2007年08月31日

「パプリカ」



 「パプリカ」は2006年に劇場公開されたSFアニメ映画。原作は筒井康隆氏の同名小説、監督は今敏。筒井康隆氏が今敏氏にアニメ化を求めてことから実現したそうだ。製作はパプリカ製作委員会(マッドハウス、ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメント)、アニメ制作をマッドハウスが手がけている。それほど大々的に宣伝されなかったが、「夢が犯されていく」というキャッチコピーをご覧になった方は多いのでは。映像も大変きれいで、内容もしっかりしており、テーマも現代社会にマッチしたところに据えられており質の高いアニメーション映画作品。
 財団法人精神医療研究所の天才研究家時田浩作は夢を共有することのできる装置DCミニを開発する。所長の島寅太郎、サイコセラピストの千葉敦子、時田、時田の助手氷室啓、研究所員小山内らはDCミニを使った精神治療を推し進める。千葉敦子は所長島から特殊治療の依頼を受けた時には夢の中での人格パプリカとなって治療を患者の夢の中に入っていく。島所長の友人で刑事の粉川もそんなパプリカの患者のひとり。そんな折、DCミニが研究所から盗まれる。犯人と目された氷室の夢に飛び込んだ時田、時田を救出に夢に飛び込んで行ったパプリカは、DCミニ開発を中止させようとする理事長乾精次郎と彼と組んだ野心家の小山内守雄が黒幕であることを知る。時田と氷室の夢に工作する粉川の夢、そして夢と現実の境目が消えていく恐怖の中でパプリカが乾の野望(夢)を崩し去る。
 夢の中での継ぎ目のないパプリカの変身、奔走する場面は実に軽やかで美しい。氷室の夢の中で再三現れるパレードは人が描ければどうしても理路整然としてしまう事象を見事に無秩序化している。そして垣間見える理事長乾の野望を映し出す人形たちは恐ろしい。圧巻は小山内が羽根を持った妖精のパプリカを展翅板に固定して襲う場面。パプリカの体に手を突っ込み皮を剥ぎ取って千葉敦子を引き出すあたりは、原作を読んでいないけれど筒井康隆氏らしい表現のひとシーンだ。
posted by KAZU at 13:30| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション