2007年12月05日

レジナルド・バークレイ



 レジナルド・バークレイ(Reginald Barclay)は「新スタートレック」エンタープライズのシステムエンジニア。ラフォージ少佐の下で働いているが、見るからに気弱で、どことなくおどどどとした人物。自ら現実逃避したり、病気を気にしたり。おまけに事件やトラブルを呼び込むようなエピソードもあった。最初は確か少尉で後に中尉に昇格している。
 演じるのは「特攻野郎Aチーム」のモンキー役で知られるドワイト・シュルツ(Dwight Schultz)。どうもモンキーのイメージがあるので、見ていて別人かと思うくらい。それだけ演技力のある俳優さんなのだろう。

posted by KAZU at 12:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 特撮

2007年12月04日

ガイナン



 「新スタートレック」でエンタープライズのバーラウンジをきりもりする女主人がガイナン(Guinan)。実は僕が最初にこのシリーズを見たのは第114話の「謎めいた記憶喪失」から。冒頭バーラウンジでデータ少佐がバーテンを演じている場面から始まる。当然のことながらここで主人であるガイナンも登場する。ガイナンは非常長命な種族だそうですでに500歳を越えているらしい。シリーズを見ているとそのガイナンの数奇な生い立ちや能力を知ることができる。
 演じるのはウーピー・ゴールドバーグ(Whoopi Goldberg)。この人の顔も特徴的なので、この人がバーラウンジに立っていることだけで驚いた。僕にしてみればパトリック・スチュワート以上に有名な大女優さん。「ゴースト〜ニューヨークの幻〜」で霊媒師を営むあの人である。「天使にラブソングを」でも有名。ガイナンも不思議な設定だが、ゴールドバーグも“なんで?”と思わせる女優さんだ。

posted by KAZU at 07:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 特撮

2007年12月03日

ジャン・リュック・ピカード



 「新スタートレック」の主要キャラクターを語る時にこの人のことを外す訳にはいきません。ジャン・リュック・ピカード(Jean-Luc Picard)、架空の人物ながらこの人の指揮官としての姿勢、態度、力量の評価は高い。何と言っても沈着冷静であるところは僕が一番好むところ。人物像を知るにはやはり全編にわたって見ていただくのが一番かと思う。
 演じるのはパトリック・スチュワート(Patrick Stewart)。ピカード艦長がフランス出身であるのに大して、パトリック・スチュワートはイギリス出身の俳優。スキンヘッドの特徴ある容姿は他の映画などに出ていればすぐにわかる。息子と「セサミ・ストリート」を見ていて、突然出てきたのにはびっくりした。ハードボイルド、SF以外にも登場する楽しい人だ。


81.8MHz fmGIG が夜9時からお送りするムーンライト・ブレイク
月曜日は新旧問わず、アニメ・特撮番組について語り尽くす2時間。
posted by KAZU at 07:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 特撮

2007年12月02日

「魔人ハンターミツルギ」



 「魔人ハンターミツルギ」は1973年にフジテレビ系で放映された特撮時代劇。制作は国際放映・フジテレビ、30分1話完結で全12話。ちょうど第2期目の怪獣ブームに乗って制作された作品で、時代劇に巨大怪獣と巨大ロボットの戦いを組み込んだ異色の作品。技術的な特徴としてはミニチュアアニメーションを取り入れたことで、怪獣やミツルギは人が中に入った着ぐるみではなくミニチュアを使ったアニメーションだった。この動きが独特で悪く言うと「ぎこちない」「ちゃちっぽい」ということになるが、見方を変えると新しい手法に挑んだ意欲的な作品だということもできると思う。僕は動きはなかなか特徴的でよかったと思うのだが。
 舞台は江戸時代の日本。ある日異様な隕石が落下する。その隕石に乗って宇宙からやってきた魔人サソリは徳川家に成り代わり天下を治めようとする。古来の一族ミツルギの首領・道半はその動きを察知して、一族の宝刀「智」「仁」「愛」をミツルギ三兄弟の銀河・彗星・月光に与えて江戸へ送り、家康家の命を狙うサソリ軍団を阻止する物語。幕府の命を受けた服部半蔵とともにミツルギ三兄弟は宝刀「智」「仁」「愛」をかざして一族の守護神・巨大神ミツルギと変身して戦う。最終回では最大のピンチにミツルギ一族のもうひとつの守護神・黄金の仏像の力を借りて魔人サソリとサソリ軍団を全滅させる。


81.8MHz fmGIG が夜9時からお送りするムーンライト・ブレイク
月曜日は新旧問わず、アニメ・特撮番組について語り尽くす2時間。
posted by KAZU at 14:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 特撮

2007年12月01日

「愛が止まらない〜Turn it into love〜」



12月の番外編。

 1988年にフジテレビ系で放映されたドラマ「追いかけたいの」の主題歌。とはいうものの実はこのCDは主題歌だということで買ったのではなくて、純粋にWinkが好きで買ったもの。ドラマの方は全然見たことがありません。Winkの振り付けも歌も大好き、今もって相田祥子さんのような雰囲気の人も大好き。
 Winkは初期には海外の曲をカバーしてCDを出してますが、この曲もそのひとつ。作詞・作曲:STOCK/AITKEN/WATERMAN、:及川日本語訳:及川眠子、編曲:船山基紀。この頃はレコードとシングルCDが併売されていた時代ですが、もうレコードはかなり少なくなった時代。レコードはかなり貴重品になります。

Car Radio 流れる
せつなすぎるバラードが
友達のライン こわしたの

・・・・・

JUST こころごと 止まらないの
あなたに ドラマ始まっている
JIN JIN JIN 感じてる
posted by KAZU at 11:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 番外編