2007年07月02日

地下プロレス

 ヨガの秘術を身につけてもタケシの目的はあくまで妹みゆきの足を治すこと。修行を終えたタケシはレインボーマンとなって飛行して日本に帰るのだが。タケシはみゆきの足の手術の費用を稼ぐため、恋人淑江の勤める保育園「どんぐり園」の借金を返すためにマカオで行なわれている地下プロレスに出場することを決意する。タケシを地下プロレスへ誘ったあやしげなプロモーターの男がタケシの運命を変えることに。この地下プロレスを仕切るのが日本人を抹殺することを目的とする秘密結社「死ね死ね団」だった。
 地下プロレス「マカオの殺人ショウ」は勿論「黄色い豚」を殺すためのショウであり、タケシに勝利はあるはずもなく、殺されるのが運命。そこから脱出するためにタケシは火の化身となったが、その場面はしっかり録画されてしまっており、ミスターKがレインボーマンを執拗に追いかけるきっかけとなっている。そして、このマカオからの脱出がタケシを人間愛に目覚めさせ愛の戦士レインボーマンが誕生する。
posted by KAZU at 22:59| Comment(0) | TrackBack(0) | レインボーマン