2007年12月10日

「アラビアンナイト シンドバットの冒険」(1)



 「アラビアンナイト」やその中の「船乗りシンドバッド」の話は実写をはじめとして、国内外でアニメ化がされていて、「ディズニー」作品や日本では1962年の東映アニメーションによる劇場版作品「アラビアンナイト シンドバッドの冒険」などが有名ですね。特に東映アニメーションの作品は今もってベネチア第14回国際児童教育映画祭青銅賞作品として、手塚治と北杜夫両氏の脚本とういこともあって高く評価されています。
 今日ご紹介するのはこの作品ではなくて1975年にフジテレビ系で放映されたテレビシリーズ「アラビアンナイト シンドバットの冒険」。この作品は対象年齢を下げて主人公シンドバットやシェーラが随分かわいく描かれており、画を見ているだけでたのしくなってくる作品。制作は日本アニメーション、音楽担当菊池俊輔、全52話。
 キャストはシンドバットに小原乃梨子、シェーラに白石冬美、アリババに神谷明、アラジンに辻村真人、スガールに増山江威子、ハッサンに高橋和枝、タバサに堀絢子、バルバに矢田耕司と当時の中堅・ベテラン声優さんが揃い踏みしている。他にバクダット王に塩見龍介、ランプの精に阪脩、青の大魔王に青野武、氷の魔王に八奈見乗児、人魚姫に杉山佳寿子、他。ナレーションは永井一郎が担当している。

posted by KAZU at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション