2007年12月18日

「ここは惑星0番地」

 昨日ご紹介した「冒険ファミリーここは惑星0番地」のオープニングが「ここは惑星0番地」。あまり思い入れはないのでフルコーラスの音源を無理して捜したことはないのだが、今でも東映特撮の主題歌を収録したCDやDVDなどで聞くことができる。僕は放映当時にテレビから録音したテレビサイズしか持っていない。歌っているのは水木一郎さんで、歌のノリは「ロボコン」と同じような感じ。

シャラララー シャラララー
ララ ラララララー
どどどこだかわからない
見知らぬ星に飛びこんだ
お隣さんとお向かいさん
宇宙のマイホーム11人
赤い砂漠をひた走り
緑の森を駆けぬけて
でっかい勇気と友情の
ここは惑星0番地

 テレビのオープニングでは最後にナレーションが入る。

「ある日突然宇宙船に連れ去られ、名も知らぬ惑星に不時着した11人の地球人。これからどうして暮らしていったらいいのでしょう。あるものといえば、みんなの勇気と友情だけ。地球を遠く離れたここは惑星0番地です。」

 エンディングは「ぼくらは冒険ファミリーだ」。なぜかオープニングよりこのエンディングの方がよく覚えている。

砂漠を越えろ 川越えろ
山を登ってキノコ採れ
火をおこせ 水をくめ
できたぞ今日のご馳走が
勇気があるぞ 愛がある
臆病者に用はない
ぼくらは冒険ファミリーだ

posted by KAZU at 08:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 特撮