2007年11月03日

油獣ぺスター


身長50メートル、体重2万5千トン、口から火炎を吐く

 着ぐるみの怪獣の内四足歩行型の怪獣に人間が入ると前足はいいのですが、後ろ足は膝を着いて歩くことになり極めて不格好になってしまいます。これは中に人間が入る限りは避けられないものですね。「ウルトラマン」ではネロンガ、ガボラ、グビラ、ザンボラーあたりが膝で歩くのが丸分かりで格好悪かったです。撮影で工夫して分からないように撮ってはいるようですが、「マグマ大使」でモグネスがマグマ大使のロケット弾でひっくり返る場面があって、モロに写っていて当時(小学校低学年)でもガックリ来たのを覚えてます。
 さて、オイル怪獣ぺスターは「ウルトラマン」の第13話「オイルSOS」に登場する怪獣。石油タンカーが原因不明の事故が頻発。タンカーを追って日本へやってきたのがこの怪獣。コウモリとヒトデからデザインされたと思われる姿はデザインの斬新さから見るとピカイチのウルトラ怪獣です。東京湾の石油基地を狙って湾内に入ったぺスターはムラマツキャップから「湾内では絶対に発砲してはいかん」と命令されていたにもかかわらずイデ隊員が発砲、上陸したぺスターは石油コンビナートを破壊して大暴れしますが、自らが石油タンクのような身体で爆発に巻き込まれて実質上自爆します。命令違反で大惨事となったことに責任を感じたイデ隊員がとび出して行った中、ハヤタはウルトラマンに変身して消火、イデを助けます。ぺスターに対しては、息を吹き返したぺスターがウルトラマンの背後に火炎放射を浴びせますが、スペシウム光線の一撃で決着します。
 このぺスターの着ぐるみはご覧のとおり左右のヒトデ型の中に人が一人ずつ入って、真ん中に頭があるという形。今から見ると不格好というか動きがすごくもたついた変なやつですが、人が二人で演じるという意味ですばらしい発想だと思うのです。
posted by KAZU at 11:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 特撮

2007年11月02日

「戦国自衛隊1549」(2)



 キャラクター&キャストをご紹介。
★的場毅一佐:第3特別実験中隊隊長、織田信長を殺し彼に成り代わる。本編のストーリーの中核、最重要人物。演じるのは鹿賀丈史。もう鹿賀さんにぴったりのキャラクターを堂々と演じてます。
☆神崎怜二尉:人工磁場シールド開発・実験の主力メンバー。自分の判断ミスで第3特別実験中隊を過去へ飛ばしたことに責任を感じてミッションに参加。演じるのは鈴木京香。制服姿は似合わないが、戦闘服姿は意外に色っぽかったです。
★斎藤道三:戦国武将。的場=信長と手を組み、娘濃姫を信長と政略結婚させる。演じるのは伊武雅刀。相変わらずの怪演が光ります。
☆森彰彦三佐:ロメオ隊指揮官。当初から鹿島とは対立するも的場の変貌に遭遇して任務遂行のために殉職。演じるのは生瀬勝久。
☆三國陸曹長:ロメオ隊の一員。現地の人間との接触は避けるようにとの命令に反して藤介を助ける。タバコはやめたが息子のプレゼントのライターは大切に持ち歩いている。演じるのは嶋大輔。
☆濃姫:斎藤道三の娘。政略結婚で信長の妻となるも、ロメオ隊に協力的。演じるのは綾瀬はるか。
☆藤介:戦国時代の少年。倒れたところを三國曹長に助けられる。ロメオ隊の脱出、最後の作戦実行などに大いに協力する。演じるのは中尾明慶。
posted by KAZU at 12:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 特撮

2007年11月01日

「セフィニ〜愛の幕ぎれ〜」


 11月の番外編。

 この曲は1983年に放映された「大奥」のエンディングに流れた曲。「大奥」は1987年関西テレビ系でほうえいされた時代劇作品。大奥という女社会、徳川家の人間ドラマを豪華なキャストで描いた。一本調子の時代劇ではなく、メロドラマ、アクションそれから憎愛をも描いて当時人気の作品だった。制作は東映・関西テレビ、音楽は渡辺岳夫、全51話。1968年に同じく関西テレビ系で放映された「大奥」のリメイク版だそうだが、1968年は小学校中学年さすがに見ていません。
 キャストは豪華絢爛で少年時代、青年時代、壮年時代と配役を変更して厚みをさらに増している。ざっと主なところをあげてみると、若山富三郎(家康)、中村嘉葎雄(秀忠)をはじめとして、沖雅也、田中健、津川雅彦、露口茂、 鹿賀丈史、丹波哲郎、松山英太郎、山本學、らが徳川歴代将軍。栗原小巻、大谷直子、渡辺美佐子、山本みどり、叶和貴子、高峰三枝子、坂口良子、藤真利子、紺野美沙子、市毛良枝、淡島千景、中野良子、草笛光子、司葉子、梶芽衣子、水沢アキ、加賀まりこ、いしだあゆみ、江波杏子、神崎愛、加茂さくら、山田五十鈴、桜田淳子小林麻美、三林京子、仙道敦子、三ツ矢歌子、葉山葉子らが大奥の女性達を演じた。
 ざっと25年前の作品であるから、今の年齢−25でその姿を描いていただくとその豪華絢爛さもわかっていただけるかと思う。ちなみに僕は水沢アキさんのファンでこの作品を見ていた。当時は30前後でしょうか。
posted by KAZU at 18:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 番外編