2008年11月25日

「神の園〜Del regno〜」



 「聖闘士星矢/冥王ハーデスエリシオン編」のエンディング曲。歌詞の内容はアケローン河の上流、レーテ河のほとりにあるという、冥王ハーデスが作り上げた楽園“エリシオン”を歌った賛美歌。エリシオンを究極の楽園・聖地として描いていて、「痛み悩み苦しみさえ すべてから解き放たれる」と歌っている。普通は天国に対して使うような賛美の言葉の数々を冥界にある楽園に対して使っている。ハーデス=闇であるはずなのに「なぜ?」と言いたくなる。美しいメロディに透き通った石橋優子さんの歌声が素晴らしい。エンディング映像は本編の映像をフレームにダイジェストで流す形を取っており、曲の内容とは一致していない。「聖闘士星矢 THE HADES 冥王ハーデス編スペシャルアルバム」に収録。

[[youtube:H7h5giN1xL4&hl=ja&fs=1]]
posted by KAZU at 08:23| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション