2008年11月15日

「いつわりの微笑」



 「いつわりの微笑」は1976年にNHK少年ドラマシリーズで放映された青春ドラマ。主演は若き池上季実子さん。確か全20話の大作で、青春ドラマと言われるものの主人公を取り巻く環境は一般的ではなく、母(育ての母)と思っていた人は実は実母の姉で、叔母と思っていた人が実母、育ての母の死、故郷の北海道から東京の実母の元への引っ越し、実母は女優で“母”とは呼ばせず“おばさま”と呼ばせる。そして更に実母の交通事故死・・・。新しく来た家政婦が義父や弟と打ち解けていき、自分だけが取り残されたような孤独感を味わう。今思い出しても暗い印象しかない。最後をハッピーエンドでしめくくっているのが救いかな。原作は津村節子さんの「いつわりの微笑」、演出は佐藤和哉、吉田治夫、制作は萩原具佳、脚本は井出俊郎、音楽に池辺晋一郎、製作はNHK東京放送局。
 函館で暮らす中学生の美佐緒は病気の母・春子から実の母親は女優の森夏子だと打ち明けられる。夏子は美佐緒を生んだ後夫と死別して女優となり中島雄作と再婚、一人息子の洋一をもうけているという。この後、春子が病死して美佐緒は上京して夏子といっしょに暮らすことになる。しかし夏子は自分の女優の経歴に傷がつくと美佐緒に自分のことを「おばさま」と呼ぶように命じる。弟の洋一は美佐緒になつき、義父の雄作も美佐緒を温かく見守ってくれるのだが、夏子は美佐緒を女優にしようとして、美佐緒は母になじめないでいた。
(Read More につづく)Read More
posted by KAZU at 13:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 番外編

2008年11月14日

「ネギま!?夏」(夏版)



 「ネギま!?春」と同じく2006年の秋のイベントで公開されたオリジナル作品。この作品もその年にDVD化されて一般に公開されることに。「ネギま!?春」と同様に総監督に新房昭之、監督に大沼心、音楽に羽岡佳、制作はガンジス、シャフト、製作は関東魔法協会。シリーズの中で一番作風が異なっており、漫画チックでストーリーはあるものの、遊びの多い作品になっている。25分の短い間にいっぱい詰め込んだという感じ。舞台がスパリゾートということでお色気カット、サービスカットも多い。
 冒頭はいきなり魔法の修行をするのどかと夕映のシーンから。のどかは図書館島探検で見つけた魔術書に書いてある「運命の赤い糸」を見えるようにする魔法が使えるようになればいいなぁと夕映に話す。夕映は試してみればいいとのどかにその魔法をかける。幸か不幸か見事に成功して赤い糸が見えるようになり、のどかの小指の赤い糸はネギにつながって部屋にネギと明日菜が吹っ飛んでくる。ネギが魔術書を読んだところ、赤い糸を見えるようにする魔法ではなくて、思った人を赤い糸でつなぐ魔法で、ほんのパーティジョーク魔法でやがて消滅するとのこと。そんなところへ木乃香がやってきて雪広観光が新たに企画した麻帆良スパリゾートで完成記念にネギ先生に一番にくつろいでいただけるように、委員長がクラス全員に開放する---という。ということで赤い糸で結ばれて離れられないままのどかとネギはお風呂に行くことになる。この後は特に筋があるわけでなく遊びのシーンで綴られる。最後、夕映の魔力が暴走するのをネギが収めて一件落着。夕映の映るシーンが多いので80点。
posted by KAZU at 08:20| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション

2008年11月13日

non mihi, non tibi, sed nobis.



