2008年05月03日

ベルサイユのばら〜キャラクター&キャスト〜(2)



○宮廷・貴族
・マリー・アントワネット
:オーストリア女王マリア・テレジアの娘。ルイ十五世統治時代に和平のため後のルイ十六世と政略結婚する。本編では純真無垢な少女から権力に固執するフランス王妃への変化の様を見事に描いている。声を演じるのは上田みゆき。

・ルイ十五世:フランス国王。オーストリアとの長きにわたる戦争にマリア・テレジアと和平を結び、マリア・テレジアの末娘と自分の息子を政略結婚させる。天然痘により急逝。声を演じるのは勝田久。

・マリア・テレジア:オーストリアの女王、マリー・アントワネットの母。声を演じるのは北村昌子。

・ルイ十六世:フランス国王、マリー・アントワネットの夫。ルイ十五世の急逝により若くして即位する。ベルサイユ内の工房で錠前を作るのが趣味。革命後は処刑される。声を演じるのは安原義人。

・フェルゼン:スウェーデンの貴族。仮面舞踏会でマリー・アントワネットと出会い、宮廷に出入りするようになる。悪い噂を恐れたオスカルの忠告で一旦帰国。再度フランスを訪れた際にアントワネットと親密な関係になる。関係を振り切るためにアメリカ独立戦争に参加。帰国後、フランスの王室スウェーデン人連隊長となる。革命勃発後国王一家を脱出させるため画策する。最終話の後日談として民衆不信から制圧的になり最後は民衆により惨殺される。声を演じたのは野沢那智、堀勝之祐。

・メルシー伯:マリア・テレジアの命によりオーストリアから来たマリー・アントワネットの教育係。声を演じるのは村越伊知郎、

・デュ・バリー夫人:ルイ十五世の公妾。娼婦あがりのためそれを嫌うマリー・アントワネットと対立する。ルイ十五世が天然痘にかかった時は懸命に看病したが、その死後失脚、修道院に送られる。最後は国費を浪費した罪で処刑されたことが語られる。声を演じたのは来宮良子。

・オルレアン公:フランスの王族で大富豪。王位を狙う野心家でマリー・アントワネットとは敵対関係にあった。アニメではそのあたりが露骨に描かれている。歴史上では革命を後押しするも、最後は処刑される。声を演じるのは市川治・仁内建之。

・ジェローデル:伯爵、近衛隊大尉で初登場。マリー・アントワネットの護衛隊の隊長の座をかけてルイ十五世の御前でオスカルと決闘することになるが、オスカルが決闘場への道で待ち伏せして戦い負傷する。しかし、国王に「隊長はオスカルこそがふさわしい」と提言する。この第1話のエピソードが一番印象的だった。声を演じるのは三景啓司。

・ポリニャック伯夫人:衰退しかけた貴族家の夫人。ロザリーの産みの母。演奏会でマリー・アントワネットの目にとまり、うまく取り入り皇太子妃、王妃の友人としてベルサイユで権力を振るう。革命時はいち早くフランスを脱出した。声を演じるのは武藤礼子。

・シャルロット:ポリニャック伯夫人の娘。幼くして政略結婚させられようとするが、激しく拒絶、精神を病んで自殺する。声を演じるのは小宮和枝。

・ブイエ将軍:フランス国王軍の総指揮官。オスカルの上司として、父の知人として度々登場する。声を演じるのは増岡弘。

・ルイ・ジョゼフ:ルイ十六世の長男。オスカルを慕うも脊椎カリエスで7歳で死亡。声を演じるのは松尾佳子。

・ダグー大佐:衛兵隊B中隊所属、准将で隊長であるオスカルの部下だが、年齢はずっと上。余り目立たない存在だったが、オスカルの病気に気づき声をかけているところやオスカルが民衆側に着く相談をしたあとの言動は、登場人物中屈指の紳士だと思う。声を演じるのは塚田正昭。
posted by KAZU at 19:13| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション

ベルサイユのばら〜キャラクター&キャスト〜(3)



○平民
・ロザリー
:パリの下町で育った少女。ポリニャック夫人の実の娘、後にベルナールの妻。育ての母が馬車に轢かれて死亡し、その馬車の主に復讐するためにベルサイユへやってきて間違ってジャルジェ夫人を襲ったことから、ジャルジェ家に引き取られる。声を演じたのは吉田理保子。

・ジャンヌ:ロザリーの姉。病の母と妹を捨てて貴族に取り入り、宮廷に入り込む。更に男・ニコラスと結託して世話になった貴族を殺し財産を手に入れ、貴族社会をかき回した上、王妃の顔に泥を塗り、投獄される。脱獄した後ロザリーに送った手紙で居場所がわかり、オスカルが追い詰めるがニコラスと共に自爆して果てる。声を演じたのは松金よね子。

・ニコラス:ジャンヌの男。ジャンヌ程性悪ではなく、ジャンヌに踊らされた感が強い。声を演じたのは池水通洋。

・アラン:オスカルが率いる衛兵隊B中隊の班長。身分は貴族ながら落ちぶれた貧乏貴族。妹が結婚式前夜に自殺、病気の母も死亡したが、隊に復帰する。オスカルの変革の原動力になったキャラクター。声を演じるのは山田俊司。

・ロベスピエール:ご存知革命時代の法律家・政治家。初登場はルイ十六世の即位式の時。その少し後、オスカルがマリー・アントワネットに謹慎を言い渡されてジャルジェ家の領地を旅した時にオスカルと遭遇して言葉を交わしている。ルイ十六世とマリー・アントワネットを断頭台へ送ったが、のちに自らも断頭台へ送られるのは有名な話。声を演じたのは森功至。

・サン・ジュスト:ロベスピエールの同志だったが、彼の緩慢たる進め方に袂を分かち、急進派のテロリストになっていく。声を演じたのは古川登志夫。

・ベルナール:ロベスピエールの同志、新聞記者。義賊・黒い騎士としてパリを騒がせた。オスカルが民衆側に着くきっかけとなった重量な人物。声を演じるのは野島昭生。

・吟遊詩人:パリの民衆の生活が描かれる時にナレーターに代わって語りを入れた。声を演じるのは小川真司

・ナレーター:本山可久子。淡々と平面的な口調で語る。その感情のない語り方がいかにも歴史物らしい。

 他にノワイユ伯夫人に宗形智子、ローアン大司教に鎗田順吉、ド・ギーシュ公爵に石田太郎、 ディアンヌに岡本茉莉。

 「アタックNo1」「巨人の星」のような長寿の番組では徐々に年齢が進んで顔つきが変わっていくので、その変化にはなかなか気づきにくい。「ベルサイユのばら」では全話で40、短い間であるから第1話を見た後ですぐに最終回を見るとその変化は劇的。最初から順番に見ていくと徐々に変化していっていることがわかる。このあたりの演出も見事だと思う。
posted by KAZU at 18:30| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション

2008年05月02日

ベルサイユのばら〜キャラクター&キャスト〜(1)



○ジャルジェ家
・オスカル(オスカル・フランソワ・ド・ジャルジェ)
:本作の主人公。後継ぎのない男子誕生を待ち望まれた貴族ジャルジェ家に生まれた。父レニエはオスカルを男子として育てる。マリー・アントワネットのオーストリアからの輿入れの際に近衛となり後に近衛連隊長、近衛を辞して衛兵隊連隊長、階級は最後は准将。王室が民衆に剣を向けたことで民衆とともに戦いバスティーユで戦死。声を演じるのは田島令子。

・ジャルジェ将軍:オスカルの父。声を演じたのは内海賢二。

・ジャルジェ夫人:オスカルの母。声を演じたのは佳川紘子。

・ばあや:ジャルジェ家の使用人で、オスカルの乳母、アンドレの祖母。声を演じたのは京田尚子。

・アンドレ:オスカルの乳母の孫。ジャルジェ家の馬丁でオスカルの幼なじみ。オスカルが最後民衆と共に戦うことは決めていたものの、アンドレの選択によってそれを確固たるものとした。声を演じるのは志垣太郎。

・ラソンヌ先生:ジャルジェ家に仕える医師。オスカルに請われて余命を正直に伝えるあたりはなかなかの人物。声を演じるのは飯塚昭三。

posted by KAZU at 19:35| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション

2008年05月01日

「ふたりの追跡」

5月の番外編。

 「ふたりの追跡」は1975年にNHK少年ドラマシリーズで放映されたイギリスBBC製作の冒険サスペンスドラマ。かなり夢中になって見た割には細かいところは覚えていない。本当に続きが見たくなるようなイイところで終わるので次回が楽しみだった。
 父親のジョンと二人でキャンプに出かけたトムは川で立ち往生して動けなくなっていたスーザンを助ける。一方ジョンはトムに内緒でテントを抜け出して何やら怪しい人物と会っており、とうとうそのままテントに戻らず失踪してしまう。トムは失踪した父親を見つけるために、父が会っていたと思われる二人の人相の悪い男たちをスーザンといっしょに追跡するという物語。明らかに男たちは二人の追跡を妨害しようとする。途中でトムとスーザンはカルスト地形の鍾乳洞に閉じ込められたり、川をカヌーで進んでいるときにスーザンが転覆したりと酷い目に遭いながらも警察に知らせたりすることなく追跡を続ける。残念ながら事件の顛末を覚えていない。ハッピーエンドだったはず。最後にスーザンを無事に家に送り届け、再びトムがスーザンを訪ねた時、全くいでたちの違うスーザンの姿と、それに戸惑うトムの姿がほのぼのといい感じでした。

データ
「ふたりの追跡」"The Long Chase" (1972、全12回)
原作:N.J.クリスプ(N.J.Crisp)
製作:イギリスBBC

キャスト
トム(Tom Corby):グリン・ヒューストン(Glyn Houston) 声:御木本伸介
スーザン(Susan Fraser):ジャン・フランシス(Jan Francis) 声:海老名美どり
ジョン(John Corby):サイモン・ターナー(Simon Fisher-Turner) 声:内田喜郎
ブロアーズ(Bowers):Brian Peck
セルビー(Selby):David Sinclair
ケスラー(Kessler):Edward Brooks
オートバイの男:Hilary Minster

何とかトムとスーザンの姿でもと思い、イギリスのサイトも捜してみたのですが、画像を見つけることができませんでした。

********************************************************

 小さいですが画像を発見!



(2008年10月4日追記)
posted by KAZU at 10:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 番外編