2008年11月23日

「聖闘士星矢/冥王ハーデスエリシオン編」(3)



 第3話・第4話ではタナトスと青銅聖闘士たちの戦いが描かれる。エリシオンへ入り込んだ星矢はペガサス彗星拳でタナトスにかすり傷をつける。そのため逆上したタナトスは魔鈴が見つけ出した星矢の姉・星華を殺そうとする。聖域に残った青銅聖闘士たちと魔鈴、シャイナ、貴鬼は懸命に星華を守る。その姿を見せつけられた星矢がタナトスに食らいつく。瞬が、紫龍が、氷河が倒され、一輝の鳳翼天翔がタナトスのマスクを破壊したが全く通用しない。聖衣も破壊されて為す術ない星矢たちにジュリアン・ソロの体内に降臨した海神ポセイドンはサジタリウス、アクエリアス、レオ、バルゴ、ライブラの黄金聖衣を超次元を越えてエリシオンまで送る。黄金聖衣を装着した5人だったが、渾身の拳も通用せずタナトスの強大な力は黄金聖衣も粉々に砕いてしまう。絶望のどん底に陥れられた星矢にアテナの声が届く。その呼びかけに応えた星矢の声が星華の記憶を甦らせる。アテナの血によって伝説の神聖衣、ペガサスのゴッドクロスが出現、星矢はタナトスを倒し、アテナの聖衣を持ってハーデス神殿に急ぐ。
 かなり駆け足の展開。見どころは星華を守る地上の聖闘士の活躍、黄金聖衣が超次元を越えて飛来し星矢たちに装着するところ、そして神聖衣の出現。圧倒的なタナトスの力をも凌ぐペガサスのゴッドクロスを纏った星矢の拳にヒュプノスの敗北も見えてくる。

posted by KAZU at 18:02| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション