2007年11月05日

アイロス星人



 「ウルトラセブン」になると怪獣より宇宙人が主体となるのでクール星人やビラ星人、ポール星人のように着ぐるみではなくてワイヤー操作だけの星人も登場するようになります。ワイルド星人の操る宇宙竜ナースもワイヤー操作の怪獣でした。今回取り上げたアイロス星人はちょっと見たところ大きな特徴はなさそうに見えますが、実はかなり稀なタイプの着ぐるみです。中に入る人が膝を折った状態で入るものです。これも大変珍しい形なので放映当時から有名でした。
 「ウルトラセブン」第13話「V3から来た男」で登場。宇宙から飛来したアイロス星人の円盤は宇宙ステーションV3と交戦、ステーションホークを撃破した後、地球に潜入する。燃料切れで秩父山中に降り立った円盤は帰還と地中のステーションホーク・クラタ機とウルトラホーク1号を攻撃してアマギ、フルハシ両隊員を拉致する。キリヤマ隊長は燃料を与える代わりに部下の釈放を提案、アイロス星人は固形燃料をパラシュートで投下するように命じる。燃料を受け取ったアイロス星人はアマギ・フルハシ隊員を釈放せずキリヤマ隊長の搭乗するウルトラホーク3号に攻撃をしかけてくる。ダンはセブンに変身すると円盤に潜入しアマギ、フルハシ隊員を救出。巨大化したアイロス星人と戦う。一方円盤は加勢に入ったクラタのホーク1号とキリヤマ隊長のホーク3号により撃墜される。エメリウム光線を大きな翼で防ぎ、アイスラッガーもはじき返すアイロス星人だったが、ワイドショットの前に倒される。
 このエピソードの中心はサブタイトルが示すようにキリヤマ隊長の親友クラタ。ラストのキリヤマとクラタの交信は印象深い。ちなみにクラタ隊長は第7話以降、度々登場、第36話の「月世界の戦慄」で再びキリヤマ隊長との友情を見せる。また最終回にも登場している。クラタを演じるのは南廣氏。僕にとっては「マイティジャック」の天田副長、「戦えマイティジャック」の天田隊長の印象も強い人だ。

posted by KAZU at 22:04| Comment(0) | TrackBack(0) | ウルトラセブン