2009年02月27日

“雪女”と書いて“ゆきめ”



 “ゆきめ”は「地獄先生ぬ〜べ〜」に登場する人気キャラ。雪女というと岩手県の有名妖怪で、ゆきめも岩手出身らしい。まだ幼い頃に猟師に撃たれるところをぬ〜べ〜に助けられたことから、激しく惚れ込み、片思いながら「ぬ〜べ〜のフィアンセ」を自称、童守町へおしかける。このことから山の神に裏切り者として扱われ、ぬ〜べ〜の告白を受けた直後、その腕の中で死亡(消失)してしまう。広、郷子、美樹のレギュラーキャラ以上に人気が高くて、山の神の力で冷酷な雪女として復活、その直後はぬ〜べ〜と戦うも、ぬ〜べ〜の鬼の手によって記憶を取り戻す。テレビシリーズでは男性キャラでは玉藻、女性キャラではゆきめと評されるほどの人気キャラクターとなっている。
 「ドロロンえん魔くん」のユキコ姫にしても、このゆきめにしても、なぜか雪女は同じような性格の持ち主。最後はハッピーエンドになっているし。声を演じたのは白鳥由里さん。
posted by KAZU at 12:08| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション