2007年11月28日

「地獄少女二籠」



 「地獄少女二籠」は2006年に「地獄少女」の続編として放映されたアニメ作品。前作「地獄少女」では最後にあいが地獄少女となった経緯が語られるが、さらに今作では冒頭、その話を継いで人面蜘蛛が語るシーンから物語が始まる。全26話。
 地獄少女の地獄少女たる仕事の内容は変わらないが、あいが渡す藁人形は輪入道とは限らず、一目連や骨女のこともある。また三人があいと共に仕事をすることになる経緯なども語られる。あいが着る着物の柄や決め台詞の調子などに細かい違いはあるが基本的には変わりはない。新たなキャラクターとしてきくり、紅林拓真、飯合誠一、飯合蛍が加わる。柴田親子は登場するもののあいの仕事に対して今回は干渉はしない。きくりは人面蜘蛛の分身としてあいの監視をする。ストーリー的には紅林拓真、飯合誠一、飯合の三人がキーパーソンとして、物語の結末を導く。この作品にもオープニングナレーションが付く。ナレーターは小倉久寛。

ゆらりゆらりと業の影。憐れな定め迷い道。
憎み憎まれひび割れた、合わせ鏡の二籠。
時の交わる闇より来たりて、
あなたの怨み晴らします。

 キャストは閻魔あいに能登麻美子、人面蜘蛛に柴田秀勝、一目連に松風雅也、骨女に本田貴子、輪入道に菅生隆之、あいの祖母に松島栄利子、柴田一にうえだゆうじ、柴田つぐみに水樹奈々、仙太郎に豊永利行と前作どおり。更にきくりに酒井香奈子、紅林拓真に藤村歩、飯合誠一に日野聡、飯合蛍に大浦冬華。
 主題歌はオープニングに「NightmaRe」。作詞は山野英明、作曲にSNoW、進藤安三津、編曲に進藤安三津、藤田謙一、歌は前作と同様SNoW。エンディングは「あいぞめ」で作詞はああ(savage genius)、作曲はTakumi(savage genius)、編曲に西田マサラ、歌はこちらも前作と同様に能登麻美子。
posted by KAZU at 12:52| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション