2009年06月17日

「らき☆すたOVA」



 「らき☆すたOVA」(らき☆すた オリジナルなビジュアルとアニメーション)は2008年9月に発売された京都アニメーション制作のオリジナル作品。解説によるとテレビシリーズは制作されなかった短編エピソードと実写版らっきー☆ちゃんねるを収録したオムニバス作品で、原作を知っている人は別として設定などの背景解説にあたる部分が全くないので、テレビ版アニメを視聴していないとおもしろくない。発売元は角川書店、制作は京都アニメーション、製作はらっきー☆ぱらだいす2008(角川書店、京都アニメーション、角川映画、クロックワークス、ランティス)となっている。冒頭部分に次々と各社クレジット表示がでてなかなか本編始まりません。
 本編は7つの短編と実写版「らっきー☆ちゃんねる」からなり、タイトルバックはなくて、全編再生するとシームレスに7編が流れます。DVDのチャプターのメニューにはタイトルが付けられており、(1)「チェリーちゃんの一日のはじまりとおわり」、(2)「ネットゲーにはまる人たち」、(3)「ぶとうかいに渋々でかけていくかがみ」、(4)「バレーボールでお姉ちゃんと対決!」、(5)「道に迷った4人」、(6)「ペットショップでの不可思議な出来事」、(7)「アニメ店長」となっている。もともとストーリー性が高い作品ではないので、各話全く関連なく、これといった筋もなく進みます。
 「チェリーちゃんの一日のはじまりとおわり」はゆたかのクラスメイトみなみの飼い犬チェリーと主要登場人物との反応の微妙な違いを楽しく描いています。「ネットゲーにはまる人たち」はこなたと黒井先生のネットゲーの世界にかがみとつかさが参入してボケをかます小話。「ぶとうかいに渋々でかけていくかがみ」では夜中の十二時まで魔法使いでいられるこなたと魔法使いの力をかりて渋々舞踏会に出かけるかがみ。魔法が解ける前に帰宅を促すかがみだったが帰宅途中に時間が来てしまい・・・。夢落ちです。「バレーボールでお姉ちゃんと対決!」はかがみとつかさがネットをはさんで対決。つかさが偉大な姉に挑みます。やっぱりお姉ちゃんにはかなわない・・・。「道に迷った4人」は学校の活動でキャンプ場へ出かけたこなた、かがみ、つかさ、みゆきの4人が道に迷い夜遅くにキャンプ場へ到着するという話。みゆきがお母さんに語って聞かせる額縁小説風ショート。「ペットショップでの不可思議な出来事」はこなたが嫌がるかがみを説き伏せて新しいペットショップへ出かける。そこで見せられた「ペコポンで最も珍しいカエル」の声“ゲーロゲロゲロ、ターマタマタマ”を聞く内に4人がカエルに変身してしまうというパロディ作品。「アニメ店長」はネットゲーの画面で“店長”が伝説の少女Aに出会うが全く無視され自滅する、独語の世界。「らっきー☆ちゃんねる」(実写版)は文字通り小神あきら(今野宏美)と白石みのる(白石稔)がアニメの設定よろしく実写で繰り広げる「らっきー☆ちゃんねる」。
 感動のストーリーではありませんが、気楽に笑い飛ばすには良き作品かも。
posted by KAZU at 08:50| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション

2009年06月16日

Desktop



先週後半から今週にかけて更新が滞ってます。
日曜日に高校の同期の同窓会で、
かつ幹事の一人だったので何かと忙しかったです。

今職場のパソコンの壁紙も「けいおん!」です。
携帯も「けいおん!」。
しばらくこれで行こうと思います。
しかし、1クールで終了ですか、残念です。
posted by KAZU at 17:16| Comment(0) | TrackBack(0) | Journal

2009年06月11日

「Get the Door」



 先日は少し古いオリジナルビデオアニメ「ザナドゥ」をご紹介しましたが、実はこれを思い出したのは現在放映中の「クイーンズブレード 流浪の戦士」を見たから。何か通じるところがあるんですね。現在放映中なので詳しくは書きませんが、ゲームを原作とするアニメで登場人物の大半が女性。おまけに露出度が高く、裸のシーンも多いものです。その過激さは僕にしてみたら色気を感じることはなくて、どちらかというと嫌悪を感じるくらい。それでも見てしまうのはストーリーがハードなこととキャラクターが個性的で魅力的なところ。声優さんも平野綾ちゃんをはじめ、人気声優さんが参加しています。
 オープニングが「Get the Door」で木本慶子作詞、林達志作・編曲、歌は大橋利恵。ハードなストーリーにはやや合わないメルヘンチックな曲想なんですが、透明感あふれる声はなかなか聞き応えがあります。オープニングアニメーションも主人公レイナと武者巫女トモエの戦いを中心に、メインキャラクターがほぼ顔を揃えます。中身はともかくオープニングはおすすめ。
posted by KAZU at 12:42| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション

2009年06月08日

「超音戦士ボーグマン」その2



☆キャスト
響リョウ/松本保典
チャック・スェーガー/井上和彦(大滝進矢)
アニス・ファーム/鷹森淑乃
メモリー・ジーン/勝生真沙子
ダスト・ジード/山寺宏一
桂美姫 ー/松井菜桜子
チャーリー・バーガー署長/藤本譲
織田シンジ/小粥よう子
モーリー・ラングォルド/神代智恵
郷田乱童/桜井敏治
桃木亨/渡辺久美子
フリッツ・K・リデル/堀内賢雄
ギルバート・メッシュ/銀河万丈
フェルミナ/松岡洋子
ウォンゴット/藤本譲
ケルベルス/島香裕
ヴェーダ/塩屋浩三
ロードサンダー/山寺宏一
ナレーション/大滝進矢

★主題歌
 前期オープニングは「D'ONT LOOK BACK」。今ではアニメソングの音楽的ジャンルは民謡からロックまで何でもありだが、この時期としては斬新なヘビメタ調で、すごく乗りの良い曲。僕もすぐにレコードを買った。西田昌史作詞、石原慎一郎作曲、編曲と歌はEARTHSHAKER。前期のエンディングは「FOREVER」、こちらはのびやかなバラード調。西田昌史作詞、永川敏郎作曲、編曲・歌は同じくEARTHSHAKER。
 前期の「DON'T LOOK BACK」が余りに素晴らしかったので、後期に主題歌が変更された直後はすごく不満だったが、後期のオープニング「夜をぶっ飛ばせ」も聞く内に引き込まれた曲。作詞は柴山俊之、作・編曲はMarcy、歌はMarcyと寺田恵子のユニットによるHIP'S。MarcyはEARTHSHAKERのヴォーカリストであり、寺田恵子は女性ロックバンドSHOW-YAのヴォーカリスト。後期エンディングは「TENDER」。基本的に前期の曲想を踏襲している。作詞は寺田恵子、作曲はMarcy、編曲は西村麻聡、歌はHIP'S。
posted by KAZU at 00:09| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション

2009年06月07日

「超音戦士ボーグマン」その1



 「超音戦士ボーグマン」は1988年に日本テレビ系で放映されたSFアニメ。1980年代オリジナルアニメがどんどん減少していく時期にあって、オリジナルアニメの砦を守って階調に飛ばした作品。主題歌はまだレコードの時代でLD化されたものの、一部コアなファンには人気が高かったが、やはり一般的には人気は今ひとつだったという面がある。後にオリジナルビデオが製作されているが、本編はDVD化されていない。企画・製作は日本テレビ、製作は読売広告社、東宝株式会社、葦プロダクション。著作制作は日本テレビ、東宝株式会社、全35話。概要は過去記事を参照。
★キャラクター
・メモリー・ジーン
 タイトルになっている「ボーグマン」が主人公ながら、物語の主役はメモリー・ジーンかな。若き天才科学者で、妖魔との戦いのために「サイソニック学園」の地下に基地を建設、平時はサイソニック学園の校長であるが妖魔出現に際してはボーグマンの指揮、戦闘サポートを行う。沈着冷静で、非情に見えるがところどころで優しい穏やかなところも見せる。今で言うところのツンデレキャラ。
・響リョウ
 青いバルテクターを装着する響リョウはサイソニック学園の国語教師。宇宙飛行士になるためにサイボーグになる。人工知能搭載の武装バイク・ロードサンダーと共に戦う。
・チャック・スェーガー
 緑のバルテクターを装着するのがチャック・スェーガー。サイソニック学園の体育教師。
・アニス・ファーム
 赤いバルテクターを装着するのがアニス・ファーム。サイソニック学園の音楽・数学教師。妖魔襲撃の最に重傷を負いサイボーグとなる。メモリーの指揮下のこの3人が主人公。
・桂美姫
 警察組織の対妖魔特殊部隊“ファントムSWAT”のリーダー。ボーグマンのような民間組織ではなく公的組織の対妖魔部隊としてプライドが高い。プロテクターを装着しているがサイボーグではないため、ボーグマンに助けられることもしばしばだった。
・チャーリー・バーガー警察署長
 メガロシティ警察の署長。妖魔にかかわる事件で度々酷い目に遭う。後にボーグマンの正体を知ってからは良き理解者となる。
・フリッツ・K・リデル
 メモリーや後に妖魔の首領となるメッシュと共に研究を積んだ人物。メモリーを愛し、メモリーに危険が及ぶのを避けるために「ボーグマン計画」に反対、ソニックシステムの実用化も拒否していた。メモリーをかばって死亡する。
・織田シンジ
 サイソニック学園の生徒。ボーグマンの正体が先生であることを一番初めに知った人物。
・モーリー・ラングォルド
 サイソニック学園の生徒で、学園のアイドル。リョウ先生が大好き。
・郷田乱童
 サイソニック学園の生徒で乱暴者。
・桃木亨
 サイソニック学園の生徒で、臆病者。
・ダスト・ジード
 妖魔の戦士にして、最強のクロイプロテクターを装着する。正体はメモリーの事故死した弟レミニス・ジーンの脳を持つサイボーグ。
・ギルバート・メッシュ
 妖魔結社の首領。メモリーと共に「ボーグマン計画」の研究を行っていた科学者の一人。妖魔の力に取りつかれ、妖魔結社を作り、最後は自ら妖魔王復活のための生贄となった。
・フェルミナ
 天才医師にして、妖魔人を指揮する妖魔結社の3神官の一人。最後は仲間に粛清され死亡。
・ウォンゴット
 天才発明家しにして、妖魔機械を指揮する妖魔結社3神官の一人。最後は仲間に粛清され死亡。
・ケルベルス
 天才科学者にして、妖魔獣を指揮する妖魔結社3神官の一人。最後は自らが妖魔獣人となるが敗れる。
・ヴェーダ
 妖魔の長老で、妖魔王の遣い。
posted by KAZU at 09:49| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション

2009年06月06日

「ばくはつ五郎」



 「ばくはつ五郎」は1970年にTBS軽で放映された学園アニメ。原作は辻なおきの漫画「ばくはつ大将」で、アニメ制作はTCJ、製作はTBS、全26話。
 60年代にあった「ハリスの旋風」のような泥臭い学園アニメではなくて、ちょっと型破りなところはあるが、70年代に入ってさわやかな感じのする学園ドラマアニメ。なんとなく設定が「ハリスの旋風」に似たところがある。主人公の大石五郎はスポーツ万能で色々な運動部に入って活躍し、運動神経抜群なところを披露する。舞台は青空学園中学で、大石五郎は2年生の時に転校してくる。新聞部の輪島一平に出会い、彼に誘われて新聞部に入部することになるのだが、運動部を取材する内に各部の悩みを聞いたり、やる気の無さを忠告したり、技術の未熟さに苦言を呈したり、ある時は進んで、ある時は強引にその部に一時入部して活躍する。“ばくはつ”と題しているように熱くなりすぎて毎回爆発して、拳に訴えることもあるが、素直でカラッとした性格故にじめじめしたところのない青春ドラマになっている。新聞部の部長・三枝まゆみが五郎以上に男っぽい性格 (性格が男っぽいだけでかわいい子です) で新聞部を引っ張っている。またガリ版が主流の学校現場、新聞部といえばガリ版で、ガリを切っていた世代には懐かしいシーンもある。放送当時はSFものに興味が集中していたせいもあって、見るには見ていたものの、余り記憶に残っていない。

★キャスト
大石五郎/中山輝夫
三枝まゆみ/杉山佳寿子
輪島一平/小宮山清
兵藤大介/上田敏也
荒熊/細井重之
鬼丸/矢田耕司
荻野ユリ/栗葉子
赤原教頭/納谷悟朗

 主題歌はオープニングに作品タイトルと同じく「ばくはつ五郎」。橋本淳作詞、和田昭治作・編曲、歌はザ・ワンダース。男声ユニットのザ・ワンダーズの歌声が作品のイメージ同様にさわやかな曲。

ワン・ツー・スリー・フォー ストップ! ストップ!
ワン・ツー・スリー・フォー ストップ! ストップ!
・・・・・・・・・・・・・
ばくはつ五郎は ばくはつ五郎は
いかしているんだよ

 エンディングは「涙はともだち」。オープニングと同じく橋本淳作詞、和田昭治作・編曲、歌はザ・ワンダース。
posted by KAZU at 18:49| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション

2009年06月05日

釈由美子さん



 先日ふと手にした雑誌。表紙が釈由美子さんでした。グラビアアイドル時代の釈さんは人気はありましたが、僕的には随分細い女の子で余り魅力を感じませんでした。テレビのバラエティ番組に出演するようになり、やがて俳優中心のお仕事になってがらりとイメージが変わりました。やっぱり「ゴジラ×メカゴジラ」の家城茜でしょう。
 俳優業に転向して余り間もない頃の主役作品ですから演技を見ていて「うまい!」というような場面はないですが、頑張っているという姿勢がすごく伝わってきて、そういう意味で名演だと思います。「ゴジラ×モスラ×メカゴジラ」ではちょろっとだけした登場しませんでしたが、あの作品では特自二尉・29歳の設定。ご本人は1978年生まれということですからもう三十代じゃないですか。ちょっとびっくりしました。
posted by KAZU at 08:19| Comment(0) | TrackBack(0) | Journal