 「魔法先生ネギま!」の第26話(最終回)・XXVIのサブタイトルが「Non mihi, non tibi, sed nobis.」。アニメ第1期のサブタイトルはラテン語の格言・名言が使われているようです。ラテン系の言語を習ったことがあるなら、なんとなく意味の取れるものがあって、これもわかります。

私にではなく、あなたにではなく、私たちに

 直訳するとこんなところでしょうか。m〜、t〜、n〜という対比から「私」、「あなた」、「私たち」、nonは否定で、sedはしかし、けれども。前が否定されて「しかし sed」がくるので、sedの後が肯定されるわけです。ラテン語は学生時代に文法解説書を読んだだけ。生物の学名はリンネの二命名法でラテン語表記になっており属名+種名で、属名が名詞で種名は属名を修飾する形になってます。ご存知ヒトの学名は Homo sapiens でHomoは「人」、sapiens は「賢い、知恵のある」ということで「賢い人」の意味です。種名が名詞の場合は属格という形になる・・・まあそこらあたりの学名の勉強のためにラテン語文法解説書なるものを読んだのですが。
 mihi, tibi, nobis は一人称単数、二人称単数、一人称複数の与格で通常「〜に」と訳します。一般にはこの格言は「私のためでなく、あなたのためでもなく、私たちのために」と訳されているようです。これは「魔法先生ネギま!」の最終回を見た方なら意味の深さも分かろうというものです。
posted by KAZU at 08:24| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション

2008年11月12日

綾瀬夕映(あやせゆえ)



 「魔法先生ネギま!」・「ネギま!?」に登場する生徒の内で僕の一番のお気に入りはこの綾瀬夕映。「魔法先生ネギま!」のDVDの第6巻のジャケットが上の写真ですが、夕映がひとりでどーんと出ていて好きですが、収録エピソードでは親友ののどかに遠慮しがちだった夕映が、のどかの面前でついにネギにキスをして電撃告白するシーンがあって、ますますひかれます。
 出席番号は4番、ブルーの髪、独特の髪型、ニーソックス、ネギと同じくらいの低い身長がルックスの特徴。しゃべり方がまた独特で、抑揚のない論理的な丁寧口調で喋るスピードもスロー、でも感情のこもったしゃべり方です。「〜です」「〜するです」が口癖。バカレンジャーのバカブラック、図書館探検部所属。声を演じたのは桑谷夏子さん。
posted by KAZU at 08:54| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション

2008年11月09日

「ネギま!?春」



 「ネギま!?春」(春版)は2006年開催のイベント「ネギま!麻帆良学園中等部3-A 1学期始業式」で初公開されたオリジナルビデオ作品。アニメーションはガンジス・シャフトが担当、後にテレビ版2期の制作を担当することになったため、第1期と作風を異にしている。個人的にはクルクルと画がめまぐるしく動き過ぎの印象を受けたが、原作の漫画の作風には近いとか。スタッフは総監督に新房昭之、監督に大沼心、脚本に金巻兼一、キャラクターデザインに大田和寛、音楽に羽岡佳、アニメーション制作はガンジス、シャフト、製作は関東魔法協会。
 夜更けに魔法の勉強をしていたネギに明日菜は早く寝るようにと魔法の本を取り上げる。ネギの「明日菜さんには関係ないでしょ」と言う言葉に傷ついた明日菜に対して、ネギはいつものくしゃみで明日菜の服を全部吹き飛ばして全裸にしてしまう。激怒した明日菜はネギを許さず、落ち込んだネギを励まそうとあやかが二人きりで常夏の孤島へ旅行する計画を立てるが、新聞部の朝倉にバレてしまい、3日後にクラス全員で行くことになってしまう。旅行の合間にクラス全員の姿を漏れなく描き、明日菜にかかわらない千雨やエヴァンジェリン達の別行動を插みながら、ネギと明日菜の仲直りを描く。全編25分のオリジナル作品。テレビ版では見られないお色気シーンがふんだんに盛り込まれ、全員がなんらかのシーンでセリフを喋っている。夕映の出番が少なかったのはちょっと不満だが、エヴァンジェリンが「チュパカブラ」探索のシーンでいつものように毒気のあるセリフを吐いて頑張っていた。オープニングのスカイダイビングのシーンは最高。あれだけ短い時間で31名+1をちゃんと個性的に描いているのに感心する。
 主題歌はオープニングに「夢☆みんなで!」。作詞は有森聡美、作・編曲は音楽担当の羽岡佳、歌は佐藤利奈、神田朱未(ネギと明日菜)。エンディングは「おはよう!」で止め絵をモザイクで部分的に見せながら回していく映像をバックにながれた。作詞は有森聡美、作・編曲は大川茂伸、歌は神田朱未(明日菜)。
posted by KAZU at 16:43| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション

