2009年02月17日

「プロレスの星 アステカイザー」



 「プロレスの星 アステカイザー」は1976年にNET(テレビ朝日)系列で放映されたプロレスを題材にした特撮テレビ番組。原作は永井豪・石川賢、ダイナミック企画が企画して、円谷プロが制作した異色作品。製作はNET、円谷プロダクション、萬年社、製作協力に新日本プロレス、音楽担当は津島利章、全26話。
 新日本プロレスの全面協力の下に作られた作品で、第1話でアントニオ猪木が実名(本人役)で登場していたのが印象的。他にレフリーのミスター高橋、リングアナ倍賞鉄夫、新日本プロレスのレスラーが登場しているとのこと。実名でプロレスラーが登場するのは何と言っても「タイガーマスク」が有名だが、「タイガーマスク」はアニメ、特撮では多分最初で最後の作品では。もうひとつの特徴は敵がサイボーグレスラーということもあり、「カイザー・イン!」の掛け声でバトルの場面がアニメに変わること。必殺技を繰り出して敵を叩き伏せた後は再び実写バージョンに戻る。
 速水博士は南米の遺跡でアステカの秘宝“アステカの星”を発掘することに成功する。博士は秘宝を日本に持ち帰るが、裏の世界で暗躍する悪の格闘軍団であるブラックミストがその秘宝を狙って日本マット界に挑戦してくる。日本チャンピオンの鷹羽大二郎はブラックミストの首領サタン・デモンの挑戦を受ける。デモンの執拗な凶器攻撃にもめげず互角の戦いを繰り広げ、その挑戦を退ける鷹羽大二郎であったが、そのダメージは大きく試合後死亡する。博士は再び襲ってくるであろうブラックミストに対抗するために鷹羽大二郎の弟・鷹羽俊に強化スーツとアステカの星を埋め込んだマスクを与え、正義の仮面プロレスラー“アステカイザー”としてブラックミストの送り込むサイボーグレスラーと戦わせる。
posted by KAZU at 12:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 特撮