2007年12月21日

「科学冒険隊タンサー5」(1)

 テレビアニメ作品も1970年代の前半くらいまでは本数が少なかったので、一応なべておさえることができたものの、1970年代後半に入るとぐっと本数が増えてきて、もう見ることができるのは自分の気に入ったもの、興味のあるものに限られるようになってくる。それでもテレビの番組表を見ながら新しいアニメ作品が始まるとテープレコーダーをテレビにつないでオープニングとエンディングを録音する努力はした。そのおかげで8割方は録音することができた。今同じ方法で録音しようなんてするととても無理、時間帯は早朝から深夜まで、チャンネル数も作品数も比べ物にならない程多い。大体NHKにアニメなんてなかったし。そうやって主題歌だけを録音して中身を見なかった作品も多い。そんな中からいくつかご紹介していきたいと思う。

 「科学冒険隊タンサー5」は、1979年に東京12チャンネル系で放映された冒険SFアニメ。企画は東急エージェンシーと日本サンライズ、製作は東京12チャンネルと日本サンライズ、アニメ制作は日本サンライズが担当した。キャラクターはアニメ、メカが実写特撮で組込まれた。このあたりはオープニング映像にも反映されている。エンディングの方ではちょっとわかりにくい。全34話。
 第1話と第2話しか見た記憶がないので、内容は簡単に。世界各地にある古代遺跡で怪奇現象が発生。その原因はその遺跡が建設された時代に遡る。科学冒険隊タンサー5はキングタンサー、タイムタンサー、スカイタンサー、ランドタンサー、アクアタンサーを使って事件の原因を探り、解決を図るという物語。
 キャストは海波リュウに水島裕、赤井ダイチに野島昭生、神秘ルイに横沢啓子、自然ユメトに三ツ矢雄二、ジョニーに森功至、奇蹟ハジメに小宮山清、司令官に広瀬正志、ナレーターは小林清志。
(つづく)

posted by KAZU at 08:26| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション