2010年04月24日

「雫」



 「しずく」というタイトルのアニメ主題歌というと1999年のアニメ「GTO」のエンディング、奥田美和子さんの歌う「しずく」を思い浮かべます。「GTO」そのものが異色のアニメであり、ゴールデンタイムに放映された割にはバイオレンス要素も性的表現も多かったですが、主題歌もなかなか聞き応えがありました。もちろんCDも持っています。
 さて今回ご紹介するのはその「しずく」ではなくてNHKアニメ「獣の奏者エリン」のオープニング。アニメは2009年の放映で、総集編が2010年に放映され、バージョンは別としてその全話において使用されたので耳にされた方も多いと思います。作詞、作曲、編曲ともに大橋卓弥・常田真太郎(スキマスイッチ)、歌はスキマスイッチ。アニメオリジナルではなくてタイアップ曲だそうで、2008年には発表されていた楽曲とのこと。それでいて物語の雰囲気にぴたったり、何と言っても王獣が飛ぶイメージに自然とはまって、挿入歌としても使用されています。歌詞も秀逸で、時間的日常は無機的に繰り返されるけれど、心の日常は有機的で単純に繰り返してはくれないことを、“夜光虫”なんて意表を付く言葉を使って表現しています。
 余談になりますが、僕の中では作品の作画の雰囲気が同じくNHKアニメ「太陽の子エステバン」と重なるところがあって、ふとパルの歌う「冒険者たち」(作詞:阿久悠、作曲:大野克夫)を思い浮かべたり。

背中にあった翼は君と共に無くした
飛べた頃の記憶は擦り傷の様には消えてくれない

月が丘を行く 夜光虫を引き連れて
手付かずの一日が何も言わずに終わっていく

僕が居なくても地球は回り続ける
君が居ないなら僕の朝はもうやってこない
posted by KAZU at 10:48| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション