2007年07月10日

ダッシュ1(月の化身)



 ヨガの体術の極致を会得した化身。火、水、黄金、太陽の化身が比較的単純な術しか使わず、放映当時から興味を引かなかったのだが、この月の化身と草木、土の化身は僕のお気に入りだった。月の化身が初めて登場したのは第12話「危機一髪」だったと思う。拉致された淑江を助けるために単身死ね死ね団のアジトへ向かったタケシはダクトを発見する。ここでダッシュ1に変身、「蛇変化の術」を使ってダクトから潜入する。蛇変化の術は体の関節を外して頭が通るところならばどこへでも潜入できるというもの。納谷悟朗さんの解説ナレーションが入る。
 淑江が拉致されている部屋へ潜入したダッシュ1だったが、死ね死ね団にとっては予定どおりの状況。既に監視カメラでその行動は捕らえられていた。ただ、淑江が拉致されている部屋とミスターKらがモニターを見ている部屋が壁一枚隔てた隣というのが笑えるところ。いかに狭いアジトだったかが知れるが、当時はそういう突っ込みはなく見ていた。
 淑江はタケシが助けに来てくれるものと思っていたのだが、現れたのはダッシュ1。ダッシュ1は「タケシの友人です」と淑江に説明している。ミスターKは部屋に毒ガス(気体化したキャッツアイだったか)を注入する。ヨガの体術を会得したダッシュ1にはその効果はないものの、淑江が危ない。ダッシュ1は淑江の腹に正拳を一発、淑江を気絶させると淑江にいきなりキス!。ここでダイアナが「ハレンチな!」と一言。「いや、あれも何かの術だろう」とミスターKは冷静だ。ダッシュ1は淑江が吸ってしまった毒を吸い出していた。このシーンは淑江と人形さんのキスシーンみたいで、全然味気なかったなあ。ミスターKはアジトを放棄して時限爆弾をしかけてレインボーマン諸共に爆破するつもりだったが、爆弾に気付いたダッシュ1は再び蛇変化の術で爆弾を外へ運び出し投げ捨てる。間一髪だったがダッシュ1は右手を怪我しただけで助かる。
 無事に淑江を助け出した後の2人。淑江はタケシに「どうして来てくれなかったの」と責める。実際に助けに行ったのはタケシ本人なのだから責められるのはかわいそう。タケシはダッシュ1の姿で淑江の唇を奪ったことを思い出して真っ赤になる。「どうしたのタケシさん、真っ赤になって」レインボーマンにはタケシと淑江のこういうシーンはたくさんありました。これも「愛の戦士レインボーマン」の魅力の一つだろう。
 このエピソードは本編中ダッシュ1が一番活躍した一話。僕にとっても印象深いダッシュ1の姿だ。

posted by KAZU at 12:53| Comment(0) | TrackBack(0) | レインボーマン

2007年07月09日

「E'S OTHERWISE」



 「E'S OTHERWISE」(エス・アザーワイズ)は2003年にテレビ東京系列において放映されたSFアニメ。原作は「月刊Gファンタジー」に連載された結賀さとるの「E'S」。「月刊Gファンタジー」の出版社であるスクウェア・エニックスがシリーズの企画に協力した形で、テレビ東京、、ぴえろによって製作された。アニメ制作はぴえろ、全26話。
 キャストは主人公/戒玖堂に泰勇気、明日香・篤川に小林沙苗、曳士・鷺宮に高瀬右光、神露・ベルヴェディアに渡辺明乃、 神龍・ベルヴェディアに小沢雅子、光流・玖堂に望月久代、マリアに平松晶子、勇基・篤川に松本保典、マキシム・フェラーに飯田浩志。
 視聴していない作品なので詳しくはぴえろの公式ページをご覧ください。
 主題歌はオープニングに推定少女の「情報」(野口圭作詞、UCO, 吉見作曲、百石元編曲)、エンディングにチコチェアーの歌う「tonight/midnight」(chica作詞、kohei作曲、渡部善太郎編曲)。
 さてオープニングの「情報」ですが、歌唱+映像が持ち味の推定少女、曲だけで魅力を伝えることは難しいところです。しかし「ワンピース」の「しょうちのすけ」を初めて聞いた時の新鮮さは非凡な中学生デュオの魅力があったと思います。この「情報」はSFアニメのオープニングとしては平易にまとめてあり、さらっと流して歌っているだけにインパクトは弱いのですが、繰り返し聞いている内に引き込まれていく魅力があると思います。いかがでしょうか。

posted by KAZU at 23:02| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション

2007年07月08日

「キャッツアイ作戦」



 マカオでの地下プロレスから脱出に成功、タケシの脱出のために尽力してくれた日系の少女さくらは死ね死ね団に殺されてしまう。怒りに燃えるタケシは死ね死ね団のアジトに再度潜入するが、ミスターKは日本人皆殺し作戦のために日本へ向かった後だった。
 死ね死ね団が最初に展開した作戦が「キャッツアイ作戦」。飲むと人を狂人にして狂い死にさせる“キャッツアイ”を健康飲料や美容のためのドリンク、酒などと偽り飲ませて日本人を皆殺しにしようという作戦。一旦はタケシも飲まされてしまい「タケシを狂わせろ」ではピンチに立った。しかし狂人化していく中で訪れたヨガの眠りで薬物を体外に排出したタケシは正常に戻る。
 レインボーマンのおもしろいところは死ね死ね団から狙われるのがレインボーマンだけでなく淑江であり、妹みゆきと家族や化身となっていないタケシ本人も標的になっているところ。生身の一般の人間であるから当然大ピンチとなる。さすがにいきなり撃ち殺すようなことはなかったが、もっともそれでは物語が成立しないが、マカオで父の消息のてがかりを握っていたさくらが殺されたのはショックだった。


81.8MHz fmGIG が夜9時からお送りするムーンライト・ブレイク
月曜日は新旧問わず、アニメ・特撮番組について語り尽くす2時間。
posted by KAZU at 19:41| Comment(0) | TrackBack(0) | レインボーマン

2007年07月07日

「蒼天の拳」キャラクター(1)



 それでは「蒼天の拳」のキャラクターをご紹介していきたいと思う。先ずは日本滞在時のキャラクターを中心に。

☆霞拳志郎(かすみけんしろう)
 本作の主人公。第62代北斗神拳伝承者。上海では「閻王」と呼ばれ恐れられた。上海から日本へ渡った時は上海で知り合った北大路剛士を訪ねて彼の創設した東和女子大学校で講師をしていた。決めセリフは余り使わなかったが「儞已經死了(ニイイチンスラ)」お前はもう死んでいるの中国語)。頻繁に使ったのは「○○の文句は俺に言え!」の方。犬並みの嗅覚の持ち主、いつもタバコを吸っている。究極の奥義は勿論「無想転生」。声を演じるのは山寺宏一さん。「北斗の拳」のケンシロウに比べれば遥かに無頼漢だ。

☆霞羅門(かすみらもん)
 拳志郎の弟。後の第63代北斗神拳の伝承者リュウケン。第1話の冒頭でいきなり老人の姿で登場する。この場面はナレーションをよく聞いていないと誤解をする。兄が上海へ戻る場面では少年ながら自転車で車と並走したり、ごろつきを一撃で倒したりと超人的なところを見せた。少年時代の声は近藤隆、成人してからは麦人。
posted by KAZU at 13:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 北斗の拳

2007年07月06日

「蒼天の拳」

 「蒼天の拳」は2006年にテレビ朝日系列で放映されたアニメ。原作は「週刊コミックパンチ」連載の同名漫画(堀江信彦・原哲夫(作画))で、全26話。アニメ制作は蒼天スタジオ、アニメ制作協力はパルムスタジオ、製作は蒼天製作委員会・テレビ朝日。「北斗の拳」の源流を描いた作品で細かいところでは矛盾が見られるが、「北斗の拳」の基本設定を引き継いでいる。「北斗の拳」が崩壊した近未来の世紀末を舞台にしているのに対し、この作品では1930年代の上海を舞台に現実とフィクションを織り交ぜた複雑な世界を描いている。この点は画風が一見似ていても「北斗の拳」とは全く違うストーリー展開で、例によって僕自身は漫画は全然知らない状態で見て少々面くらった。複雑な文化・世界は漫然と見ていてはなかなか理解できないもので、おもしろさを感じるようになったのは拳志郎が上海へ戻ってからだった。
 シリーズ冒頭に主人公霞拳志郎の弟羅門(後のリュウケン)が登場して「北斗の拳」のケンシロウに思いを馳せるあたりは、やはり「北斗」ファンには外し難い作品だ。物語は上海を牛耳る裏の組織・青幇(ちんぱん)に組する北斗神拳伝承者・拳志郎(閻王)が、敵対する紅華会(こうかかい)を一人で壊滅状態に陥れ、上海を離れて日本へ渡った後、紅華会がフランス租界と手を組み青幇を罠にかけて封殺していく時点から始まる。何も知らなかった拳志郎は上海の、青幇の状況を知るに至り、再び上海の地へ戻って紅華会を倒し、青幇を復活させていく。
 深夜に放送されたものの「北斗の拳」ほどバイオレンスシーンが多いわけでなく、また血は白く描かれておらず、ストレートに赤。銃器が登場しており、生身の体(拳法)よりもその力は絶大だという現実(常識)は貫かれていて内容はシリアスだ。作品のテーマが「北斗の拳」では「愛」であったのに対し、この作品では「義」で、「朋友」という言葉が多く使われる。キャラクターは上海が舞台ということで大半が中国名、その数も多いのでちょっと覚えるのが大変。
 主題歌はオープニングに「薔薇が咲く 薔薇が散る」。愛内里菜作詞、小島久尚作曲、葉山たけし編曲、歌は愛内里菜。この曲については既出記事を参照ください。エンディングは2曲で、前期が「心のリズム飛び散るバタフライ」。作詞・作曲・編曲が徳永暁人 歌はdoa。こちらのエンディング映像は「北斗の拳」を思い出させるちょっと哀愁のこもった映像、曲も見事にマッチしている。後期は「Kissing til i die」。真中潤作詞、後藤康二作曲、大島こうすけ編曲、歌は真中潤。
 キャラクターとキャストは改めて。

posted by KAZU at 18:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 北斗の拳

2007年07月05日

「BOOM BOOM」/はずめ!イエローボール



 僕の主題歌コレクションは大半がアニメと特撮の主題歌なのですが、ほんの少しながらドラマの主題歌もあります。今はもうアニメだけでも数が多くてとてもドラマの主題歌を集める余裕はありません。せいぜい自分が見ているドラマあるいは番組のテーマソングをたまに買う程度です。1980年代まではドラマを見ていなくても、テレビから主題歌を録音して気に入った曲はレコードを買っていました。そんな中から7月の番外編として「BOOM BOOM」をご紹介します。
 この曲は関西発信のテレビドラマシリーズ「阪急ドラマシリーズ」のひとつ「はずめ!イエローボール」の主題歌。放送は1987年で、主役のアコを演じたのは当時アイドルの増田未亜さん。増田さんの初主演作品でもあります。“イエローボール”という言葉でお分かりかとも思いますが、テニスを題材にしたドラマです。実はドラマの方は見ていなかったので詳しいところは避けますが、テニスに青春をかけていたが病気になりテニスができなくなった姉の思いを継いでテニス部に入り頑張るアコの活躍を描いた青春ドラマです。
 主題歌はSPINNING DEE-DEEの歌う「BOOM BOOM」。僕は洋楽には疎いのですがコレは洋楽のカバーですよね。作詞は高柳恋、作曲はS.Montin、編曲は船山基紀。リズムに乗れる曲でよく聞きました。歌詞も現代風(当時の)で想像をかきたてるものでした。20年前、僕も20代でしたし。

Boom, boom, boom 早いスピンに
喘いだアトの あなたが素敵 だから
Boom, boom, boom 愛のナイフを
あたしの胸に 突きたてて欲しい

あたしを見て 熱い瞳で
心に溢れる 言葉をねえ伝えて
ビートに乗せて ステップ合わす
こんな気分は 初めてなのよ
路上に揺れる 陽炎の中
奇しいあせが 背中で emotion
・・・・・・・・・・・・・・・・
Boom, boom, boom 自由さえ手に
つかまえている あなたが好きよ だから
Boom, boom, boom ガラスのような
慣れないキスに うかれてあげる
posted by KAZU at 12:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 番外編

2007年07月04日

魔の5時間



 レインボーマンの最大の弱点は「ヨガの眠り」。ヨガの秘術を駆使するレインボーマンがそのエネルギーを使い切ってしまうと訪れる5時間の眠りだ。これはタケシの意思には無関係に訪れる。眠りに入るとタケシの姿に戻り、座禅を組んだ白い石像のごとく石化してしまう。眠っている間は生命活動は停止しているようだ。シリーズ終盤で「魔の5時間」に気付いたミスターKはレインボーマンを執拗に追いまわし、ダッカ隊に攻撃させる。ダッカと交戦するダッシュ5は海上を飛行中にヨガの眠りに襲われ、そのまま海中へ墜落してヨガの眠りに入る。ミスターKは全力でタケシを捜索するがタイムアウト。復活したダッシュ7に捜索隊は全滅する。
 このヨガの眠りのシーンは序盤からよく登場した。そのためかレインボーマンの弱点として視聴者に定着した。子供の「レインボーマンごっこ」にさえ登場したくらいだから。写真は岩場でヨガの眠りに入ったシーン。この時は死ね死ね団の団員がすぐ近くまで迫ったが発見できなかった。

posted by KAZU at 12:42| Comment(0) | TrackBack(0) | レインボーマン