2008年11月06日

「孤島の秘密」のオープニングテーマ

 昨日ご紹介した「孤島の秘密」はNHKの「少年ドラマシリーズ」で放映されたということもあって、当時を懐かしむ人たちがホームページを立ち上げたり、掲示板に書き込んだりされています。何しろインターネットのない時代、「少年ドラマシリーズ」の中でも海外ドラマは情報が大変少ないものです。英語版のWikipediaに内容は詳しいですが、その外部リンクにあるフランスのDVDの紹介ページにはお借りした映像があって、テーマソングも聞くことができます。[nécessite Real Player](Real Playerが必要)となってますが、当時を懐かしむ方はReal Playerをダウンロードしてでもお聞きになると良いかと思います。日本語版と全く同じ曲を英語で歌っています。
 さて、日本語吹替版のオープニングですが、歌詞は昨日ご紹介したとおり。曲の方は期間限定でアップしておきますので興味のある方は聞いてみてください。

「孤島の秘密」オープニング(MP3)


posted by KAZU at 08:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 番外編

2008年11月05日

「孤島の秘密」


フランスのサイトからお借りしました

 11月の番外編。連休前に家に資料を持ち帰るのを忘れてしまい原稿が書けず、遅れてしまいました。今回も日本のサイトでは詳しい情報が得られませんでしたので海外のサイトを参考に書いてみました。(英語版のWikipediaからたどると結構情報が集まります)

 「孤島の秘密」(THE LOST ISLAND(英)、L'ÎLE PERDUE(仏))は1977年にNHK少年ドラマシリーズで放映された海外制作のアドベンチャードラマ。制作はオーストラリアの0−10プロダクションとアメリカのパラウントTVの共作(1976年)。原題は「THE LOST ISLAND」で全16話。オリジナルは26話あるそうだが、放送では16話に短縮、吹き替えで主人公の5人の内中国人のスー・インを日本人のケイコに変更している。途中、オールマイティQが少年達に原爆を作ることを要求したり、たまたま発見した軍の水陸両用車両を改造して怪獣のように装飾したりするエピソードを覚えている割に、最初の方や結末の記憶があいまい。ただ、主題歌は録音していたこともあって今でも歌えるくらい。
 「NHK少年ドラマシリーズのすべて」(2001年、アスキー刊)によると「190年前にポーツマス港からニューホーランドに向かう囚人船で反乱が起き、嵐に巻き込まれてこの島(タンブ島)にたどり着いた。リーダーのオールマイティQは200歳を越えていて、島の住民が谷から出ることも許さず、外との接触も許さず、190年前の生活そのままに支配している。世界各国から40人の少年少女達を乗せて世界親善の航海に出た帆船「ユナイテッド・ワールド号」は嵐に遭い、その大半が救出されたが5人が残っていることに気づかず、難破船はオールマイティQが支配する島に流れ着く」。こういう事情でこの島に流れ着いた少年少女達(トニー、マーク、デビッド、アンナ、ケイコ)は当然のことながら自分たちだけでは生きていけず、島の住民に接触を試みるが島の支配者であるオールマイティQは外との接触を拒み、彼らの20世紀の技術や情報が自分の地位を脅かすことを恐れて、首相ルーフ・クアッドを使って彼らを捕らえて処刑しようとする。しかし島人の中にはオールマイティQに対して良く思わぬ人々もおり、オールマイティQの召使であるフィットルやクイン家の人々が味方となり、徐々にオールマイティQを追い詰めていくことに。最後はオールマイティQをその地位からひきずり下ろすことに成功している。ただ少年・少女たちが元の世界へ帰還したところまでは描いていない。このしり切れトンボな結末は今から考えると全話を放映していないからかもしれない。ちなみにタンブ島の谷の住民はみな“Q”から始まる名前。
(Read More につづく)Read More
posted by KAZU at 08:14| Comment(7) | TrackBack(0) | 番外編