2007年07月03日

「NANA」(2)



 「NANA」の最大の特徴は、テーマそのものが音楽ではないのだけれども、音楽が深く物語りにかかわっているということで、歌唱キャストを採用していること。他のアニメでも例がないわけではないが、最近は歌う声優さんも増えてプロの歌手並ということで歌唱キャストを採用する例はそれ程多くない。レイラの声を演じている平野綾ちゃんもCDを売り出すほど歌っていて、また上手なのだが、そこはやはり本職の歌手にはかなわない。
 オープニングには第1には「rose」<ANNA作詞、Ayumi Miyazaki作・編曲、土屋アンナ“ANNAinspi’NANA(BLACK STONES)歌唱>、第2には「Wish」<OLIVIA/Chazne作詞、OLIVIA/rui作曲、rui & kansei編曲、Olivia inspi REIRA (TRAPNEST)歌唱>、さらに第3には「LUCY」<ANNA/Rie Eto作詞、COZZi作曲、ANNA TSUCHIYA inspi' NANA(BLACK STONES)歌唱>。
 エンディングは第1には「a little pain」<OLIVIA・Masumi Kawamura作詞、Hiroo Yamaguchi作曲、Tomoji Sogawa編曲、OLIVIA inspi' REIRA (TRAPNEST)歌唱>、第2に「Starless Night」<OLIVIA/SPACE CRITTER作詞、Hideyuki Obata作曲、Tomoji Sogawa編曲、Olivia inspi REIRA (TRAPNEST)歌唱>、第3に「黒い涙」<Megumi Takeuchi作詞、Hiroki Nagase作曲、Gary Newby編曲、ANNA TSUCHIYA inspi' NANA(BLACK STONES)歌唱>。
 エンディングは本編からシームレスに流れる構成で印象深い。それぞれが物語に深く絡んだ作品で聞き応えがある。特に第1オープニング、第1エンディングは本編でも繰り返し流れた。

posted by KAZU at 18:04| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション

2007年07月02日

地下プロレス

 ヨガの秘術を身につけてもタケシの目的はあくまで妹みゆきの足を治すこと。修行を終えたタケシはレインボーマンとなって飛行して日本に帰るのだが。タケシはみゆきの足の手術の費用を稼ぐため、恋人淑江の勤める保育園「どんぐり園」の借金を返すためにマカオで行なわれている地下プロレスに出場することを決意する。タケシを地下プロレスへ誘ったあやしげなプロモーターの男がタケシの運命を変えることに。この地下プロレスを仕切るのが日本人を抹殺することを目的とする秘密結社「死ね死ね団」だった。
 地下プロレス「マカオの殺人ショウ」は勿論「黄色い豚」を殺すためのショウであり、タケシに勝利はあるはずもなく、殺されるのが運命。そこから脱出するためにタケシは火の化身となったが、その場面はしっかり録画されてしまっており、ミスターKがレインボーマンを執拗に追いかけるきっかけとなっている。そして、このマカオからの脱出がタケシを人間愛に目覚めさせ愛の戦士レインボーマンが誕生する。
posted by KAZU at 22:59| Comment(0) | TrackBack(0) | レインボーマン

2007年07月01日

下町の黒豹



 ヤマトタケシはアマチュアレスリングの世界で「下町の黒豹」と呼ばれ活躍していたのだが、その戦い方は過激でアマチュア界を追われる。タケシは妹の足を治す資金を稼ぐためにプロレスラーを目指すが、「下町の黒豹」もプロの世界ではなかなか通用しない。そこでヨガの術のを身につけ、プロとして稼いで、妹の足を治そうとインド・ダイバダッタのもとで修行をする。ごろごろと土の塊がころがる、土山の斜面を登るようにダイバダッタは命じる。当然のごとくタケシは何度登っても途中で滑って、下まで滑り落ちてしまう。ダイバダッタは「土になれ」「土と一体となるのじゃ」とこれまたムチャな指示を出すのみ。精神的世界のみの修行で秘術を教えているわけではなく・・・。これで滑らず土山に登ることができるようになるならすばらしいことだ。もっとも当時はそんな疑問さえ浮かべず、真剣に見ていた。
 やがて修行を始めて1年、師弟相対する修行の場面。ダイバダッタは火の化身へと変化して火炎放射で攻撃する。対するタケシは水の化身となり放水の術を使って火炎に対抗する。「レインボーマン」本編中で二人の化身が相対する場面はこのシーンだけだ。1分もなかった、ひょっとしたら数秒だったかもしれないが。直後ダイバダッタは「(変身)できたぞ」とタケシを褒めていた。


81.8MHz fmGIG が夜9時からお送りするムーンライト・ブレイク
月曜日は新旧問わず、アニメ・特撮番組について語り尽くす2時間。
posted by KAZU at 11:07| Comment(0) | TrackBack(0) | レインボーマン