2010年01月10日

「カオス;ヘッド -CHAOS;HEAD-」(4)



 ゲーム系アニメ全般について言えることだと思いますが、世界観や設定までもが謎解きのような形になっているものが多くて、この「カオス;ヘッド」も物語の筋を理解するまで大変時間がかかりました。第6話にしてやっと読めてきました。1クールの作品だけに描き込みが足らない気もします。最後の2話は急ぎ過ぎの感が否めません。6人のギガロマニアックスの少女たちは個性的に描けていて良かったですが。

☆主題歌
 オープニングは「F.D.D.」。オープニングにしてはちょっとインパクトに欠けると思いますがいかがでしょう。ゲームの方を楽しんでおられる方には意味あるオープニング映像かと思いますが、やや本編の内容からかけ離れています。作詞・作曲は志倉千代丸、編曲は磯江俊道、歌はいとうかなこ。
 対してエンディングは「Super Special」。オープニングをはるかに凌駕する素晴らしい楽曲。作詞・歌唱は加賀美セイラ、作曲は駒場雅信・Koichi MAKAI、編曲はTakashi Ikezawa。
 さてこの作品もメインキャラにバンドボーカルがいて劇中のライブで歌っています。「ファンタズム」のボーカルFESこと岸本あやせ(声優は榊原ゆい)。中でもCDにシングルカットされた「磔のミサ」は第1話、第3話、第11話で使用されており、歌詞の内容が“ニュージェネ第3の事件”を予言した内容だと言われ、あやせが警察からマークされる原因となっています。作詞は志倉千代丸、作曲は林達志、歌は榊原ゆい。同CDにカップリングされている「遥かなるイディヨナ」は第3話でファンタズムのライブで歌われた曲。こちらも作詞は志倉千代丸、作曲は林達志、歌は榊原ゆい。
posted by KAZU at 09:32| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション