある。特に左慈元放は第1期の方がよかったなぁ。
 第1話の冒頭でいきなり呂蒙子明が香港へ行き龍玉を日本へ持ち帰るシーンから始まる。第1期に比べると物語の構図がわかりやすく、人物が初登場するときには所属と名前がテロップで入れられおり、第1期を見ていない人にも親切。許昌学院と成都学園・南陽学院との戦いを「龍」、「魔王」を絡めて描く。本来の主人公である南陽学院・孫策伯符よりも成都学園や関羽雲長を描いている場面の方が多くて、孫策が登場するのは第3話から。全体を通して成都学園の物語になっている。
posted by KAZU at 00:03| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション

2010年07月12日

009/島村ジョー



 「サイボーグ009」のゼロゼロナンバー9番、本作品の主人公。日本人の母と外国人の父の間に生まれる。00ナンバーの中では最後に改造されたために、全身の殆どがメカであり基本的な能力も高い。戦闘服は第1作では一人だけ白。奥歯がスイッチになっている加速装置を装備。TV第1作では高速で走る程度に描かれていたが第2作、第3作では原作に近い瞬間移動的な表現で描かれている。特に第3作では加速中には持っている物が燃えたり、音が聞こえないなどの状況が描かれ、いかに速く動いているかがわかる。第3作の33話「結晶時間」では加速装置が切れなくなり009は一人孤独な時間を過ごす。加速装置はそれを自由に入切るすることによって、初めてその力を発揮することができるということ。この短編も切なくて好きな一話です。
 少年時代から改造されるまでの経緯は各作品によってかなり異なっている。第1作では劇場版の設定を引き継いでレーサーでレース中の事故で搬送中に拉致されているが、意外とこの話が一人歩きしていて僕はずっとそうだと思っていた。原作は違うらしいですね。第2作では少年院から脱走して拉致されており、第3作では神父様(育ての親)を殺した犯人として警察に追われているところを拉致されている。性格は穏やかで情け深い。まずは話し合い、説得を試みる場面が多い。非情なヒーローを好む僕にしてみると、全然ヒーローらしくなくて好きになれない。声の担当はTV第1作は田中雪弥、第2作は井上和彦、第3作は櫻井孝宏。
posted by KAZU at 06:53| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション

2010年07月11日

008/ピュンマ



 「サイボーグ009」のゼロゼロナンバー8番、アフリカ出身の黒人青年。007は別として、第1作、第2作、第3作と作品ごとにキャラクターデザインが異なる。丸顔で髪の毛は短く、唇は厚い。人工皮膚に覆われ、両足から水流を噴射して水中を移動する。第3作では鱗状の肌に再改造されるシーンが見られる。TV第1作では登場回数が非常に少なかった。後のシリーズでもバックアップが主な役割で地味な存在。第3作では架空のアフリカの祖国ムアンバ共和国の独立解放運動組織のゲリラ戦闘員であり、ブラックゴーストに拉致され改造される経緯が描かれている。そういう意味では00ナンバー内では唯一の戦闘のプロ。声の担当はTV第1作は野田圭一、第2作は戸谷公次、第3作は岩田光央。
posted by KAZU at 00:03| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション