2010年04月19日

「夏目友人帳」



 「夏目友人帳」は2008年にテレビ東京系列にて放映されたファンタジーアニメ作品。原作は緑川ゆきの同タイトルの漫画、監督は大森貴弘、音楽は吉森信、制作はNAS、製作は「夏目友人帳」製作委員会、全13話。人にあらざる物、常人には見えないものを扱った作品として「蟲師」があるが、「蟲師」は作画を含めてハイレベルで到底太刀打ちはできないものの、主人公が高校生で、妖(あやかし)に接する主人公の温かい心に人気は高かった。ただ、妖怪たちのデザインが漫画チックなのがご愛嬌か。

☆キャラクター/キャスト
○夏目レイコ/小林沙苗

 主人公・夏目貴志の祖母。強い妖力を持ち、妖怪を見ることができる他、御祓い(浄化)の能力も強く、妖怪たちをまかして、その名前を「友人帳」に書き記した。「友人帳」に名を記された妖怪はその命令を聞き入れねばならず、妖怪イジメをするスケバン姉ちゃん。若くして亡くなる。
○夏目貴志/神谷浩史
 本作の主人公でレイコの孫、高校2年生。赤ん坊の時に両親を失う。妖怪を見る能力を持っており、祖母の遺品として「友人帳」を受け継ぐ。親戚をたらい回しにされる生活を続けてきたが、その能力故に気味悪がられるも、遠縁の藤原家に引き取られる。「友人帳」の力を知りそれを奪いにくる妖怪と名前を返してもらいにくる妖怪たちに日々追われる生活をしている。
○斑(まだら)/井上和彦
 招き猫に封印されていたが、貴志が結界を切ってしまったことにより解放される。最初は「友人帳」を狙うが、貴志の死後に「友人帳」を譲り受けることを条件に用心棒となる。貴志に「先生」と呼ぶことを求め、普段の猫の姿から「ニャンコ先生」と呼ばれる。本性は巨大な獣の姿をした上級の妖怪。
○田沼要/堀江一眞
 貴志の同級生、もの静かな少年。八ツ原の寺に引っ越してきた住職の息子。妖怪を見る能力はないが感じることができる。
○藤原塔子/伊藤美紀
 貴志の父方の遠縁。血縁のない貴志を引き取った藤原滋の妻。
○藤原滋/伊藤栄次
 貴志の父方の遠縁。血縁はないが身寄りのない貴志を引き取る。
○北本篤史/菅沼久義
 貴志のクラスメイト。
○西村悟/木村良平
 貴志のクラスメイト。
○笹田純/沢城みゆき
 貴志のクラスメイトで、学級委員長、眼鏡の少女。
○名取周一/石田彰
 貴志と同様に妖怪を見ることができる若き俳優。裏稼業として妖祓いをしている。体にヤモリの形の妖が取りついており、痣として体の上を動く。

 主題歌は「友人帳」の名前を妖怪に返すというのが大筋ながら一話完結のストーリー、敵キャラのない穏やかな物語にふさわしい、昼寝・転た寝、日向ぼっこを思わせる音楽です。オープニングに「一斉の声」。作詞は椎名慶治、作曲はTAKUYA、編曲はTAKUYA・h-wonder、歌は喜多修平。エンディングは「夏夕空」で作詞・作曲は江崎とし子、編曲は羽毛田丈史、歌は中孝介。
posted by KAZU at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション