2007年11月12日

「宇宙大作戦」

 「宇宙大作戦」は1969年日本テレビ系で放映されたSFテレビドラマ。製作はアメリカNBCテレビで、原題は「STAR TREK」、後に「新スタートレック」として3本のシリーズが製作されることとなる基の作品。アメリカでの最初の放映が1966年だったそうで、日本での放映は先に書いたように1969年。確か日曜の夕方の放映だったように記憶している。しかしながら、余り見ることはなくて記憶に残っているエピソードもほんのわずかだ。リアルタイムでの視聴は余り記憶がないものの、再放送が何度もあって、どちらかというと難解なSF作品だったためにエピソードの記憶は薄いが、個性的なキャラクターは忘れられない。
 アメリカでは勿論のこと日本でも熱烈なファン(トレッキー)が多くいるのでここに書くまでもないが、全く知らないという方のために導入部分だけを。舞台は23世紀、人類は友好的異星人と「惑星連邦」を結成していた。惑星連邦宇宙艦隊の探査艦U.S.S.エンタープライズNCC-1701はカーク船長の指揮の下、探査飛行に出発する。エンタープライズとそのクルーが未知の世界でのさまざまな出来事に遭遇し、活躍する姿を描く。設定では430名のクルーを擁する巨大探査艦だが、実際に登場するのはブリッジのクルーを中心に限られた人数だけ。僕はかなり後になるまで乗員は10名くらいだと思っていた。


81.8MHz fmGIG が夜9時からお送りするムーンライト・ブレイク
月曜日はアニメ・特撮・ゲームについて語り
アニメソングをかけ倒す(?)120分です。
posted by KAZU at 12:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 特撮