2007年07月04日

魔の5時間



 レインボーマンの最大の弱点は「ヨガの眠り」。ヨガの秘術を駆使するレインボーマンがそのエネルギーを使い切ってしまうと訪れる5時間の眠りだ。これはタケシの意思には無関係に訪れる。眠りに入るとタケシの姿に戻り、座禅を組んだ白い石像のごとく石化してしまう。眠っている間は生命活動は停止しているようだ。シリーズ終盤で「魔の5時間」に気付いたミスターKはレインボーマンを執拗に追いまわし、ダッカ隊に攻撃させる。ダッカと交戦するダッシュ5は海上を飛行中にヨガの眠りに襲われ、そのまま海中へ墜落してヨガの眠りに入る。ミスターKは全力でタケシを捜索するがタイムアウト。復活したダッシュ7に捜索隊は全滅する。
 このヨガの眠りのシーンは序盤からよく登場した。そのためかレインボーマンの弱点として視聴者に定着した。子供の「レインボーマンごっこ」にさえ登場したくらいだから。写真は岩場でヨガの眠りに入ったシーン。この時は死ね死ね団の団員がすぐ近くまで迫ったが発見できなかった。

posted by KAZU at 12:42| Comment(0) | TrackBack(0) | レインボーマン