2007年07月11日

「蒼天の拳」キャラクター(2)

 今回は拳志郎が上海へ戻った直後に登場したキャラクターをご紹介。

☆葉(よう)
 青幇の幹部。二丁拳銃による早撃ちを得意とする。紅華会の処刑遊戯で炮烙により全身火傷をおったためミイラのごとく全身を包帯で覆っている。息子が拳志郎の鞄を盗んだことがきっかけで拳志郎と再開、青幇復活の立役者となる。声を演じたのは有本欽隆。

☆葉子英(ようしえい)
 葉の息子。動けない父親に代わって町で阿片を売っているところを紅華会の人間に殺されかかるが拳志郎に助けられる。その直後、拳志郎の鞄を盗んで家に持ち帰ったところ犬並みの嗅覚の拳志郎に追跡され、結果的に父親と拳志郎を再開させる。その後は父親を助けて青幇復活に協力する。声を演じたのは佐藤雄大。

★黄西飛(こうせいひ)
 紅華会の幹部。拳志郎に突かれた傷が元で顔面半分を鉄で覆っていて、事あるごとに「あ・い・た」を連発する。紅華会を復活させその力を誇示するために青幇刈りを行い、見せしめに大新世界で処刑遊戯を開催していた。拳志郎に「上海を去れ」と言われていたが、最後は「この世を去れ」と言われ肉体を吹き飛ばされた。声を演じたのは秋元羊介。
(Read More につづく)

Read More
posted by KAZU at 12:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 北斗の拳