2010年04月12日

「灼眼のシャナ」OVA



 「灼眼のシャナ」OVA(特別編)はテレビシリーズ第1期が終了後、2006年12月に発売された番外編の1作品。キャストや制作スタッフはテレビ第1期とほぼ同じメンバーによって構成されている。25分の小作品。
 時系列的にはテレビシリーズ第1期第13話の後、冒頭で「愛染の兄妹がシャナに討滅されてからカムシンが来るまでのほんの僅かな間、夏休みを間近に控えた出来事だった。」と悠二が述べているように、夏休み前に行われた校外学習での緒方真竹が恋に妄想しつつ暴走を繰り返す物語。サブタイトルは「恋と温泉の校外学習!」。オープニングはテレビシリーズ第1期と全く同じ。紅世の徒は登場せず、戦闘シーンもまったくない、学園生活を描いている。
 真竹の暴走ぶりが実に彼女らしく見事で、他の生徒達の性格もテレビシリーズを裏付けるように細かく描かれていておもしろい。極めつけはエンディングでしょうか。テレビシリーズの構図をほぼそのままにシャナの代わりに真竹が登場する。キャストもトップが真竹、次がシャナ、悠二と続く。
 主題歌はテレビシリーズ第1期前半と同じ、オープニングに「緋色の空」(作詞:川田まみ、作・編曲:中沢伴行、歌唱:川田まみ)、エンディングは「夜明け生まれ来る少女」(作詞:高橋洋子、作・編曲:大森俊之、歌唱:高橋洋子)。
posted by KAZU at 00:05| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション